ニノミヤコウ

哲学

正負の法則とは?得るものがあれば失うものもある。失う準備が出来ている人だけが得ることが出来る。

そもそもこの世の中、表があれば裏があるように、前があれば後ろがあるように、光があれば影があるように、必ず何事も表裏一体であるわけです。あまり幸せすぎると、日常にたくさんある小さな幸せを幸せだと感じなくなります。これはある意味、大きな幸せを得た代償として、たくさんの小さな幸せを失ってしまったと言えます。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの1月20日~1月24日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から37週間が経過しました。37週目の収支報告です。今週は日足と週足を見て、ドル円は基本的に下げだろうと思っていました。ですが、週明けの初日あたりは予想に反してグッと上げてくる可能性があるので様子を見てエントリーはしませんでした。すると予想を反してちょこっと上げてきたので、まだ下げないかなと思い、買いでエントリーしたところ、予想通り下げてしまいました。
哲学

想像してください。もしあなたが大病から復活したならば、あなたの人生観はどのようなものになるでしょうか。

想像してみて下さい。あなたにはたくさんやりたいこともあり、幸せにしてあげたい、守ってあげたい人もたくさんいます。しかし志し半ばにして病にむしばまれ倒れてしまいました。緊急手術を終え、今、病院のベッドの上です。医者からは恐らく助からないだろうと言われています。愛する家族、仲間たちが涙を浮かべながら一生懸命あなたを励まし、看病し続けてくれています。
お金

本当に今それを買うべき?計画的に物を買うことで一番安い適切時期に購入できる。

「麦わら帽子は冬に買え」という言葉もあるように、皆が欲しがる需要の高い時は一番値段も高い時です。逆に皆が必要を感じていない需要の低い時は値段も一番安い時です。可能であれば、やはり需要の少ない一番安い時に買うことがベストだと言えます。その為には、単純に衝動的に欲しいから買うというのではなく、長い視点で計画性を持つことが大切です。
お金

お金があれば幸せなのか?大切なのは資産の量ではなく付き合い方である。

大きな要因として、人のお金に対する根本的な考え方が、お金があれば幸せを感じるのではなく、お金の心配がなくなったら不安が消えるというものであるからだと思います。仮に貯蓄が1,000万円あったとしても、1億円あったとしてもお金の不安は拭えないものです。もちろん年齢やその人の考え方にもよると思いますが、1億円あったとしても、1億円あるという幸福感よりも、1億円ではいずれそこを尽きるという不安の方が大きいのではないでしょうか。
名言

未来を予測する最良の方法は、未来を自分で創りだすことだ。

唯一未来を動かすことの出来る方法があります。それこそが、未来を自分で創り出すことではないでしょうか。ああでもないこうでもないと予測して、悩んだり恐れたりしたところで何一つ変わりません。私たちが唯一変えることの出来るものは自分自身であるわけです。そうであれば、ただ未来を予測するのではなく、未来を自分の思い描く通りにするために、自分が未来を創造していくことが大切だと言えるでしょう。
お金

収入には2種類ある。意識しておきたいフロー収入とストック収入。

お金持ちになりたいと思った時に、まず意識するのが収入を上げることだと思います。収入とは資産構築で言えば入り口に当たる部分であり、収入が多ければお金持ちになりやすいと言えます。しかし、単に収入と言っても、収入には種類があります。それはフロー収入とストック収入です。ここを意識しておかないと、例えたくさんお金を稼いだとしても、自分が思い描くお金持ちにはなれない可能性があります。
お金

節約には落とし穴がある。実はあまり知られていない節約の本当の難しさとは。

節約をすることで余剰金が生まれることは間違いありません。1円の節約は1円の利益であるわけです。しかし、節約には落とし穴があります。確かに1円の節約は1円の利益であるわけですが、1円の貯蓄になるとは限りません。つまり1円の節約が1円の貯蓄に直結するわけではないということです。実は、節約することは結構簡単で、誰にでも出来ることなのです。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの1月13日~1月17日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から36週間が経過しました。36週目の収支報告です。今週は今までと取引方法を大きく変えました。今までは数十分、長くても1~2時間で決済することが多かったのですが、今週は利益を伸ばすことを意識して、数時間、長い場合は10時間以上、そして翌日以降に持ち越すことも視野に入れて取り引きをしました。
名言

重要なのは人生の長さではない。人生の深さだ。

人生というものは無情なもので、ある日突然、何かが崩れ去る時があります。それは自分の死ということもありますし、大切な人の死である場合もあります。あるいは、天災や不慮の事故など、昨日までは何事もなかったのに、何もかもが突然崩れ去る時があります。人生100年時代ではありますが、崩れ去る時はあまりにもあっけないものです。そんな時になってようやく今の幸せ、ありがたさ、そして人生の無情さと大切さに気付いても遅いわけです。