3歳女児放置死について思うこと。

話題

FNNプライムオンラインにて。
「男に狂ってた」3歳女児が自宅で餓死 8日間放置の末…逮捕の母親は男性に会いに旅行へ
という記事が書かれていた。

この事件に関しては多くの人が痛みを感じていることだと思う。
亡くなった稀華ちゃんと同じ3歳の子供を持つ親である私もその一人。
このような事件が起こるたびに憤りを感じ、苦しくなり、悲しくなる。

誰もが思っていると思うけれど、子供には何の罪もない。
これから楽しいことが山ほどあるのに、ようやく物心がついてきたかなという歳で、まだスタートラインにも立っていないという歳で、人生の「じ」の字も知らない子供がこんな形で早くも人生の幕を閉じてしまったという事実に、ただただ悲しくなる。

母親である梯沙希容疑者は、男に狂っていたという。
そりゃあ、母親であっても一人の人生だから、好きなことをやればいいと思う。
だけど、自分が産んだ子供に対して、その育児を放棄するということはあってはならない。
はっきり言ってどのような心境でそんなことが出来るのかが分からない。

梯沙希容疑者は放置しても大丈夫だと思ったと供述しているようだが、3歳の子供を8日間も放置していればどうなるかぐらい、3歳の子供でも分かるんじゃないだろうか。
そしてその供述とは裏腹に、稀華ちゃんを見つけた後も1時間近く警察や消防には通報せず、汚れたオムツを捨て、稀華ちゃんの体を洗い、新しいオムツに履き替えさせ、育児放棄を隠蔽しようとしていたとの報道もある。
結局通報したのは元旦那の促しによるものだとも言われている。

これはカッとなって暴力を振るう虐待よりもたちが悪いんじゃないかと思う。
親でも一人の人間だから、子供に対してであっても、どうしてもカッとなって感情的になってしまうことはある。
もちろん、それによる暴力は仕方ないと言うわけではないし、虐待と呼ばれるほどの暴力は絶対に許されるものではない。
けれど、つい感情的になってしまい手が出てしまった、ということは大なり小なりあると思う。
そう考えれば、感情的になったわけでもなく、冷静な気持ちで8日間も放置する方がよほど恐ろしい。

どれだけお腹が空いたことだろう。
どれだけ喉が渇いたことだろう。
どれだけ暑かったことだろう。
どれだけ不安で怖かっただろう。
そして愛するお母さんがいなくてどれだけ寂しかっただろう。

そんなことは、親なら自分こと以上に分かるし、親でなくても分かることだと思う。

梯沙希容疑者は保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたようだけど、これは殺人罪の容疑なのではないかと思う。
殺人罪の容疑で、あとは殺意があったかなかったのかの論点で調べるべきじゃないかと思う。

どのようにすればこのような悲しい事件が無くなるんだろうと考えてみても、有効な策はなかなか思いつかない。
それだけに、このような事件はいつまで経っても無くならない。
ここまで酷い結果になることは少ないのかもしれないけれど、小さな虐待、小さな育児放棄はきっとたくさんあるのだと思う。
でも、唯一出来ることで、即効性があり、効果的なのは罰を重くすることだと思う。
私個人的な意見を言わせてもらうのであれば、これは殺人罪以外の何ものでもない。
でも、そこまで重い罪を課せられないから、罪の意識も軽いんじゃないかと思う。
これは殺人行為だ、と世の中に意識されれば、少なからずこのような事件や小さな虐待、育児放棄は減るんじゃないかと思う。
本来、子供と親の関係なんてそんなものではないと思うんだけれど、最善策が見つからない。
だから、私はこのようにブログを書いたりしてほんのわずかでも呼びかけるしかない。

私は頭が悪いから、今のところ良い策は思いつかないけれど、良い策があるなら呼びかけてほしいと思う。
今は誰かの呼びかけが政府を含め、日本中に伝わる時代になってきていると思う。
私では力不足すぎるけれど、できれば一緒になって呼びかけてほしいと思う。

物の分別もつかない、これからたくさん楽しいことを経験するはずの小さな子供が、生まれた時から一緒にいる愛する親に裏切られて人生の幕を閉じるという悲しい結末は、もう二度と見たくない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました