哲学

哲学

「家族のために頑張ってる」は絶対NG!誰かに尽くす本当の理由は自分がそうしたいから。

よく、家族のために頑張るとか、子供のために、恋人のために、○○のためにという言葉を聞きます。もちろん、家族のために、世のため人のために何かをすることは素晴らしいことだと思います。しかし、○○のためにというのは、結局自分のためでもある、と私はいつも思います。本当は〇〇のためにという言葉の上に、大体自分の感情が入るはずです。
哲学

人には人の幸せの形がある。幸せとはこういうものだという決めつけは大嫌いだ。

私自身、よくこのブログやツイッター(@KatsuTouch)などでお金は大事と言っているが、それが幸せに直結するとも思っていない。だから、幸せとはこういうものだという決めつけは大嫌いだ。自分の信じる幸せの道を歩めばいいと思う。ただここで言えることは、最低限自分の幸せとは何かということに向き合わなくてはならない。これだけは必須であると思っている。
哲学

性格ってなんだろう?妻と話していて思ったこと。

性格なんて自分にも分からない。そもそも性格ってなんなんだろう?性格なんてものは他人が勝手にその人のことをそういう風に映し出した像にすぎないんじゃないだろうか?こういう人間、こういう性格というように人を見るべきではないんだろうと深く感じた。自分の勝手な色眼鏡はしまっておき、今、その人の考えていることや言動を真剣に見るべきなんだろう。
哲学

お金が無いと幸せにはなれない?お金が無くても幸せになれるのだろうか?

今あるものに感謝できる人格の持ち主と、満足してしまう人は違うのです。つまり、足るを知ることと今の状況に甘んじることは違うということです。足るを知る境地でいる、つまり今あるものに感謝しつつ、未来をより豊かに、より幸せなものにする努力は必要なのです。