馬鹿と天才は紙一重。馬鹿と天才の違いとは。

スポンサーリンク
哲学

「馬鹿と天才は紙一重」という言葉がある。

この言葉は、馬鹿も天才も、常人には理解できない思考や着眼点を持っているということを表現している言葉。

そう考えると、馬鹿と天才は紙一重なのではなく、常人には理解できない思考や着眼点を持っていると意味では、馬鹿と天才は同じなのだと私は思う。

では、馬鹿と天才を分けるのは何なのか。

スポンサーリンク

馬鹿と天才の違い

馬鹿と天才の違いは何なのか。

それは結果でしかないのだと思う。

馬鹿と天才を分けるのは結果でしかなく、その思考や着眼点からはどちらが馬鹿でどちらが天才なのかは見分けがつかない。

その中で、偉業を成し遂げたり、大きな成功を収めたりする人たちが天才と呼ばれ、
成功を収められず、常人に理解されぬままの人たちが馬鹿だと呼ばれているのだと思う。

つまり、馬鹿と天才の違いとは、結果論に過ぎないのだと思う。

成功したいなら馬鹿になる必要がある

しかし、ここで言えることは、常人に理解できるような、常人と同じような思考や着眼点では成功は難しいということ。

常人と同じ思考や着眼点から生まれるのは常人と同じ行動であり、常人と同じ行動からは常人と同じ結果しか生まれない。

成功したいのであれば、馬鹿か天才になる必要がある。

しかし、前述のように馬鹿と天才を分けるのは結果でしかない。
つまり最初から天才になるということは出来ない。
天才とは結果が伴った人だけが呼ばれる言葉である。

そうでえあれば、成功したいならまずは馬鹿になる必要がある。
馬鹿になれる者だけが、天才になれる可能性を持つことが出来る。

馬鹿になれば天才になれるわけではない

とは言え、馬鹿になれば天才になれるわけではない。

前述したように、天才とは結果が伴った人だけが呼ばれる言葉である。

つまり、馬鹿とは天才になる素質を持っているに過ぎない。

常人と同じような思考や着眼点では成功は難しく、成功したいなら馬鹿になる必要があるけれど、馬鹿に結果が伴わなければただの馬鹿と呼ばれることになる。

どれだけ壮大な夢を描いていても、どれだけ素晴らしい野望と計画を持っていようとも、それらが机上の空論であれば、決して結果は伴わない。
ゆえに、馬鹿が天才になることはなく、成功することもなく、馬鹿はただの馬鹿で終わってしまう。

馬鹿が天才になるとすれば、それが行動に移されたときだけなのだと思う。

この世に生まれ持った天才はいない

ここで相対性理論で有名なアルベルト・アインシュタインの言葉をお借りする。

「天才とは努力する凡才のことである。」

つまり、この世の人たちは誰もが凡才で、努力するものだけが天才になり得るということだと思う。

とは言え、私は生まれ持った才能というものも否定できないと思う。
スポーツに長けた人、勉強に長けた人、コミュニケーションに長けた人、色々あると思う。

しかし、これらの才能を活かすかどうかは自分次第であると思う。
何もしなければ、自分の持っている才能に気づくことさえ出来ない。

私には何の才能もないと思っている人のほとんどは、
自分の才能に気づいていないだけなのだと思う。

努力を怠らなければ、必ず自分は何が好きで、何が得意なのかが分かってくる。
そのようにして才能とは、少しずつ現れてくるものなのだと思う。

その才能が開花し、結果に結びついたとき、ただの馬鹿は天才と呼ばれるようになる。

だから焦ってはいけない。
才能がないと思い込んではいけない。
はじめから才能が開花するほど世の中は甘くはない。

天才とは努力と才能が合わさってはじめて成り立つものである。
この世に生まれ持った天才はいない。

まとめ

ここまでの話を整理すると、常人と同じ思考や着眼点では、常人と同じ結果しか生まれない。
成功したいなら馬鹿か天才になる必要がある。

しかし、馬鹿と天才の違いは結果が伴っているかどうかの違いでしかない。
そうであれば、はじめは誰もが馬鹿であることから始めなければならないし、馬鹿になる必要がある。

けれど、馬鹿になれば天才になれるわけでも、成功するわけでもない。
その常人とは違う素晴らしい思考が机上の空論であれば、決して結果は伴わない。

それらは行動に移されたときにはじめて開花する可能性を持つ。
努力の種が実り、結果に結びついたとき、ただの馬鹿は天才と呼ばれるようになる。

常人には理解できない思考や着眼点を持っているという意味では、馬鹿も天才も同じ。
そうであれば、まずは馬鹿になることからはじめなければならない。

アップルの創業者として有名なスティーブ・ジョブズの有名な言葉に、

「ハングリーであれ、愚かであれ」

という言葉がある。

つまり、愚かである必要があり、ハングリーにそれを追い求める努力をしなければならない。
このどちらが欠けても成功は難しいと言えると思う。

天才とは努力と才能が合わさってはじめて成り立つものであり、
この世に生まれ持った天才はいないのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました