お金

お金

所得の水準と生活水準のバランスを取ることが大切。年収600万円以上も稼いでいてカツカツなどあり得ない。

この国では年収350万円から360万円の人が一番多いということです。そう考えると、中央値よりも倍近くの年収を得ている人たちが、カツカツだと言うことはあり得ないという私の意見もお分かりいただけるのではないかと思います。年収600万円以上稼いでいて生活がカツカツなのであれば、その半分近くである多くの人達は生きていけません。年収600万円以上稼いでいてカツカツだと言っているこの人たちは、知らず知らずのうちに自分の生活水準を上げているわけです。
お金

副収入を得よ!会社に主導権を握られていては自由になれない。

会社を辞めたいのに辞められないという人は、この国にどれぐらいいることでしょうか。それらの人がその決定を出来ないのは、給料の支払いという切り札を持っている会社に主導権を握られているからにほかなりません。そうであれば、少しずつでも主導権を自分で握れるよう、会社の給料だけに依存するのではなく、別の収入源を作ってみてはいかがでしょうか。
お金

ラットレースから抜け出すためには常日頃から軍資金を作ろうとする意識が必要。

ラットレースとは、ネズミが回し車の中でグルグル回っている姿を人間の人生に見立て、働いても、働いても、一向に資産が貯まらない状態のことを言います。いくら収入が増えても、結婚、子供の誕生、マイホームの購入、子供の進学など、ライフイベントもそれに合わせて増えていき、気が付けばなんの資産も築けていないという状況はほとんどの人が陥るものです。
お金

お金持ちになるためには稼ぐだけでも節約するだけでもダメ。バランスを取った意思決定が大切。

人が資産を増やそうと考えた時はやはり収入を増やすことに着目しがちです。バランスを取らずとも、大きな収入さえ得られれば、お金を使う事、お金を貯める事、軍資金を増やすこと、総資産を増やすことなどの他の事は補えると思っているからです。というよりも、そのバランスを取ることが難しいことであり、面倒くさいことであるということに本心では気づいているから、考えないようにして収入だけで補おうとしているのではないかと私は思います。
お金

お金持ちになる、あるいは貧困に陥らないためには、やるべき小さな決め事を守る事が大切。

夏休みの宿題は実は非常に優れていて、毎日少しずつやればきちんと期日までに終えられるように作られている。これは小さな成果を大きな成功へとつなげる人格形成の基礎になります。反対に、夏休み後半にまとめて一気にやるタイプは性格的になんでも後回しになりがちです。大きくなってからも『あとでやろう』が口癖になり、ダイエットも貯金もうまくいきません。
お金

私たちは車の運転ではかもしれない運転をするのに、お金に関してはだろう運転をする。

私たちは車の運転ではしっかりかもしれない運転をするのに、ことお金に関してはなぜかだろう運転をします。これぐらいの出費は大丈夫だろう、急にクビになる事はないだろう、事故や病気にはならないだろう。この思考が、貧困の自覚を無くしてしまいます。確かに得た給料をそのまま使っていれば、ある程度の贅沢も出来るでしょうし、それなりに楽しく過ごせると思います。
お金

稼ぐことも大切ですが、それよりも大切なのはキャッシュフローの構築。

例えば入り口よりも出口の方が大きければどうなるかと考えてみればすぐに分かると思いますが、せっかく入ってきたお金は簡単に流れ出てしまいます。あるいは、出口に至るまでのどこかに穴が開いていたら、そこからお金が漏れることになります。そうなると、いくら稼いだところで出ていくお金の方がどうしても多くなってしまうわけです。するともっと稼ぐ必要が出てきて、もっと苦しくなります。
お金

経済格差は加速し、長期に渡って続く。勝ち組になるか負け組になるか、二つに一つ。

生き方そのものが自由であり、情報に溢れている今、どんな行動をし、何をインプットし、どのようなアウトプットをするかがとても重要になります。昔みたいに、こうしておけば大丈夫という時代は終わったわけです。セオリーが崩れ、個人が尊重され、自由が増したからこそ、個人の日々の過ごし方が将来を決めます。自由だからこそ、格差が生まれるわけです。
お金

あなたはお金が好きですか?本当はお金ではなく、お金によって得られるものが好きなのかもしれません。

多くの人はお金が好きだと言いつつ、貯金を聞いてみるとほとんどなかったり、中には貯金ゼロという人も居ます。お金が好きなら、自分の手元に置いておきたいと思うはずです。しかしお金が手元に残っていないのであれば、それはやっぱりお金が好きなのではなく、それによって得られるものが好きなわけです。
お金

真面目に働くことはとても尊いこと。しかし真面目に働くことだけが美学ではなくなってきた。

真面目に働くことはとても尊いことでありますが、真面目に働くことだけが美学ではなくなってきました。自分のエネルギーを正しい方向に振り向けて、真面目に働くことが重要になってきています。自分の常識や固定概念を取っ払う必要が出てきました。今の時代の流れはそれほど早いものであり、自由であります。ただ真面目に働く人よりも、常識にとらわれずに考え抜いた者が勝ち組になる時代になってきているわけです。