名言

名言

もし財布の中身を頭につぎこんだら、誰も盗むことはできない。知識への投資がいつの世でも最高の利子を生む。

自己投資は、他の投資よりも圧倒的なリターンを得られる場合がある。 言わば、自己投資によるリターンは無限大だと言える。それは自分という資本は磨けば磨くほど、制限なく可能性が広がるから。株式投資などの、年利何%というような相場なんかもない。磨けば磨くほど、色々な視点で物事を見ることが出来るようになるし、手法、ノウハウ、術が分かってくる。それ体得すればするほど、点と点が線でつながるように、可能性は広がってくるのだと思う。
名言

考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。

そしてヘンリー・フォードはこのようにも言っている。「私なら、何か問題があったら、立派な教育を受けた頭のいい人たちを雇って答えを出させる。そうすれば、自分の頭はすっきりした状態に保つことができ、もっと大事なことに使えるからね。大事なことというのは、たとえば『考える』といったことだよ。」今の世の中でも、仕事で大きな成果を上げるのは、知識やスキルを持っている人ではない。
名言

挑戦せずして成功なし

挑戦しない理由は色々あると思う。時間がない、お金がない、リスクが大きい、タイミングが合わない、労力をかけたくないなど。そのようにして、もっともらしい理由をつけるけれど、私は挑戦しない理由は一つしかないと思う。その理由は、一つの質問を投げかけることで見えてくる。その質問とは、「もし成功が保証されていたとしても、本当にやりませんか?」という質問。
名言

他人を押さえつけている限り、自分もそこから動くことはできない。

人を押さえつけて動かすということは、即効性があり、一見効率的なように見えるけれど、実は問題を作る諸悪の根源だったりもすると思う。人を自発的に動かしたいのであれば、当然だけど、自発的に動く動機が必要となる。 その動機とは、大きく分けて「喜び」、「信頼」、「恩」の三つに集約されるのではないかと思う。人を動かしたいのであれば、まず自分のあり方を見つめなおすべきだということ。
名言

他はこれ我にあらず。

他人はあなたではない。だから、あなたが他人を鑑賞しすぎるのも良くない。大事に大事に育てすぎて、親がいなければ何もできない子供に育つことがある。大事に大事に教育しすぎて、指示や補助がなければ何も部下に育つことがある。あなたの親切心から出てくる優しさが、時として人をダメにしてしまう場合がある。結果として、それは優しさではなく、残酷になる場合がある。
名言

死を恐れるよりも、死の準備のないことを恐れた方がいい。

死とは、いずれ誰もがたどり着く終着駅。どんな道を経由しようが、その終着駅に変更はない。長い旅路になる人もいれば、短い旅路になる人もいる。 徐々にその終着駅が見えてくる場合もあれば、突然その終着駅に着いてしまう場合もある。その旅路に色んな違いはあっても、誰もがそこで旅を終える。そこにたどり着く時に、満足な旅が出来なかったと後悔することは恐れた方がいいと思う。
名言

方向を見失った時、人間はいちばん苦しい。矢沢永吉の名言から学ぶこと。

例えば、何もかも失ったとしても、愛する家族という存在があるだけで頑張れることもある。それは家族という光があり、家族を支えるために生きるという自分の方向性が見えているからだと思う。そのような人は、きっとどんなに辛いこと、苦しいことが起ころうとも、家族だけは支えるという意思で、何度でも立ち上がり、光に向かって、自分の歩むべき方向へ歩み続けると思う。
名言

「おれは、助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」ONE PIECEルフィの名言から学ぶこと。

「俺は剣術を使えねェんだコノヤロー!!!」「航海術も持ってねェし!!!」「料理も作れねェし!!」「ウソも付けねェ!!」 「おれは、助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」「てめェみてェな無能な男を船長荷物仲間たちは、さぞ迷惑してるんだろう。なぜてめェの仲間は必死にてめェを助けたんだかなぁ。そんなプライドもクソもねェてめェが一船の船長の器か!!?てめェに一体何ができる!!?」
名言

芸能人格付けチェックで放ったGACKTの名言。知識は誰にも奪われることのない財産。

お金や車、不動産、あるいは人脈においても、いきなり失ってしまうという可能性はあります。地位や名誉もそうです。天災、詐欺、盗難、倒産など、人生には予期せぬ出来事がつきものです。この世に絶対はありませんから、今所有しているものをいつ失ってもおかしくありません。しかし、知識や経験だけは別です。それらは自分の中に内在しているものであり、他の何ものであっても奪うことは出来ないからです。
名言

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いたでしょう。だから、あなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい。

人は何も意識しなければ目の前のことばかり考えやすい生きものであるからこそ、自分の人生を長い目で見たり、本来あるべき姿を考えようとする機会はなかなかないものです。 だからこそ、自分の人生の最期という場面を、想像という力によって目の前に持ってくることで、人生の意義や自分の心の奥底にある部分に触れられるはずです。