名言

名言

未来を予測する最良の方法は、未来を自分で創りだすことだ。

唯一未来を動かすことの出来る方法があります。それこそが、未来を自分で創り出すことではないでしょうか。ああでもないこうでもないと予測して、悩んだり恐れたりしたところで何一つ変わりません。私たちが唯一変えることの出来るものは自分自身であるわけです。そうであれば、ただ未来を予測するのではなく、未来を自分の思い描く通りにするために、自分が未来を創造していくことが大切だと言えるでしょう。
名言

重要なのは人生の長さではない。人生の深さだ。

人生というものは無情なもので、ある日突然、何かが崩れ去る時があります。それは自分の死ということもありますし、大切な人の死である場合もあります。あるいは、天災や不慮の事故など、昨日までは何事もなかったのに、何もかもが突然崩れ去る時があります。人生100年時代ではありますが、崩れ去る時はあまりにもあっけないものです。そんな時になってようやく今の幸せ、ありがたさ、そして人生の無情さと大切さに気付いても遅いわけです。
名言

人の行く裏に道あり花の山。千利休の名言から学ぶこと。

なぜ全く同じことをしても二番煎じでは上手くいかないのか。それは、前提条件が違うからです。あることで大成功した人の真似をしたとしても、その人とは資金力も違うかもしれないし、時期も違う。そして性格も違えば人脈も違う。住んでいる場所も違えば年齢も違うわけです。いくら忠実に全く同じことを再現したとしても、この前提条件が違えばそもそものスタートが違うわけです。
名言

忙しさにこれで十分ということはない。蟻も忙しいのだ。問題は、何にそんなに忙しいのかということである。ヘンリー・デイヴィッド・ソローの名言に学ぶ。

結論から言えば、やるべきこと、またはやりたいことだけにフォーカスするから時間が無いとなるわけで、やらないこと、やらなくていいことにもフォーカスすることが大切であると言えます。要するに、今日の言葉のように何に忙しいのかということが大切であるということです。やらなければならないことにフォーカスするとキリがありません。だからこそ、やらないこと、やらなくていいことにフォーカスすることが重要になってきます。
名言

新年にピッタリの名言。明日は365ページの本の1ページ目だ。良い本を書こう。

私たちはこのような節目があるから頑張れるのかもしれません。1日、1週間、1カ月、1年・・・。このような節目があるおかげで、一度リセットし、気持ちを新たに立ち向かうことが出来ます。1日いいことが無くても、寝て明日を迎えることで切り替えることが出来ます。今月が絶不調でも、来月は絶好調かもしれません。節目を迎えることで、未来に希望を持てるのではないかと思います。
名言

「明日は、明日こそは」と、人は人生を慰める。この「明日」が、彼を墓場に送り込むその日まで。

もちろん、次こそはとか、明日こそはとか、来年こそという気持ちは非常に大切なことですが、いつしかそれが慣れになって、慰めになってしまうと、今日の言葉のように、それを墓場まで持っていきかねません。いつしかその慰めは、自分は頑張っているという言い訳に使われかねません。何かを始めるときは退路を断つことが重要と言われるように、同時に期限を設けることも重要であるわけです。
名言

順境よし、逆境さらによし。松下幸之助さんの名言に学ぶこと。

誰もが厳しい状況や試練は避けて通りたいものであり、順境を望むものですが、やはり時には逆境が必要であると言えます。厳しい状況にぶち当たり、それを乗り越えるからこそ能力が高まり、発展があるわけです。常に順境であれば大きく成長する機会もないわけです。つまり、逆境が自分の力を飛躍的に高めてくれる。ならば、順境はもちろん良いことですが、逆境もまた大切なことである、この言葉にはそのような意味合いがあります。
名言

はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざり。石川啄木に学ぶこと。

人は、現状が上手くいっていないときにどういう思考になりやすいか。それは、もっと努力しよう、もっと時間を費やそうという思考になりやすいものです。一生懸命頑張ることは尊いことです。しかし、間違ったアプローチにその一生懸命さを費やしていては、はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざり、になりかねないわけです。
名言

稲盛和夫の名言。成功に至る近道などあり得ない。

あの松下幸之助さんも、「成功とは成功するまでやり続けることで、失敗とは成功するまでやり続けないことだ」という名言を残されています。こんな簡単な方程式なのに、なぜ世の中のほとんどの人が成功しないかというと、やはりそれほどまでにやり続けること、地道な努力を続けることが難しいからだと言えるでしょう。華やかな成功を得た人が、その舞台裏でやっていることは、意外と地味なことばかりです。
名言

アレクサンダー・グラハム・ベルの名言。一つのドアが閉まるとき、別のドアが開く。

一度ドアを閉めたのであれば、後ろを振り返らずに、新たに開いたドアの方向に向かって歩まなければなりません。もし後ろを振り返ってしまったり、閉まったドアに名残惜しさを感じてしまったら、閉まったはずのドアの方向に歩んでしまいます。そして不思議なことに、閉まったはずのドアはあなたの帰りを迎え入れ、簡単にドアを開けてくれます。人が何かを決断しても長続きしないことがよくあるのは、このことが原因だと言えます。