ビジネス

現代社会はコミュニケーション能力が求められる。けれどそれは会社の仕組みに問題があると言えないだろうか。

コミュニケーション能力が求められるということは、もしそのコミュニケーション能力がなければ上手くいかないということになる。そうであれば、素晴らしいバンソウコウや包帯を求めるのではなく、痛みの根本的な原因、つまり会社の仕組みを見直さなければならないはず。多くの会社ではコミュニケーション能力を求めることで、常に応急処置をしているのだと思う。
自己啓発

与える喜びを与えてくれる人は、色々なスキルや特技を持っている人よりも強い場合がある。

なんとなく、あいつは放っておけない、助けてあげたい、協力してあげたいという人が周りにいるんじゃないかと思う。家族や好きな異性などの場合は、愛情や下心が入ってくるのでちょっと違うかもしれないけれど、純粋に何かをしてあげたくなる人はいると思う。結論から言うと、そのような人たちは、与える喜びを与えてくれるんだと思う。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの9月14日~9月18日週間収支報告ブログ。

17日の午後に、ドル円105.043円の時にロングでエントリー。その後すぐに大きく下落したものの、損切せずにポジションを持ち続けている。105円を割った時点でポジションを手放しても良かったのかもしれないけれど、今までの流れを見る限り、私の中で105円というラインが大きな抵抗ラインだと思っている。つまり、105円を割ったここが勝負どころだと思ったわけだ。
ビジネス

仕事の本質を理解していたとしても、人間の本質を理解していなければ、人を動かすことは出来ない。

人間はロボットではない。強制されたこと、ルール、マニュアル、正論、理屈などに必ず心から従うものではない。つまり、それらに人を動かす力はないと言ってもいいと思う。人が心から動く時は、共感、義理、人情、愛、高揚感、挑戦、欲望、喜びなどの感情が動いた時だと思う。その本質を理解しないで、ルールや正論、理屈ばかり突き付けても、響かないのは当然だと言える。
お金

固定費を見直せ!「住居編」 ~マイホームにかかる固定費の見直し~

変動費の節約をするよりも、固定費を節約する方が断然効果が高い。 そして固定費の見直しは破壊力がある。今日は代表的な固定費の一つ、住居について見ていきたいのだけれど、その中でも賃貸ではなくマイホームにフォーカスし、見直すべき固定費を書いていきたいと思う。
自己啓発

目的を明確にしなければ、そのためのプロセスは決まるはずがない。

例えば、私は教師になりたいと思っているのであれば、教師になるためのプロセスが必要になる。勉強して、教職課程のある大学や短期大学に入り、定められた科目を習得して、教員免許を取得しなければならない。これは、教師になるという目的が明確になっているから、その道で努力する。教師になりたいからと言いながら、とにかく資格があった方が有利だと言ってファイナンシャルプランナーの資格を取ろうと考える人は少ないと思う。
名言

もし財布の中身を頭につぎこんだら、誰も盗むことはできない。知識への投資がいつの世でも最高の利子を生む。

自己投資は、他の投資よりも圧倒的なリターンを得られる場合がある。 言わば、自己投資によるリターンは無限大だと言える。それは自分という資本は磨けば磨くほど、制限なく可能性が広がるから。株式投資などの、年利何%というような相場なんかもない。磨けば磨くほど、色々な視点で物事を見ることが出来るようになるし、手法、ノウハウ、術が分かってくる。それ体得すればするほど、点と点が線でつながるように、可能性は広がってくるのだと思う。
ビジネス

皆が不満を持つ理由である、会社の見えない不平等さを説明しようと思う。

多くの人が、年功序列、学歴社会、会社の評価制度に不満を持っていると思う。自分はこんなに頑張っているのに、上司がきちんと評価してくれないとか、高学歴なのに学歴のないほかの人と給料が変わらない、あるいはその逆で、実力はあるのに学歴がないせいで給料が低い、年功序列のせいで、大した働きをしていない上司より給料が悪いなど。会社に対する不満は人それぞれたくさんあると思う。
ビジネス

問題の本質は、年功序列制度、学歴社会、会社の評価制度ではない。

「学部卒か修士卒かによって基本給が1~2万円違う程度。昇進のタイミングはほぼ年齢・勤続年数で決まっているため、今後も基本給に差はほとんどつかない。」というコメントを見ると、私は、それならなおさら仕事の実力で昇進なり昇給なりを勝ち取ればいいのにと思ってしまう。裏を返せば、私は仕事の実力には自信がないけれど、学歴がいいのだから無条件で給料をもっともらうべきだという考え方なのだと思う。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの9月7日~9月11日週間収支報告ブログ。

私の、初心者のわずかな経験からすると、損切り貧乏になるときは、相場に振り回されて、何度も何度も小さな損を重ねるときだと思う。それさえ気を付ければ、小さな損切り貧乏になっても、大きな損切り貧乏にはならないと思うし、利益を取れるタイミングも逃しにくいのではないかと思う。ただ、問題はこれを冷静にできればの話。