2019-10

お金

国と国との経済格差が無くなってきているから日本の経済格差が生まれている。私たちは入れ替え可能な人間になってはいけない。

中間層が下流へ転落という記事が掲載されていました。ここ数年、何度も警鐘を鳴らされている話題です。このことに関しては、私も中間層と呼ばれる層が下流層へ転落するだろうと思っていますし、私自身も危機感を持っていますし、揺るぎない事実だと思っています。ではなぜこのようなことが起きるのか。色々な理由はあると思いますが、私は一番の理由として、格差が無くなってきているからだと思っています。
哲学

無意識に作り上げられる妥協点が成功の妨げになる。

自分が何がなんでも死守したい妥協点を超えてしまえば、苦しくなり、痛みを伴うから人は必死にそれを死守しようとしますが、その妥協点より上の生活であれば、それなりに楽しく生活できるから、まぁいいやという気持ちが生まれてしまうわけです。更に言うのであれば、自分の死守したい妥協点より上の生活が出来ていて、ある程度楽しく生活ができている場合、成功を追い求めることでその楽しい生活を崩すかもしれないという思考が無意識のうちに働いてしまうことがあります。
自己啓発

問題というガンを治してから取り組もう。ガンは痛みを伴い、恐怖を伴い、また転移する。

問題点に目をつぶり、応急処置として痛みを伴う場所にバンソウコウを貼ったり傷薬を塗ったりすることは出来ます。そうすれば、確かに一時的に痛みは治まるように感じますが、当然根本の部分は治っておらず、時間が経過すればするほど悪化していくものです。その結果として大きな問題が発生した場合、そのころにはもう末期で治すことが出来ないかもしれないのです。
自己啓発

刺激と反応の間には選択の自由がある。人は感情に支配されたとき、人生を左右するような大きなミスをすることがある。

人間は感情をコントロールできなくなった時、人生を左右しかねないほどの大きなミスをすることがあります。スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」では、刺激と反応の間には選択の自由がある、と述べられています。つまり、外部からの刺激に対して、どのように反応するかは自分自身の自由であり、その選択の自由さえあれば、自分がどのような人間になれるかはこちら次第である、すなわち人間は自由であるということです。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの10月7日~10月11日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から22週間が経過しました。22週目の収支報告です。今週はとにかくエントリーのタイミングが良かったと思います。ムリなく、意味のないエントリーはほとんどありませんでした。そのため勝率も良かったです。今週は28回エントリーして20勝です。勝率は70%超えです。
自己啓発

人は駆動力に働きかけるが、抑止力は意識しない。あなたには必ず何らかの抑止力が働いている。

あなたが成功するためにどのような要素が必要なのかを考えることも重要ですが、あなたがもし失敗するとすれば、その最大の原因としてどのような要素が考えられるかを考えるわけです。そうすれば、自分にかけられている抑止力が自ずと見えてくるわけです。ビジネスシーンでもなんでもそうですが、何か上手くいかないとき、もっと頑張ります、もっと努力しますという傾向にあります。
お金

お金は夫婦関係までもを左右する。一生を共にする夫婦だからこそ、その障害を取り除こう。

実は失業率と離婚率に因果関係があると言われているのはご存知でしょうか。失業率が上がれば離婚率が上がるのです。都道府県別で離婚率を見てみると、1位が沖縄県、2位が宮崎県、3位が大阪府となっています。さて都道府県別で失業率を見てみると、1位が沖縄県、2位が青森県、3位が大阪府となっています。必ずしも離婚と失業率に因果関係があるとは言えませんが、逆にこの結果を見て因果関係はないという方が難しいと言えるでしょう。
名言

室伏広治の名言。目標が高くなれば意識も高まる。一人が出来るようになると、皆が出来るようになってくる。

私がよく思うのは高校野球の話で、一昔前までは球速140km/hを投げる投手は剛腕投手だと言われ、バッタバッタと三振の山を築いていましたが、一度150km/hを投げる投手が現れれば、一人、二人と150km/hを投げる投手が現れる。そして今では150km/hを投げる投手は毎年何人か出てくるようになり、ついには160km/hを投げる高校生まで現れる始末です。
自己啓発

食生活が人間の体を形成するように、脳の栄養バランスが人間の人生を形成する。

日ごろの習慣が悪くて病気になる事を生活習慣病と言うように、脳も日ごろの習慣が悪ければ生活習慣病にかかるわけです。体の病気は症状に出てくれるので、何かを制限したり、治療したりしてすぐに対処することも出来ますが、残念ながら脳の生活習慣病は症状に出ません。その症状に気づいた時は、自分の人生はこんなはずじゃなかったのに、というように、末期の状態であることが多いのです。
話題

12年勤務して手取14万円「日本終わってますよね?」を堀江貴文がバッサリ切る!私も便乗して意見を書いてみました。

今話題となっている、12年勤務して手取14万円「日本終わってますよね?」 という記事が掲載されていました。この発言に関しては結構大きな反響があり、「日本に『死ね』と言われているみたいで切ないです」というように、共感するコメントがたくさん寄せられたようです。しかしこれをバッサリと切る男が現れました。ホリエモンこと堀江貴文氏です。