自己啓発

自己啓発

妄想は大切。その楽しさ、興奮、高揚感で目標達成の扉が開かれる。

大切なのは、夢が叶いますようにではなく、夢は叶っていると思い込むことです。その目標を達成した後の感情を先取りする必要があるわけです。その感情を先取りすることで、達成した後の自分をありありと思い描くことが出来ます。その感情を先取りすることで、達成した後の自分をありありと思い描くことが出来ます。元お笑い芸人の島田紳助さんはこのように言っています。
自己啓発

今にも飛び立ちそうなのに飛び立てないでいるのは、後輪が地面についたままであるからかもしれません。

私たちは大空に飛び立つつもりで滑走路を走り出します。何度も何度も滑走路を走って飛び立とうとしますが上手くいきません。今にも離陸しそうなところまで来ているのになぜ飛び立てないのだろう?疑問に思って機体をよく見てみると、飛び立とうという思いとは裏腹に、実は後輪が地面についたままになっています。大抵の人は、自分では気づいていないかもしれませんが、このような状態であるのではないでしょうか。
自己啓発

誰にも才能がある。ただ、その才能の活かし方と表現の仕方が分からないだけである。

今は引退してしまいましたが、元お笑い芸人の島田紳助さんはこのようにおっしゃっています。「我々なんか皆さんと何も変わりません。才能があって、天才であるなんて絶対ないですよ。ただ、そうあるようにどうやって見せるかだけなんです。」決して自分を過小評価してはいけません。私たちは誰もが普通の人であり、しかし才能と魅力を内に秘めている人でもあるわけです。
自己啓発

生まれた時代や環境に愚痴を言うべきではない。私たちは十分恵まれている。

時代の事をいうのであれば、私たちは恵まれていると思わなくてはならないと私は思っています。無いものにフォーカスすると、どうしても卑屈になって、不平不満が生まれ、愚痴を言ったり、比べたりして後ろ向きになってしまいがちです。しかし私たちはこれだけ自由であるという、あるものにフォーカスすれば、全てのことに感謝出来るようになり、前向きになり、視野が広がり、可能性が広がるはずです。
自己啓発

現状維持は衰退。歳を重ねるごとに貴重な〇〇という財産を失っていることに気づく必要がある。

若い時間とは大切で短いもの、つまり非常に貴重な時間であると言えます。こう考えると、実は歳をとるごとに若さという貴重な財産を失っていることに気づきます。だからこそ私たちは歳を重ねるごとに必ず成長していく必要があります。去年より今年、先月より今月、昨日より今日という風に、常に成長していかなければなりません。 そうでなければ、本人は今まで通り、現状維持だと思っているかもしれませんが、非常に貴重な若さというものを年々消費しているだけになるわけです。
自己啓発

人間の気持ちというものは移ろいやすいもの。他者の評価にどれほどの価値があるのだろう。

好かれることは簡単かもしれません。しかし、好かれること自体に本当に意味があるのでしょうか。人間の気持ちというものは移ろいやすいものです。昨日は好きと言っていたのに、今日になったら嫌いになっている。今日は嫌いと言っていたのに、明日には好きになっている。昨日の敵は今日の友という言葉もあります。言ってしまえば、それほどいい加減なものであるわけです。
自己啓発

痛みや恐怖を伴う困難にぶち当たった時こそ、真の力は養われる。

アメリカの小説家、リチャード・バックは、「すべての困難は、あなたへの贈り物を両手に抱えている。」と述べています。人は何の苦境や困難にぶち当たらず、痛みも恐怖も感じない状況では、平凡に、安易に過ごしてしまいがちです。しかし当然そこには何の成長もありません。やはり痛みや恐怖を伴う困難にぶち当たった時こそ、真の力は養われるものです。その事をしっかりかみしめておけば、今感じている痛みや恐怖は、成長に必要な負荷であると感じることが出来ると思います。
自己啓発

根性論だけでは成果は上がらない。正しい方向にエネルギーを注ぐことが重要。

結局は根性で突き進んだり、とにかく努力し続けるというように精神的なエネルギーを使うよりも、学び、考えるという思考にエネルギーを使う方が効果性は高く、そして精度も高いと言えるのではないでしょうか。もし、はしごをかけ違えていれば、一段ずつ昇るごとに間違った場所により早く近づくだけである。私の尊敬するスティーブン・R・コヴィー博士はこのように述べています。
自己啓発

横並びが大好きな日本人。そこから抜け出したいなら中途半端はやめてダントツを目指そう。

この集団意識のおかげで、もし集団から外れようとするものが居れば、それを叩きにかかるということもあります。よく言われる、出る杭は打たれるというやつです。自分たちと違う行動をする者が居ればまるで悪のように、その人を批判し、叩くということがよくあります。これもこの横並びが大好きな集団心理からくるものなのでしょう。もしかすると常識とは、この集団心理が勝手に作り出しているただの幻想なのかもしれません。
自己啓発

小さな成功体験がモチベーションの持続と成長を生み、自分の可能性の大きさを教えてくれる。

大きな成功を成し遂げるためには、少しずつ高い目標に挑んでいき、小さな成功体験を積み重ねることが重要であるわけです。その小さな成功体験にはたくさんの喜びや達成感があり、その人のモチベーションを上げ、前進する原動力を与えてくれます。小さな成功体験があるからこそ、その困難の向こう側に大きな喜びが待っていることを知っているわけです。