「78:22の法則」とは。その黄金比に隠された秘密を解説。

哲学

「78:22(78対22)の法則」をご存じだろうか。

これは世の中を構成している比率が78:22だという考えであり、この78:22という比率こそ黄金比率であると言う考え方。

この「78:22の法則」は「ユダヤの法則」とも言われ、ユダヤ人からすると、この比率が崩れれば世界は崩壊すると考えられているほど大切な比率だと言われている。

「78:22の法則」とは

前述のように、この78:22という比率こそ世の中を構成している比率であり、黄金比率だと言われている。

では、なぜこの78:22という比率が黄金比率なのか。
これにはしっかりとした根拠がある。

以下に、その根拠となる78:22で構成されているものの一部を紹介する。

  • 人の体を構成している体内成分の割合は、水分が78%、それ以外の物質が22%
  • 腸内細菌の割合は善玉菌が78%、悪玉菌が22%
  • 人の呼吸は肺呼吸が78%、皮膚呼吸が22%

ちなみに上記の3つは、それらのバランスが崩れると体調不良になる。

  • 空気中の成分の割合は、窒素が78%、その他気体が22%
  • 地球上の海と陸地の割合は、海が78%、陸地が22%
  • 正方形に接するように円を書いた場合、正方形の面積を100とすると、円の面積は78となり、残りの面積は22となる
  • 働き者で有名な蟻の内訳は、78%が働き22%はサボる

このように、決して人間が決めたわけでもないのに、不思議と世の中の比率は78:22で出来ているものが多いという法則、これが「78:22の法則」である。

なぜ「ユダヤの法則」と呼ばれているのか

この「78:22の法則」がなぜ「ユダヤの法則」と呼ばれているのか。
この比率に初めて気づいたのがユダヤ人なのか。
その詳細は正直分からないところ。

ただ、世界一金儲けが上手いと呼ばれているユダヤ人が、世の中にはお金を借りたい人の割合が22%、お金を貸したい人の割合が78%いると考え、預金をする者とお金を借りる者をこの割合で管理したことで銀行業で成功を収めたからだと言われている。

そもそもこの割合に根拠があったから「ユダヤの法則」と呼ばれているのか、たまたま、この割合で銀行業が上手くいったことで「ユダヤの法則」と呼ばれているのかは不明。

ただ、ユダヤには5000年の知恵があると言われているので、銀行業を始める遥か前からこの「78:22の法則」に気づいていた可能性は十分にあると思う。

「78:22の法則」を活用した成功例

この「78:22の法則」をビジネスで活用し、成功した代表例が2つあるので紹介する。

コカ・コーラに隠された「78:22の法則」の秘密

今や世界中の誰もが知っているコカ・コーラ。
実はこのコカ・コーラにも「78:22の法則」が使われていて、皆さんご存じのように、現代でも大成功を収めている。

ではコカ・コーラに隠された「78:22の法則」とは何か。

実は、コカ・コーラの瓶は、縦が78、横が22の比率で作られている。

ただし、この瓶の比率はコカ・コーラが「78:22の法則」を知っていて、それに当てはめて作ったのかどうかは不明。

しかしたまたまであったとしても、昔は瓶が主流だったコカ・コーラが大成功を収めていることは確かであり、この「78:22の法則」が、意識的にせよ無意識的にせよ、働いていた可能性は十分にあるのではないかと思う。

マクドナルドに隠された「78:22の法則」の秘密

コカ・コーラ同様、今や世界中の誰もが知っているマクドナルド。

日本マクドナルドの創業者は藤田田(ふじたでん)氏であり、ご存じの方も多いと思う。

実はこの藤田田氏は、「銀座のユダヤ人」と呼ばれるほど、ユダヤ人と交流のある人物。
そうであれば、当然「ユダヤの法則」と呼ばれる「78:22の法則」のことは当然知っている。

1987年にマクドナルドがサンキューセットというセットメニューを開発。
それがその年の流行語大賞の大衆賞を受賞する売れに売れた。

実はこのサンキューセットに「ユダヤの法則」「78:22の法則」が隠されている。

その頃は500円硬貨が急激に普及した。
そしてこのサンキューセットとは、その名の通り390円でハンバーガーとポテト S サイズ、ドリンクを購入できるセットメニュー。

そのセットを購入する際、急激に普及した500円硬貨、つまりワンコインで支払った場合、おつりが110円返ってくる。
勘のいい方はもうお気づきだと思うけれど、
500円でこのセットを購入した場合、購入価格の390円の割合は78となり、おつりの110円の割合は22となる。

これは「銀座のユダヤ人」と呼ばれる藤田田氏が、この「78:22の法則」を意識して価格設定したものである。

たまたま売れただけだと言われればそうかもしれないけれど、その年の流行語大賞の大衆賞を受賞するほどに売れたとなれば、たまたまとも言えないほどの成果だと言える。

「パレートの法則」も「78:22の法則」から着想を得たと言われている

以上のように、とても不思議で信じがたい法則でありながら、実際に当てはまることの多い「78:22の法則」。

さらに、イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートは、この「78:22の法則」から着想を得て、かの有名な「パレートの法則」という理論を導き出したと言われている。

この法則はとても有名な法則なのでご存じの方も多いと思うけれど、
全体の数値の80%は、全体を構成するうちの20%の要素が生み出しているという理論。

例えば、
・会社の売上の80%はその会社の20%の商品で生み出している
・会社の売上の80%はその会社の20%の従業員が生み出している
・所得税の80%は課税対象者20%が担っている

という理論。

この理論は現代でもさまざまな分野で応用されている経済理論。

数値が80:20になり、少し大まかになったけれど、「78:22の法則」はここにも活かされている。

「78:22の法則」は、この世に完璧はないという教えでもある。

以上のようなことから、この「78:22の法則」は色々なことに当てはまる黄金比率であると言えると思う。

そしてこの「78:22の法則」は、この世に完璧はないという教えでもあると思う。

私たち人間はそもそも完璧ではない。
そして完璧ではない人間がやることもまた、完璧ではない。

ここでもやはり、この「78:22の法則」が当てはまる。

どれだけ完璧だと思っていても、どれだけ完璧に準備をしていようとも、はじめから100点を取ることは出来なくて、満点が78点であり、物事のうちの78が成功し、22は改善する部分だと考えた方が良い。

そんなことはない、100:0の方が良いに決まっているという声が飛んできそうだけれど、
もし自分がやったことを100点だと思い込んでしまえば、それ以上伸びしろはないことになる。

満点でも78点だと思うからこそ、残りの22点の改善点を見つけることが出来、それらを改善することが出来、完璧に近づける。

この世の中、完璧主義の人間は居ても、完璧な人間、そしてはじめから物事を完璧に成し遂げる人間は居ない。

このことを理解していないと、完璧に出来なかったことを悔やんで自分を責めることになり、苦しくなる。
完璧主義の人ほど、自分を苦しめることになる。

そうなると、完璧に出来ない自分が嫌になり、ついには行動しなくなってしまう。
このことを理解していないばっかりに、心の病に侵される人も少なくない。

だからこそ、人間は完璧ではないし、その人間がやることもまた、完璧ではないと言うことを理解する必要がある。

物事のうち、78点が取れれば大成功だと思うぐらいでちょうどいい。
残りの22は改善点であり、改善点があるからこそまた成長できる。

そう思うことで、どんどん行動することも出来るようになってくる。

私の友人で、上手くいっている人たちはチャレンジ精神が凄く、行動に移すのが早い。
私の友人で、上手くいっていない人たちはチャレンジ精神があまりなく、行動に移すのが遅い。

チャレンジする人たちは、やってみてダメなら仕方ないと思うタイプだけれど、
やってみないことほどモッタイナイことはないと考える。

チャレンジしない人たちは、やってみてダメだったら無駄になる、
やってみてダメだったら損をすると考える。

これもきっと、前者は完璧じゃなくてもいいからとにかく行動する思考の持ち主で、
後者は完璧でなければ行動したくないという思考の持ち主なのだと思う。

仮に前者が行動することによって78点の成果を得られれば、上手くいったと考えさらにその成果を伸ばす。
逆に後者の場合、78点であることが許せず、上手くいかなかったと考える。

このようにして、完璧を求める人からはチャンスが逃げていく。

こう考えると、人間の行動、思考に関しても「78:22の法則」が当てはまるし、黄金比率なのではないかと思う。

そして人間の行動や思考まで「78:22の法則」が当てはまるのであれば、この「78:22の法則」がほとんどのことに当てはまる黄金比率であると考えて差し支えないのではないかと思う。

「78:22の法則」、この法則を覚えておいて、得することはあっても損することはないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました