名言

名言

君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない。「鬼滅の刃」煉獄杏寿郎の名言から学ぶこと。

己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け。君が足を止めて蹲っても(うずくまっても)、時間の流れは止まってくれない、共に寄り添って悲しんではくれない。逆境を乗り越えてさらに強くなるのか、逆境に打ちのめされてしまうのか、二つに一つ。その選択権は自分自身にある。
名言

自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。

そもそも人間とは、もともと愚かなものだと思う。こうしたいと思っていても能力が追いつかない。こうしたいと思っていても感情に流される。頭では分かっていても、冷静な判断が出来ない。誰でも少なからず愚かなところがある。だから、愚かである自分を責めたり、嫌になったりする必要はないと思う。愚かな部分があるからこそ、人は成長できるのだと思う。
名言

嘘をつかせてしまうほど人を追い詰めるな。

嘘をつく方が悪いに決まってる。けれど、この言葉にはほとんどの人が共感すると思う。それと同じで、例え誰が見ても相手が悪くても、自分の中にある原因を見つけることが出来れば、それが学びとなる。最悪の事態であっても、ただ最悪で終わるのではなく、学びを得て終えることが出来る。「窮鼠猫を嚙む」という言葉がある。 追い詰められるとネズミも猫に噛みつく。
名言

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は、きわめてシンプルである。

私の場合、大切にしたいと思っているものは3つだけ。家族、仕事、夢。正直、それ以外のことにはほとんど関心がない。そのせいで、時には冷たい人間だと思われたりすることもあるけれど、正直、誰に何を思われても、何を言われても構わないと思っている。それらの人が私の人生を保証してくれるのか?保証してくれるなら、嫌な人付き合いでもなんでもする。
名言

世にいう失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まで諦めてはいけない。

成功は成功するまで決して姿を見せないとも言われる。それはまるで、どこまで本気で成功したいのかを測るかのように、姿を隠し近づいてくるとも言われる。その代わり、その試練を乗り越えたら、湯水のごとく成功が流れ込んでくるとも言われている。大抵の場合はほどほどにあきらめることを前提に取り組んでいるんではないか、人生をかけて取り組んでいないのではないか、そんな風に思う。
名言

やらないことを決める。それが経営だ。スティーブ・ジョブズの名言から学ぶこと。

私たちは普段、一生懸命「良」をやっているけれど、実はそれが「最良」の邪魔をしていることがある。「良」に忙しくしすぎて「最良」であることが出来なくなる。多くの人は、このようにして人生の大切な何かを、知らず知らずの内に失っているのではないかと思う。やらないことを決めることは、自分の人生を真剣に考えることであり、自分の人生の舵取りを自分でするためには必須のことであると思う。
名言

最高の教師は子どもの心に火をつける。ウィリアム・ウォードの名言に学ぶ教育とは?

親が子供に教えるとき、上司が部下に教えるときなど、よく見る光景は、最初の段階の言って聞かせるだと思う。たくさんの親や上司が、こうするんだよ、こうあるべきだ、こうしなさいと教える。次の段階では、なぜなら、というポイントが入ってくる。それにより、説明されたことが理解しやすくなる。さらに次の段階になると、実際にそれを見せることによって、感覚を知ることが出来る。
名言

もし財布の中身を頭につぎこんだら、誰も盗むことはできない。知識への投資がいつの世でも最高の利子を生む。

自己投資は、他の投資よりも圧倒的なリターンを得られる場合がある。 言わば、自己投資によるリターンは無限大だと言える。それは自分という資本は磨けば磨くほど、制限なく可能性が広がるから。株式投資などの、年利何%というような相場なんかもない。磨けば磨くほど、色々な視点で物事を見ることが出来るようになるし、手法、ノウハウ、術が分かってくる。それ体得すればするほど、点と点が線でつながるように、可能性は広がってくるのだと思う。
名言

考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。

そしてヘンリー・フォードはこのようにも言っている。「私なら、何か問題があったら、立派な教育を受けた頭のいい人たちを雇って答えを出させる。そうすれば、自分の頭はすっきりした状態に保つことができ、もっと大事なことに使えるからね。大事なことというのは、たとえば『考える』といったことだよ。」今の世の中でも、仕事で大きな成果を上げるのは、知識やスキルを持っている人ではない。
名言

挑戦せずして成功なし

挑戦しない理由は色々あると思う。時間がない、お金がない、リスクが大きい、タイミングが合わない、労力をかけたくないなど。そのようにして、もっともらしい理由をつけるけれど、私は挑戦しない理由は一つしかないと思う。その理由は、一つの質問を投げかけることで見えてくる。その質問とは、「もし成功が保証されていたとしても、本当にやりませんか?」という質問。