お金

お金

働く世帯の貯金平均額は月10万円以上。稼ぐことよりも金融リテラシーを高めることが重要。

稼ぐことはもちろん大切なことですが、それよりも大切なことは、稼いだお金をどのように使うかということです。稼ぐということはやはり入り口にしか過ぎず、そのお金をどこの出口に向かって放出するのかが重要になってきます。今、あなたの稼いだ大切なお金は、どこの出口に向かっていますか? あなたを幸せにする出口に向かっていることを祈っています。
お金

投資によるリスクは国や会社が破綻してしまうリスクを補うものである。

見逃してはいけないことが一つあります。実は私たちは強制的に国の指示によって投資をさせられています。年金は、言わば老後への投資ということになるわけです。一昔前ならその投資は、まるで元金保証のように機能していて、確実な投資方法だったわけです。しかし、今の状況を見てみてどうでしょうか。投資した分より大きくなって返ってくるか、小さくなって返ってくるかは死ぬまで分かりません。
お金

今すぐLINE Pay、PayPay、メルペイなどのキャッシュレス戦争の恩恵にあずかろう。

キャッシュレス戦争が激化していますね。今現在、大々的なキャンペーンを打ち出して勢いのあるキャッシュレス決済はLINE Pay、PayPay、メルペイあたりでしょうか。現金払い派の人にしてみれば、どれも登録の手間が合ったり、やり方が分からなかったり、わずらわしい部分はあると思いますが、このキャッシュレス戦争の恩恵にあずからないのは非常にもったいないです。
お金

貧乏を経験した私が伝える貧乏から抜け出す方法とお金の大切さ。

私自身、貧乏な時は、「この私が何をそんなに悪いことをしたって言うんだ」と思うほど、なぜ自分が貧乏なのか分かりませんでしたが、今思うと悪い習慣が慢性化した状態でした。貧乏を経験したことのある方は気持ちを理解してくれると思うのですが、「貧乏だから、こうする以外の選択肢がない」ということです。お金が無いからまとめ買いがでいない、お金が無いから借金するしかない、お金が無いから安い物しか買えない。
お金

終身雇用崩壊でモテるモテないまで変わるの!?世の中の価値観が変わる時代到来!

「専業主婦は貴族の遊びになる」モテコンサル・黒ギャル銀行員が語る“令和時代のモテ”という記事がありました。この記事は面白いからぜひ読んで欲しいですね。記事中には、「男性たちは、“ひとりで家族を養う責任”を抱えきれなくなる」とか、「女性が男性におごる」時代になる。とか、終身雇用が終わると、「モテ」の価値観も変わるというような内容が書かれています。
お金

いくら稼ぐのかよりも、いくら残るのかが大切。

お金持ちとはどんな人かとイメージすると、まず収入が多いというイメージが湧くでしょう。確かに収入が多い人はお金持ちになりやすいかもしれません。実際に、お金持ちの中には高額所得者もたくさんいるでしょう。しかし、高額所得者でも貯蓄が少ない人はたくさんいますが、高額所得者ではないのにお金持ちもたくさんいます。ここが重要なポイントです。
お金

経済大国日本の時代は終わり。アジアの中でも豊かではないことに気づいてますか?

日本はほんの10年ほど前までは、アメリカに次いで世界2位の経済大国でしたが、中国にGDPで抜かれ、大きく突き放され、4位のドイツに近差に迫られている状況です。そして、これは今日参考にさせてもらった記事で知ったのですが、国民一人当たりGDPランキングで言うと、日本はなんと32位。これには少し驚きました。
お金

LINE Pay、LINEデリマ利用でピザーラのピザ+サイドメニュー4,250円が490円になった件。

我が家ではピザーラのピザが大好きなのですが、ブログタイトルの通り、本来なら4,250円の注文が、LINE Pay、LINEデリマを利用することでたった490円で購入することが出来ました。トータル3,760円のお得となり、88%引きということになります。世の中には知っているだけで得をして、知らないだけで損をすることが多々あるということです。
お金

収入よりも資産が大事なわけとは・・・。

スティーブン・R・コヴィーの著書、「7つの習慣」にはこのようなことが記載されています。「例えば、あなたの今いる部屋の空気がすべて突然なくなってしまったら、この本にどのくらい興味を持ち続けられるだろうか。本のことなど、どうでもよくなってしまうだろう。空気のこと以外には、興味など全く失ってしまうだろう。」つまり、空気のこと以外に興味を持つ余裕が無いわけです。
お金

ボーナスの使い道は貯金!長期に貯金しておくのであれば、投資に回して収入の泉を作ろう!

2019年夏のボーナスの平均は46万6326円で、昨年の平均の45万3521円から1万2805円増えたようです。そしてそのボーナスの使いみちをマクロミルが調査したところ、下記のような調査結果となったようです。1位「預貯金」(70%)2位「旅行」(29%)3位「外食」(25%)4位「ローン返済」(24%)5位「子供の教育費」(17%)