ニノミヤコウ

自己啓発

ビジョンなく人生を歩むのは、一生懸命さまようことに等しい。

みんな頑張っているわけです。みんな一生懸命生きているわけです。しかし、確かに頑張ってはいるんだけれども、目指すべきビジョン、腹の底から得たいと思える明確なものが見えていなければ、一生懸命さまよっていることとほぼ等しいわけです。一生懸命、血眼になって出口を探しているわけです。自分の目指すべきこと、あり方が見えていないとはそういうことです。
自己啓発

自意識はただの妄想?他人はそこまで気にしていない!人生に制限をかけてしまう自意識過剰とは。

また、仮に自分の行動で他人に迷惑をかけてしまったとしても、そもそも人は一人では生きられないもので、支え合え、助け合い生きるものです。それこそが人の生き方であり、時には迷惑をかけて尻ぬぐいをしてもらったり、助けてもらったとしても良いのではないかと思います。今度、その人たちに何かが起こったなら、助けてあげれば良いだけです。それが恩返しであり、困ったときはお互い様であるわけです。
自己啓発

あなたは10年後も同じように、あの時にもっと頑張っておけば良かったと思う生き方をしていませんか?

私は20代の自分自身が本当に嫌いで、情けなくて、なんてもったいない日々を過ごしていたのだろうと、思い出してはいつも後悔しています。だからこそ、同じ過ちはしまいと、人よりもその思いは強いと思います。こう考えていたとしても、やはり10年経ったら、あの時もう少し踏ん張っていればとか、もっと知識があったらとか、もっと視点を変えていたらなどと思うんじゃないかといつも疑っています。
名言

イチロー選手の名言。努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、 僕はそうじゃない。

階段を一歩ずつ上っていくと、ある日突然、踊り場に着き、はしごでもないと登れないのではないかという大きな壁にぶち当たる時があります。その時に、前述のように、この壁の上にいる人は異次元の人であり、自分には無理だと思ってしまうことがあります。しかし、これこそが大きく成長するタイミングであり、次の段階へ上る大きな転機なのだと私は思っています。
お金

今の世の中、正社員=安定という公式は成り立たない。その幻想が生む貧乏のスパイラルとは?

正社員であれば安定しているという思い込みが、このような考え方を生み、貧困のスパイラルに陥ってしまう人を生んでしまうのではないかと私は思うわけです。お金という面だけで言えば、そこにしがみつくメリットは何もありません。しがみつくだけしがみついた結果、簡単に切り捨てられたらどうしますか?しがみついた会社もろとも崩れ去ったらどうしますか?今の世の中当たり前のようにある話です。
自己啓発

起きる出来事を自分で決めることは出来ない。しかし起きた出来事にどのように反応するかは決めることが出来る。

フィギュアスケート・GPファイナルでネーサン・チェン選手に敗れ、2位となった羽生結弦選手の記事がありました。その記事の中で、「もちろん全部自信につながるものになったし、いろんなことを考えるきっかけになった」 「ネーサン選手が素晴らしい演技をしなければそういう風に学ぶこともなかったし、強くなろうとも思わなかったと思う。感謝してます」という、ライバルに対して感謝するコメントが紹介されていました。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの12月2日~12月6日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から30週間が経過しました。30週目の収支報告です。今週のドル円は基本的に上昇かなと読んでいたのですが、そこそこの勢いで下落しました。その中でも軌道修正しながら上手く取り引き出来ていたのですが、最終日にやっちゃいましたね。底まで落ち切ったと読んで逆張りロングで入れたのですが、その後も下落トレンドはとどまることを知らずにドンドン下落していきました。
お金

前澤友作氏のツイートに共感。お金が無いのはどこかのバランスが崩れているからである。

私個人的に、本当にお金が使えない人ってほんのわずかだと思うんです。確かに生活レベル的にお金を使えない人もいらっしゃるでしょう。病気などで働きたくても働けない人もいらっしゃるかもしれません。そのような人たちは本当にお金を使うことが出来ないのかもしれません。しかし大抵の人のお金を使えないとか、お金が無いという理由は、生活の中でどこかのバランスが崩れているだけなのだと思います。
ビジネス

副業のすすめ!副業をやるべき理由は企業の構造と労働収入の限界にある。

なぜ私が副業をすすめるのか。お金を出来るだけ稼ぐ必要があることは大前提として、ではなぜ会社から得られる給与だけではダメなのか。それは企業の構造を見れば分かります。そもそも企業というものは、オーナーがやりたいことを、労働者が労働することで進めていくものです。この構造を考えれば、雇われる側である労働者というものは、やはりレバレッジの中の一部であり、成績や頑張りが100%反映されるわけではありません。
自己啓発

知識は力なり。人生死ぬまで勉強である。

政治や経済は私たち一般庶民がどうこう言って変わるものではないですし、なるようにしかならないかもしれません。しかし、それを知っておくことは非常に大切です。なぜなら、私たち一般庶民はいわゆる小さなミクロの世界で生活していますが、その小さなミクロの世界は大きなマクロの世界の動向次第で大きく揺り動かされるからです。