あなたは10年後も同じように、あの時にもっと頑張っておけば良かったと思う生き方をしていませんか?

自己啓発

皆さんは人生の中で後悔していることはあるでしょうか?

私は20代前半のうちに、もっと勉強し、もっと行動し、もっと努力しておけば良かったと思っています。
その時に頑張っていたなら、今頃違うフェーズにたどり着いていたのではないかと思っています。

勉強の大切さ、行動することの大切さにもっと早く気づいていれば、今頃はもっと自由で、豊かで、好きなことに打ち込めている人生を歩んでいるのではないかと考えています。

経済格差が広がっているように、一度豊かになったり、自由になったり、自分の資産や時間を使うことが出来るようになると、その差はどんどん広がり、大きくなっていくものです。

もっと早い時期に色々やっていたなら、もしかすると今とは雲泥の差が生まれているのではないかとも思っています。

私の中で、20代の中の失われた時間は人生を通しても最も無駄なことをしたと思っています。

もしこれを見てくれている10代、20代の方がいらっしゃるのであれば、絶対に若いうちに、早いうちに勉強し、行動し、努力するべきだと伝えたいです。
そこで頑張るか頑張らないかの差は、将来にとてつもない差を生むと言えます。

また、同じように、過去にもっと頑張っておけば良かったと後悔していらっしゃる方もいるかもしれません。
そのような方に少し考えていただきたいことがあります。

あなたは10年後も同じように、あの時にもっと頑張っておけば良かったと思う生き方をしていませんか?
ということです。

この質問は私自身、ことあるごとに投げかけている質問です。

私は20代の自分自身が本当に嫌いで、情けなくて、なんてもったいない日々を過ごしていたのだろうと、思い出してはいつも後悔しています。
だからこそ、同じ過ちはしまいと、人よりもその思いは強いと思います。

こう考えていたとしても、やはり10年経ったら、あの時もう少し踏ん張っていればとか、もっと知識があったらとか、もっと視点を変えていたらなどと思うんじゃないかといつも疑っています。

10年後にやり切ったと言えるのか、あの時の努力があったから今があると思えるのか・・・。
10年後も同じように、あの時もっとやっておけば良かったとは思いたくありません。

きっとその連続で、10年が経ち、20年が経ち、30年が経ち、私の人生こんなはずじゃなかったと、取り返しのつかない後悔をしてしまうのではないかと思うわけです。

以前にこのブログで、

後悔と反省の決定的な違い。

という記事を書きました。

その記事にも書いたように、もし後悔しているようなことがあるのであれば、それを後悔にとどめて置かず、反省にするべきだと思います。

後悔は失ったもの、つまり無いものをいつまでも悔やむ思考。
反省は未来を変えようとする思考だと思っています。

後悔は、過去を変えたがる気持ち。反省は、未来を変えようとする気持ち。

人は誰でも変えたい過去があるものだと思いますが、それに固執していても仕方ありません。
しかしその過去の過ちを反省に変えれば、未来を変えることが出来ます。

過去の事はもういいと割り切り、しかし過去の反省を活かし、将来後悔しないために今立ち上がるべきではないかと思うのです。

チャールズ・ディードリッヒの言葉を借りるのであれば、
今日という日は、あなたの残りの人生の最初の日である。
ということです。

同じように後悔しないためには、今行動するしかありません。

そしてそのあかつきには、
「もっと早く行動してこの成功を手に入れるべきであった」
という、やり切った人だけが感じることの出来る後悔をしてみたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました