自己啓発

自己啓発

体にどのような栄養を摂取するかを考えるように、頭にも何を摂取するかを考えなければならない。

例えば食事なんかは、健康のためにバランスよく、体に良いものを食べようとする人は多いと思います。逆に、体に良くないとされるものは出来るだけ避けようとする人も多いことでしょう。それは、体に何を摂取すれば健康に良くて、何を摂取すると健康に悪いかということを気にしているからです。 つまり体という資本は大切にする傾向にあります。
自己啓発

ただ努力をするだけでは報われない。行動によって自分の感性を磨くことが大切。

十人十色という言葉がありますが、私たちは性格も違えば目指すものも違うし、能力も違えば人脈も違う。軍資金も違えば環境も違う。どれだけ正しいと言われていることを完璧にインプットしたとしても、自分合うかどうかは分からないわけです。だからこそ、自分で行動し、感じた事をどのようにアウトプットするかが大切です。感性を磨いていくことに努力を注ぐことが大切だと私は思っています。
自己啓発

成功者の真似をすることは非常に有効。しかし凡人との違いを見つけることの方がもっと重要。

成功者の真似をするというのは言わば教科書の通りに行動する事だと言えます。それでも、教科書通りに行動しているのですから、しっかり結果もついてきます。 しかし、その教科書が無くなってしまったら、あるいはその教科書には書いていないことが起こってしまったら、何をするべきかを一瞬にして見失ってしまうかもしれません。それに対して、成功者と凡人の違いを見つけるということは、公式を覚えて理解する事だと言えます。
自己啓発

苦労は美徳という固定概念は、簡単な方法を見つけようとする思考を邪魔する。

苦労は美徳、世の中は厳しい物、苦労しないとダメ、努力だけが成功のカギ、などと思っていると、実は裏に隠れている簡単な方法を見つけようとさえしなくなるからです。 夢を叶えるため、成功するため、事を成すために、苦労することにだけ集中し、一心不乱に努力だけをしようとするからです。つまり裏を返すと、簡単な方法を見つける努力をしなくなる、ということです。
自己啓発

意志とイマジネーションが争った場合、必ずイマジネーションの方が勝利を収める。

意志だけで立てた目標とは、言わば紙に書かれた目標だと言えます。それよりも、ハッキリと目に映る画像や写真の方がイメージが湧きやすいことは間違いありません。その画像や写真も、やはりモノクロよりもカラーの方がよりイメージが湧きやすいわけです。さらには静止画よりも動画の方がよりイメージが湧きやすいわけです。
自己啓発

知識は力なり。しかし、もっと重要なのは知識を目的達成のために転換する術である。

結論から言うと、確かに知識は力です。しかし、正確に言うと知識そのものが力を持っているのではなく、知識は力になり得るということです。知識、それ単体だけでは力にはなりません。どれだけ知識を詰め込んだとしても、それを活かせなければ何の意味も無いわけです。つまり、その知識を富に転換する、あるいは目的を達成するために転換することが重要であるわけです。
自己啓発

私たちは成功するために生まれてきた。今はたまたま上り坂が続いているだけである。

私たちは決してみじめな人生を送るために生まれて来たわけではありません。私たちは成功するために生まれてきたわけです。そして私たちの親も、私たちが幸せな人生を歩めるよう、小さいころから一生懸命育ててくれたわけです。私たちが生まれてきた理由も、私たちがここまで成長し、育ち、大きくなったのも、全ては成功するためです。失敗するために、みじめな人生を歩むために、私たちは生まれたわけでもなく、育てられたわけでもありません。
自己啓発

顕在意識は氷山の一角。しかし、強力な潜在意識を左右するのは顕在意識である。

自分はこういう人間であるという揺るぎない自信を持っておけば、その自信は90~95%の現実を作る潜在意識の門番となるわけです。潜在意識は無意識的なものであり、人生の90~95%を左右する強力な力を持っているものですが、その潜在意識の方向は、わずか5~10%の顕在意識をどのように使うかで決めることが出来るわけです。
自己啓発

すべてのものは二度つくられる。スティーブン・R・コヴィー博士から学ぶこと。

人は一度頭で考えたもの以外、創り出すことは出来ないという事です。まず頭で創造する、つまり考えるからこそ、こうしてみようという設計図が出来上がり、設計図が出来上がるから行動することが出来るわけです。そう考えれば、どんなに優れた才能を持っていようが、どれだけ素晴らしいスキルを持っていようが、考える事をしなければ、そもそもそれらの才能やスキルを活かすための行動が生まれません。
自己啓発

過去の生き方を後悔してるなら、今の生き方を変えて未来に後悔しない努力をしよう。

あの時こうしておけば良かったとただ後悔していても、過去を取り戻すことは出来ません。しかし、後悔を反省に変え、行動を変えることが出来れば未来を変えることは出来ます。要するに、後悔していることがあるなら、10年後も同じように、あの時にもっと頑張っておけば良かったと思うような生き方をしないことが大切です。