哲学

哲学

こんなにも違う!チャンスを掴む人とチャンスを掴めない人の3つの違い。

チャンスが目の前に現れたとしても、少しでも躊躇してしまったり、遅れをとってしまえばチャンスはすぐに逃げる。「幸運の女神には、前髪しかない。」のである。チャンスは必ず苦痛と一緒にやってくる。その苦痛に耐える覚悟のない者は決してチャンスを掴むことは出来ない。「この世は代償を必要としない報酬など存在しない。」のである。
哲学

「78:22の法則」とは。その黄金比に隠された秘密を解説。

「78:22(78対22)の法則」をご存じだろうか。これは世の中を構成している比率が78:22だという考えであり、この78:22という比率こそ黄金比率であると言う考え方。では、なぜこの78:22という比率が黄金比率なのか。「78:22の法則」、この法則を覚えておいて、得することはあっても損することはないだろう。
哲学

老害とは、自分は全てを知っていると勘違いし、プライドを持ち、謙虚さを忘れた老人である。

学ぶ姿勢、つまり向上心を持っているうちは、人間まだまだ成長できる。 この姿勢を失った瞬間に、老化は始まるのだと思う。年齢なんてただの数字にしか過ぎない。決してその人の人格を表すものではない。学ぶことをやめ、成長を止めてしまえば、ただ若さだけが失われていく。これこそが老化なのだと思う。年齢を重ねるから老化するのではなく、成長することをやめるから老化するのだと思う。
哲学

人が人を批判したり、怒りを覚える最大の理由は劣等感である。

発言小町にて。必要最低限の付き合いしかしない人というトピックが立っていた。必要最低限の付き合いしかしない人が不思議だというトピ主。トピ主の主張としては、大人で社会人になれば、友人以外の付き合いもしなければならないと思うとのこと。きっとトピ主はこの必要最低限の付き合いしかしない人に対して劣等感を持っているのだと思う。
哲学

この世に絶対はなけれど、原則はある。

この世に絶対はないけれど、原則というものはあると思う。この世の大原則に逆らえば、必ず返り討ちになる。例えば一見オカルトのような話で、笑顔でいることや挨拶をすること、感謝をすることで幸せになれると言われることがある。これには物理的な根拠や科学的な根拠は一切ないように思われる。けれど、笑顔でいると周りの人も楽しくなる。
哲学

本当の平等とは、不平等であることである。

自らが頑張って依怙贔屓してもらえるような人間に、あるいは依怙贔屓してもらえるようなお店、会社にならない限り、この先の時代を乗り越えていくのは難しくなってくると思う。本当の平等とは、不平等であることだと思う。今後進むであろう不平等であり、平等な社会で勝ち組になるか負け組になるか。今なら選択する余地はあると思う。
哲学

上手くいっているからいつもニコニコしているのではなく、いつもニコニコしているから何事も上手く。

最高の気持ちでニコニコ過ごすためには、心が満たされている状態である必要があると思う。そのような状態になるためには、ないものに目を向け不満を抱くのではなく、あるものに目を向け、感謝の気持ちを持つことが大事だと思う。結局は、結果を生み出す原点は自分の内側の問題であり、世の中をどのように見るのか、何にフォーカスし、どう感じるのかにかかっているのだと思う。
哲学

怒らないのと、怒れないのは全く違う。自分にとって大切なものが脅かされているときはヘラヘラ笑っていてはいけない。

自分が生きている意味みたいなもの、例えば、それこそ家族であったり、夢であったり、それら自分の人生の目的みたいなものを傷つけられたり、馬鹿にされても怒らずニコニコ笑っているのはちょっと違うと思う。それはヘラヘラしているだけなのではないかと思う。自分にとって大切なもの、大切な人、大切な事柄が脅かされているのに、ヘラヘラ笑っていてはいけない。
哲学

同じ景色を見ていても、どこにピントが合っているかで見え方は違ってくる。

よく、私の周りの人にはろくな奴がいないとか、レベルが低すぎるなんて言葉を聞く。けれどそれは、その人自身がそこにピントを合わせているのだと思う。周りにろくな人がいないのは、自分自身のピントがそこに合っているからだと思う。現状に不満がるのであれば、それは周りが悪いわけでもなく、環境が悪いわけでもなく、意識的にせよ無意識的にせよ、今まで自分が合わせてきたピントが悪いのだと思う。
哲学

気を使う人と気が利く人は違うって、知ってましたか?

気を使う人と気が利く人は違う。気を使う人とは、ほとんどの場合、自分がいい人に見られたい、あるいは嫌な人に見られたくないという本音があると思う。つまり、自分が可愛いと思っている人に多い傾向にあると思う。気が利く人とは、自分のことはさておき、相手のことを想っている場合が多いと思う。だから周りをよく見ているし、だからこそ気が利くのだと思う。