FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの1月13日~1月17日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から36週間が経過しました。36週目の収支報告です。今週は今までと取引方法を大きく変えました。今までは数十分、長くても1~2時間で決済することが多かったのですが、今週は利益を伸ばすことを意識して、数時間、長い場合は10時間以上、そして翌日以降に持ち越すことも視野に入れて取り引きをしました。
名言

重要なのは人生の長さではない。人生の深さだ。

人生というものは無情なもので、ある日突然、何かが崩れ去る時があります。それは自分の死ということもありますし、大切な人の死である場合もあります。あるいは、天災や不慮の事故など、昨日までは何事もなかったのに、何もかもが突然崩れ去る時があります。人生100年時代ではありますが、崩れ去る時はあまりにもあっけないものです。そんな時になってようやく今の幸せ、ありがたさ、そして人生の無情さと大切さに気付いても遅いわけです。
お金

複数収入のすすめ。毎日山奥まで水を汲みに行くよりも、自分のそばに水が湧き出る仕組みを作ろう。

収入源が会社から得られる給料だけという人は、例えるなら、会社と言う山奥の泉から水を汲んでいる状態です。山奥まで行って必要な水を汲みに行っている、これが会社に働きに行って給料を得ている状態だと考えてもらえればいいかと思います。毎日必要な分の水を汲みに行き、その水で自分や家族が潤っている状態です。ひとたび水を汲みに行くのをやめてしまえば水がなくなってしまう状態だと言えます。
自己啓発

根性論だけでは成果は上がらない。正しい方向にエネルギーを注ぐことが重要。

結局は根性で突き進んだり、とにかく努力し続けるというように精神的なエネルギーを使うよりも、学び、考えるという思考にエネルギーを使う方が効果性は高く、そして精度も高いと言えるのではないでしょうか。もし、はしごをかけ違えていれば、一段ずつ昇るごとに間違った場所により早く近づくだけである。私の尊敬するスティーブン・R・コヴィー博士はこのように述べています。
自己啓発

横並びが大好きな日本人。そこから抜け出したいなら中途半端はやめてダントツを目指そう。

この集団意識のおかげで、もし集団から外れようとするものが居れば、それを叩きにかかるということもあります。よく言われる、出る杭は打たれるというやつです。自分たちと違う行動をする者が居ればまるで悪のように、その人を批判し、叩くということがよくあります。これもこの横並びが大好きな集団心理からくるものなのでしょう。もしかすると常識とは、この集団心理が勝手に作り出しているただの幻想なのかもしれません。
哲学

人間は皆投資家である。私たちは有限であるお金、時間、エネルギーをどう使うかを常に判断している。

結論から言うと、投資とは、何も資産を増やすために資金を投資するだけが投資家なわけではなく、自分が持っている有限の物を、いつ、どのように、何に使うのかということを采配し、配分し、実行していくことこそが投資だと思っているからです。私たちはお金、時間、そしてエネルギーという有限の物を持ち合わせていて、それらをいつ、どのように、何に使うかということを、生きている限りずっと采配し続けています。
お金

なぜお金持ちは投資や資産運用をするのか?経済的自由の定義とは?

結局は、収入を得て、支出を減らし、残った分で資産を買い入れる。これの繰り返しで徐々に不労所得は増えてきて、やがて生活費よりもその不労所得が大きくなれば、ついに経済的自由を手に入れることが出来るというわけです。資産運用なしで、稼いで使うを繰り返した場合、結局は足し算の世界で生きることになります。そこで資産運用をすることで、初めて掛け算の世界に入ることが出来ます。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの1月6日~1月10日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から35週間が経過しました。35週目の収支報告です。今週は、相場をしっかり見もせずに、世界情勢だけで判断し、またその状況に強い先入観があったことが何よりの敗因です。しっかりチャートパターンを見ておけば、確かに上昇する相場でしたが、どうしても「いつ下落するか分からない」という勝手な先入観のせいで、なかなかロングではエントリー出来ませんでした。
名言

人の行く裏に道あり花の山。千利休の名言から学ぶこと。

なぜ全く同じことをしても二番煎じでは上手くいかないのか。それは、前提条件が違うからです。あることで大成功した人の真似をしたとしても、その人とは資金力も違うかもしれないし、時期も違う。そして性格も違えば人脈も違う。住んでいる場所も違えば年齢も違うわけです。いくら忠実に全く同じことを再現したとしても、この前提条件が違えばそもそものスタートが違うわけです。
教育

子離れ出来ない親は子供の自主性を奪いかねない。

小さいうちからあまり「あれはダメ、これはダメ」と言っていると、なぜそれがダメなのか理解する前に、「ママがいいって言ってたからいいんだ、パパがダメっていったからダメなんだ」という風に、子供にはインプットされてしまうかもしれません。そうなると、良いのか悪いのか教えてもらわないと動けない人間、指示してもらわないと動けない人間になってしまいます。