12年勤務して手取14万円「日本終わってますよね?」を堀江貴文がバッサリ切る!私も便乗して意見を書いてみました。

話題

キャリコネニュースの記事より。

12年勤務して手取14万円「日本終わってますよね?」に共感の声 「国から『死ね』と言われているみたい」「日本はもはや発展途上国」
「手取り15万以下」を嘆くトピ内には共感の声が寄せられた 先月末、国税庁が発表した調査結果によると、民間企業で働く正社員の昨年の平均給与は503万円5000円だった。一方、非正規社員の平均は179万円。正社員と非正規社員の給与額に約320万円の開きがあり、格差社会が浮き彫りになった。 ただ、正社員間でも大きな格差があり...

今話題となっている、
12年勤務して手取14万円「日本終わってますよね?」
という記事が掲載されていました。

この発言に関しては結構大きな反響があり、
「日本に『死ね』と言われているみたいで切ないです」
というように、共感するコメントがたくさん寄せられたようです。

しかしこれをバッサリと切る男が現れました。
ホリエモンこと堀江貴文氏です。

堀江貴文氏 12年間勤務で月給14万円「日本終わった」と嘆く会社員に「お前が終わってんだよ」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が7日、ツイッターを更新。都内の企業に12年間勤務して手取りの月給が14万円だという会社員が「日本終わってますよね?」とネット掲示板に投稿して共感の声が起きている - Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)

そしてこれに関しても共感のコメントが寄せられています。

まさに賛否両論。
これに関しては人それぞれの考え方がありますので、どちらが正しいかなんてことはありません。

しかし私なりの見解を述べるなら、12年働いて手取り14万円、だからって日本が終わっているというのはお門違いだろうということです。

堀江さんの言い方はキツイので、かなり乱暴な言い方に聞こえますが、真っ当な意見だと私は思います。

私からするとどちらも終わってはいませんが、ただ12年勤務して手取りが14万円だからといって、国のせいになる理由は見当たりません。

経済状況が悪いとか、そういうことを言い出せば国のせいに出来るのかもしれませんが、それよりも、もっと何か出来ることがあったのではないかと思うのが正直なところです。

もちろん、この投稿者にもそれなりの事情があるのでしょうが、それを国のせいにするのであれば、批判があっても仕方がないと言えるでしょう。

12年勤務して手取り14万円なら、なぜそうなる前に何か手を打たなかったのか。

なぜ転職しなかったのか。
少なくとも今現在でも給料の交渉は出来るはずです。

このあたりが堀江さんに突っ込みどころを与えてしまったのでしょう。

人は皆それなりに事情があり、転職できない理由もあります。
しかし、時にはリスクを取って前に進む必要もあるわけです。
それをしてこなかったのは、他でもない自分の責任だとも言えるわけです。

少なくとも、このように自分の給料の低さを国や会社、他人のせいにするのであれば、
それは自立していない証拠であり、他人に依存している状態だと言えるでしょう。

日本が終わっている、会社が終わっていると思うのであれば、国や会社に依存せず、自分で何とかするべきなのではないでしょうか。

12年で手取り14万円、逆に言えば、12年何をしてきたのか、ということです。

ここまで私は、批判するつもりはないと言いながら、どうも批判的な文章を書いているようです(笑)
しかし前述したように、私はこの投稿者も日本も終わっているなんて思っていません。

もしこの投稿者とお話しする機会があるのであれば、もしくは同じような境遇にある人がいるのであれば、今からでも遅くはないので、まずは自ら行動してみてほしいと思います。

給料アップの交渉、それでダメなら転職、転職が出来る状況でないのであれば副業、節約してその分を投資に回す、勉強して資格を取るなど。

人間考えれば色々な手段や方法が見つかるはずです。

確かに人にはそれぞれ事情がありますが、
少なくとも12年も考え続けて何の打開策も見当たらなかったなんてことはありえません。
これだけははっきりと言えます。

人間は集中して考えれば必ず打開策は見つかります。

ただ、浮かんだ打開策に対して、これは無理だとか、私には出来ないとか、怖いとか。
それに対してリスクをとることが出来ず、行動することが出来ないということは大いにあると思います。

しかし、やはりそれも自分の責任です。

もっと言えば、生活のためにとにかく一生懸命働きはするが、人生とか将来とかを真剣に考えずに、ただ今あることに全力を尽くすということが多いのだと思います。

確かに一生懸命頑張っているわけです。
低い賃金で、朝から晩まで一生懸命働いているわけです。

しかし、厳しいことを言うのであれば、その視野の狭さが仇となっているわけです。

本当に自分の人生のビジョンを持っていたり、将来の事を考えていたりして自立している人間であれば、12年も働く前に危機感や異変を感じるわけです。

一生懸命だけではダメなわけです。

もっと大切なことは、やはり自分の人生にしっかり責任を持ち、他人のせいにせず、自立した生き方をすることです。

そうすれば、長い人生を無駄にすることは許せないと感じることが出来るでしょうし、12年という月日が過ぎる前にこのままではいけないということに気づくことが出来るはずです。

堀江さんの言い方は厳しいですが、やはり他者のせいにする前に、自分を見つめなおすことが大切だと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました