名言

名言

「今日も生涯の一日なり」福沢諭吉の名言から学ぶこと。

今日も生涯の一日なり - 福沢諭吉 -「今日も生涯の一日なり」この言葉には、一日、一日を大切に、精一杯生きなさいという意味が込められている。そしてこの言葉には深い意味があり、二つの意味が込められていると私は思う。この言葉を解説するとき、多くの場合、明日はどうなるか分からないから、今日一日を精いっぱい生きなさいという意味で解説することが多い。
名言

人生には、二つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。

全ての出来事は、どれ1つ欠けても起こらない可能性がある。そう考えれば、今の自分があることは奇跡の連続から成り立っていることであり、それに感謝しなければならないと思う。そして、人生なんてほんの少しのズレによって大きく変わるのだから、気を付けなければならないと同時に、今後の自分に大いに期待するべきだと思う。
名言

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

エジソン自身は本当にそう思っていたと思うし、実際何かを成し遂げる人たちはこのように考えることが多い。試行錯誤しながら挑戦して上手くいかなかったことに対して、そのたびに失敗だと思っていたとしたなら、とてもじゃないけどエジソンのように成功することはおろか、1万通りを試すことさえ出来なかったと思う。人は捉え方によって次の思考や行動が全く違うものになると思う。
名言

あなたの能力に限界を加えるものは、他ならぬあなた自身の思い込みなのです。

エベレストの麓(ふもと)にいる人たちは、エベレストを登ることなんてできないと思っている。けれど、エベレストを登れば登るほど、麓に居た人たち、登ることなんて出来ないと言っていた人たちは脱落し、気が付けば同じ志、エベレストを登るんだ、登れるんだという人達しか残らなくなってくる。麓に居る人の声は登る気のない人たちの意見。登れば登るほど、志が高い人たちばかりに出会っていくものだ。
名言

自惚れ鏡というように、鏡は決して真実を映し出しません。「笑ゥせぇるすまん」喪黒福造の名言から学ぶこと。

真実を映し出す鏡を持つことはとても重要なもので、元々才能に恵まれていることよりもよほど尊いことだと思う。自分の間違いに気づくことが出来たり、自分の意見とは違う他人の意見を素直に聞き入れることが出来るということは、それだけで十分価値のあることなのだと思う。それが出来ることが、真実を映し出す鏡を持つことであり、自分自身が真実を映し出そうとすることなのだと思う。
名言

進路を決めるのは風ではない、帆の向きである。

世の中、どのような現象が起きようとも、それは航海で言うところの風であり、なぎであり、嵐に過ぎず、船の進路を決めるのは船長である。つまり、船長の心の持ち方次第であり、船長が明確な羅針盤を持っていなければ、風に流され、なぎに止められ、嵐に襲われてしまう。けれど、船長が明確な羅針盤さえ持っていれば、例え嵐に教われようとも、進路を見失うことはない。
名言

君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない。「鬼滅の刃」煉獄杏寿郎の名言から学ぶこと。

己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け。君が足を止めて蹲っても(うずくまっても)、時間の流れは止まってくれない、共に寄り添って悲しんではくれない。逆境を乗り越えてさらに強くなるのか、逆境に打ちのめされてしまうのか、二つに一つ。その選択権は自分自身にある。
名言

自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。

そもそも人間とは、もともと愚かなものだと思う。こうしたいと思っていても能力が追いつかない。こうしたいと思っていても感情に流される。頭では分かっていても、冷静な判断が出来ない。誰でも少なからず愚かなところがある。だから、愚かである自分を責めたり、嫌になったりする必要はないと思う。愚かな部分があるからこそ、人は成長できるのだと思う。
名言

嘘をつかせてしまうほど人を追い詰めるな。

嘘をつく方が悪いに決まってる。けれど、この言葉にはほとんどの人が共感すると思う。それと同じで、例え誰が見ても相手が悪くても、自分の中にある原因を見つけることが出来れば、それが学びとなる。最悪の事態であっても、ただ最悪で終わるのではなく、学びを得て終えることが出来る。「窮鼠猫を嚙む」という言葉がある。 追い詰められるとネズミも猫に噛みつく。
名言

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は、きわめてシンプルである。

私の場合、大切にしたいと思っているものは3つだけ。家族、仕事、夢。正直、それ以外のことにはほとんど関心がない。そのせいで、時には冷たい人間だと思われたりすることもあるけれど、正直、誰に何を思われても、何を言われても構わないと思っている。それらの人が私の人生を保証してくれるのか?保証してくれるなら、嫌な人付き合いでもなんでもする。