2020-02

自己啓発

今にも飛び立ちそうなのに飛び立てないでいるのは、後輪が地面についたままであるからかもしれません。

私たちは大空に飛び立つつもりで滑走路を走り出します。何度も何度も滑走路を走って飛び立とうとしますが上手くいきません。今にも離陸しそうなところまで来ているのになぜ飛び立てないのだろう?疑問に思って機体をよく見てみると、飛び立とうという思いとは裏腹に、実は後輪が地面についたままになっています。大抵の人は、自分では気づいていないかもしれませんが、このような状態であるのではないでしょうか。
自己啓発

誰にも才能がある。ただ、その才能の活かし方と表現の仕方が分からないだけである。

今は引退してしまいましたが、元お笑い芸人の島田紳助さんはこのようにおっしゃっています。「我々なんか皆さんと何も変わりません。才能があって、天才であるなんて絶対ないですよ。ただ、そうあるようにどうやって見せるかだけなんです。」決して自分を過小評価してはいけません。私たちは誰もが普通の人であり、しかし才能と魅力を内に秘めている人でもあるわけです。
哲学

立ちふさがっている山を動かそうとするよりも、自分が少し動くことで解決する問題はたくさんある。

例え自分が絶対的に悪くなくても、変えることが出来る間違いのないものは自分自身であるということを理解しておくことは大切です。それはまるで、向こう側の海が見えないから、立ちふさがっている山に向かってどきなさいと言っているようなものであり、動かせないものはどうあっても動かせるものではありません。しかし、自分が少し動くことで、山の向こう側にある海を見ることは簡単に出来るわけです。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの2月10日~2月14日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から40週間が経過しました。40週目の収支報告です。決して上手い取り引きは出来ていませんが、損をしない取り引きはここ最近出来ていて、少なくともマイナスにはなっておらず、プラスが続いていますので、ちょっとロットを上げるために、来週から軍資金を追加します。
自己啓発

生まれた時代や環境に愚痴を言うべきではない。私たちは十分恵まれている。

時代の事をいうのであれば、私たちは恵まれていると思わなくてはならないと私は思っています。無いものにフォーカスすると、どうしても卑屈になって、不平不満が生まれ、愚痴を言ったり、比べたりして後ろ向きになってしまいがちです。しかし私たちはこれだけ自由であるという、あるものにフォーカスすれば、全てのことに感謝出来るようになり、前向きになり、視野が広がり、可能性が広がるはずです。
哲学

問題に挑むことだけが全てではない。問題を避けることも、また大切なことである。

例えば、幸せになるためにはどうしたらいいか、と考えたところで答えは出ません。しかし、幸せになるためにやってはいけないことならすぐに思い浮かぶのではないでしょうか?避けるべきこと、踏み入れてはいけないこと、たくさんあると思います。そうであれば、まずそれを徹底して避けることから始めるべきなのかもしれません。
名言

行いは己のもの。 批判は他人のもの。 知ったことではない。勝海舟の名言から学ぶこと。

どうもこのことについてきちんと線引き出来ない私たちは、自分の行いの結果として生まれるはずの、単なる他人からの評価を気にして、自分の行い自体を捻じ曲げようとさえしてしまうことがあります。日々、色々な人間に囲まれ、色々な人と付き合いをし、目まぐるしい忙しさのために、こんなにも単純な原則さえ見失い、分からなくなってしまうことがあります。
話題

70歳まで働く時代の到来。老後2000万円問題よりも深刻な年金もらえない問題。

70歳まで働けるよう、政府が高年齢者雇用安定法などの改正案を閣議決定したことに対して批判や不満が集まっているという記事があがっていました。いよいよ来る時が来たかという感じですが、思ったより早いという印象があります。記事中にも書かれていますが、国は本当に年金を支給する気が無いのかもしれません。高齢者にも労働してもらうことで税収などで財源を確保し、年金を遅らせることも減らすことも可能になる、といったところなのかもしれません。
ビジネス

餃子の王将元社長の大東隆行社長に学ぶ。儲けようと思うのはこっちの勝手。

多くの企業はお客様第一と言いながら、本当の意味でお客様第一の体制は作れていません。それを象徴するのが、東京、都会の食べ物は高いという事実です。なぜそんなに高いのかと聞くと、家賃が高いとか、土地が高いという理由になります。しかしそれはお客様には関係ありません。自社が作った料理をお客様に適正価格でふるまうという考えではなく、この家賃や人件費で利益を生むためにはどれぐらいの価格にする必要があるか、それで価格を決めているということになります。
自己啓発

現状維持は衰退。歳を重ねるごとに貴重な〇〇という財産を失っていることに気づく必要がある。

若い時間とは大切で短いもの、つまり非常に貴重な時間であると言えます。こう考えると、実は歳をとるごとに若さという貴重な財産を失っていることに気づきます。だからこそ私たちは歳を重ねるごとに必ず成長していく必要があります。去年より今年、先月より今月、昨日より今日という風に、常に成長していかなければなりません。 そうでなければ、本人は今まで通り、現状維持だと思っているかもしれませんが、非常に貴重な若さというものを年々消費しているだけになるわけです。