上司であるあなたが部下に我慢しているのではなく、上司として未熟なあなたに部下が我慢している。

ビジネス

仕事で後輩や部下が出来ると、どうしても後輩や部下の出来ない部分ばかりを見てしまうことがあると思う。
この、後輩や部下の出来が悪いという不満は、ビジネスの中で多くの人が抱く不満であり、ストレスの原因の一つとなっていることが多いと思う。
「私の部下がもう少ししっかりしてくれていたら・・・」
そのように思う役職者の人も少なくないと思う。

けれど、もしそう思った時はこう考えてみるといい。

上司であるあなたが部下に対して我慢しているのではなく、上司として未熟なあなたに対して、部下が我慢している。

こう言うと、そんなことはない、私は出来ない部下を持ちながらも我慢して育てているんだ、と思う人もいると思う。
もしそう思うのであれば、その考え方を改めた方がいいということ。
なぜなら、もっと優秀な上司なら、もっと部下を上手に動かすし、上手に育て、結果も出させることが出来る。
もっと優秀な上司なら、部下の心に火をつけることも出来る。

そういう上司は、そもそもそこに不満を抱く必要はなくなる。
けれど、そこに不満を抱いていたり、我慢している状態なのであれば、少なくとも何かが上手く出来ていないのだと思う。

こう考えると、上手く出来ない部下にあなたが我慢しているのではなくて、上手く出来ないあなたに部下が我慢してくれているという構図がなんとなく見えてくると思う。

基本的に、部下は立場的に上司より弱い。
だから、上司に対して直接物申すことは少ないし、不満を持ちながらもグッと我慢してくれていることが多い。
つまり、部下が出来ない出来ないと上司は嘆くけれど、部下はそんな上司を見ながらも、何も言わずただ耐えてくれている。
そう考えれば、不満よりも、自分の不甲斐なさに申し訳ない気持ちや、そんな自分の下でグッと我慢して仕事をしてくれていることへの感謝の気持ちが少しは湧いてくるのではないかと思う。

逆もしかり。

上司の不満や愚痴ばかり言う部下もいるけれど、最高の部下ならば、上司の気持ちを上手く汲み取り、もっと上手に上司が必要としている仕事をするだろうし、先回りしてほしい結果を与えることも出来る。
その気になれば、上司が求めている以上の仕事をすることも出来るはず。
そんな部下のことを、上司はないがしろにしたりしない。

こう考えると、上手く出来ない上司にあなたが我慢しているのではなくて、上手くやれないあなたに上司が我慢してくれているという構図も見えてくると思う。
もし部下としてあなたが不満を抱えているのであれば、少なくとも何かが上手く出来ていないのだと思う。
上司もまた、我慢しているのだと思う。
そう考えれば、不満よりも、自分の不甲斐なさに申し訳ない気持ちや、そんな自分の教育者としてグッと我慢して育ててくれていることへの感謝の気持ちが少しは湧いてくるのではないかと思う。

これはもちろん仕事のことだけではない。
自分の子供もそうであり、自分の親もそうであると思う。
先生もそうであり、生徒もそうであると思う。

自分側の側面から見ると気づかないことはたくさんある。
けれど、自分が不満を抱いているときは、大抵相手も不満を抱いていることが多いと思う。

そうであれば、不満を抱くよりも先に、相手が自分にやってくれていることに焦点を当て、感謝することが大事だと思う。
そのように物事を考えるだけで、見え方は180度変わってくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました