副業のすすめ!副業をやるべき理由は企業の構造と労働収入の限界にある。

ビジネス

働き方改革が進められるにあたり、世の中では副業解禁の方向へシフトし始めています。
すでに多くの企業が副業を解禁し始めています。

そんな動きもある中、あるデータでは副業に興味があると答えた人の割合は全体の約7割にもおよぶと言われています。
しかし、実際に副業を始めていると答えた人の割合はその中の1割程度であったそうです。

副業が解禁され始め、興味を持つ人が増えて来たにも関わらず、まだまだ実際に副業を開始している人はほんのわずかです。

私個人的には、やはり副業することをおすすめします。

企業の構造を見れば労働収入のデメリットが見える。

では、なぜ私が副業をすすめるのか。
お金を出来るだけ稼ぐ必要があることは大前提として、ではなぜ会社から得られる給与だけではダメなのか。

それは企業の構造を見れば分かります。

そもそも企業というものは、一人では出来ないような大きな仕事をしたり、大きなお金を動かしたりするために、たくさんの労働者を雇って運営するものです。

言うならば、オーナーがやりたいことを、労働者が労働することで進めていくものです。

つまり、オーナーは労働者を雇うことでレバレッジをきかせて、自分一人では出来ないことを成し遂げているわけです。

オーナーにそのようなつもりが有ろうが無かろうが、企業の構造とはそういうものです。
オーナーの方針があり、権限があるわけです。

この構造を考えれば、雇われる側である労働者というものは、やはりレバレッジの中の一部であり、功績を収めれば納めるほど確かに給料や賞与に反映されるでしょうが、当然成績や頑張りが100%反映されるわけではありません。

あなた自身、あるいはあなたの部署や支社、お店が功績を上げたのに、会社全体の利益が下がったためにボーナスが下がったというような経験はないでしょうか?
これは企業で勤めていれば当然のことであり、仕方ない部分であるわけです。

労働者でいる限り、成績や頑張りは必ずしも対価と比例しないわけです。
全てはオーナーが決めることであるわけです。

つまり、会社に勤めることで得られる収入には限界があるわけです。

また、今の世の中、いつどのような事態になるかも分かりません。
終身雇用も崩壊し、AIが導入され始め、企業はますます人員を削減してくることが予想されます。

また、例えあなたが頑張っていても、功績を残していたとしても、企業自体が赤字経営であれば、企業の存続自体が難しくなることもあります。

以前にこのブログでも書きましたが、企業の安定が崩壊し始め、個人の時代がやってきたわけです。
個人の時代がやってくる。進行する企業の崩壊。

副業によってビジネス収入を作る必要がある。

会社から得る給料だけでは限界があり、また不安定であることは前述のとおりです。
だからこそ、会社から得る給料、いわゆる労働収入の他に、自分でビジネスをすることで得られるビジネス収入を得る必要があるわけです。

先の例で言えば、オーナーにはオーナーの方針があり、権限があると述べました。
それは、オーナーは労働者ではなく、ビジネスを作った人であるからです。

つまりオーナーに雇われている労働者は労働収入を得ているわけですが、オーナーはそのビジネスを展開することで得られるビジネス収入を得ているわけです。

だからこそ権限があり、自分の給料も自分で決めることが出来ます。

労働者の成績や頑張りが100%反映されるわけではないのに対して、オーナーの成績や頑張りは100%反映されるわけです。

成績や頑張りは必ず対価と比例するわけです。

だから、個人である私たちも、労働収入だけではなく、このビジネス収入を作る必要があるわけです。
限界のある労働収入ではなく、無限の可能性があるビジネス収入を作るわけです。

とは言え、いきなりビジネス一本でいくのは危険です。
ビジネスの初期段階は安定しないものです。
だからこそ、独立、起業ではなく、副業をおすすめするわけです。

収入の柱を、給料という労働収入の1本柱にしておくのは前述のようなことから危険です。
その柱が倒れてから慌てても遅いのです。
やはり副業や投資をすることによって、その柱を2本、3本に増やしておく方がいいわけです。

やがてその柱が、給料という労働収入の柱よりも太くなる事だってあるのです。

最初は小さくてもいいので、副業で徐々に徐々にそのビジネスを大きくし、少しでも収入の足しになれば生活の安定性は大幅に変わることでしょう。

そしてそのビジネスが本当に大きくなれば、かなりの安定性を持ち、場合によっては労働収入から卒業し、ビジネス収入1本にしてしまう方が良くなる場合もあります。

いずれにせよ、この個人でなんでも出来る時代に何もしないのはもったいないし、危険だと思います。
これだけネット環境が整い、なんでも自由に発信することが出来、個人がメディアを持てる時代になったわけです。

この時代に生きている私たちは、個人でも無限の可能性があると思っています。

おすすめの副業3選。

とは言え、どんな副業をすればいいのか、何を始めればいいのか分からないという人も多いことでしょう。

冒頭に述べた、全体の7割が副業に興味はあっても、実際にはその1割程度しか副業に取り組んでいない理由も、何をしていいか分からないという部分があるのだと思います。

そこで、私なりにおすすめの副業を3つご紹介したいと思います。

FX

まず1番におすすめするのはFXです。
正確に言うと、FXというよりは短期投資をおすすめするということです。
つまり、FXでなくとも株式投資でもいいのですが、短期投資ということがポイントです。

長期投資になると、それは副業やビジネスではなく資産運用であると言えます。
どちらからと言うと稼ぐというよりは、長い間資産を運用することで、複利によってゆっくりと資産を増やす活動になります。

また、株式投資ではなくFXをおすすめする理由としては、
軍資金が少なくても始められるからです。

株式投資の場合、単元というものがあり、最低投資金額が決まっています。
1銘柄を買うのに数十万必要ということはザラにあります。

最低投資金額の安い銘柄を買うことも出来ますが、安い銘柄はリスクも大きくなります。
また、その安い銘柄の中から選ばなければならないという制限がかかってしまうと、その分他の投資家よりもチャンスロスになり、上手く運用しづらいと言えます。

そういう意味で、小資金からでも上手く運用すれば着実に稼ぐことの出来るFXをおすすめします。

とは言え、FXでもFX会社によって最小取引単位というものがあります。
最小取引単位が10,000通貨以上のFX会社も多いですが、小資金で始めたいのであれば1,000通貨から取り引きできるFX会社をおすすめします。

1,000通貨から取り引きできるFX会社に登録すれば、5,000円程度から始めることが出来ます。

1,000通貨から取り引きできるFX会社も複数ありますが、

私の利用している
トレイダーズ証券(みんなのFX)

もしくは利用者も多く、有名どころの
ヒロセ通商(LION FX)

あたりは、スプレッドと言われるいわゆるFXでの手数料も安く間違いないかと思います。

もちろん、FXなどの短期投資はリスクもあり、資金を減らしてしまう可能性もありますので、しっかり考えたうえで、無理のない範囲での取り引きが重要になります。

冷静な判断が出来なくなってしまうと短期投資は絶対に負けると言えますので、必ず余剰金で取り引きすることをおすすめします。

ただ資金を投資して減らしてしまうというリスクがあるのはどんなビジネスでも同じですので、その意味で小資金で始められ、なおかつ勉強して上手く運用すればしっかり稼げるFXを1番におすすめします。

メディア運営

次に私がおすすめする副業はメディア運営です。

先述したように、個人がメディアを簡単に持つことが出来、自由に発信する時代が到来したわけです。
これを活かさない手はないでしょうということです。

メディア運営とは、Facebook、インスタグラム、TwitterなどのSNSや、ブログ、YouTubeなどのツールを使い、個人で情報を発信したり、エンターテインメントを作ることです。

これらのツールにより、インフルエンサーという、世の中に影響力を持つ人がたくさん現れ始めたことは皆さんもご存知だと思います。

年収数千万、数億という人も多数生まれ始めています。

YouTubeを運営をするユーチューバーで言えば、ヒカキンさんはじめしゃちょーなんかはその代表格でしょう。

また、ブログを運営をするブロガーで言えば、はあちゅうさんイケダハヤトさんあたりは有名ですね。

また、インスタグラマーなるものも現れ、そこらじゅうでインフルエンサーが誕生しています。

これらの人たちは主に広告収入、もしくは自らのセミナーやサロン、書籍などで収入を得ています。

影響力のある人や、面白い媒体には当然人が集まってきます。
人の集まるところに広告を出すことで大きな収入を得られるわけです。

また、メディア運営をする最大のメリットは、
ストック型ビジネスであるということです。

つまり、一回労働したらその分の労働賃金で終わるわけではなく、
一度メディアを作ったら、そのメディアが削除されない限り永遠に人に見られるわけです。

寝ている間にも遊んでいる間にも、新たなメディアを作っている間にも、そこに動画やブログ記事、投稿がある限り、永遠に見る人が居るわけです。

それをどんどんどんどん作って積み重ねていくことで、作ったメディアはどんどん人に見られるようになり、どんどん収益が上がるメディアになってくるわけです。

この、やればやるほどストックされていくという部分がポイントです。

一度バズるような人気のメディアを作ることが出来れば、それだけでも永遠と見られ続け、収入が発生し続けることもあるわけです。

まずはコツコツ小さく積み重ねていけば、少しずつ見られるメディアとなり、少しずつ収入も発生していくことでしょう。

ストック型ビジネスの良いところは、やればやるだけ楽になってくることです。

その分、最初はほとんど収入が発生しないので大変ですが、長い目で見れば十分やる価値はあるでしょう。

ネットショップ運営

最後におすすめするのはネットショップ運営です。

物を売るのが難しくなってきた時代ですから、そう簡単に成功するのは難しくなってきているかもしれませんが、それでもネットというツールを活かすことで、可能性はまだまだ大きいと言えます。

リアル店舗では商圏というものがあり、普通はわざわざ遠方からお客さんが来ることはありません。
東京のお店に大阪の人がわざわざ行くのは、よほどその店にしか無いものを売っているか、他店にはない付加価値がある場合だけです。

また、営業時間というものがあります。
営業するにはスタッフも雇わなければなりません。

しかしネットショップは違います。

商圏は日本中、今は世界中どこでもと言えます。
営業時間は24時間営業、しかもスタッフが居なくとも勝手に売ってくれます。

リアル店舗を運営するよりも、何千倍、何万倍ものお客さんが来る機会があるわけです。
やはりここがネットで物を売る強みだと言えます。

また、これも先ほどのメディア運営と似たような部分があり、ストック型だと言えます。

一度お店を構築し、商品ページを作ってしまえば、後は商品ページが勝手に物を売ってくれます。

ただ、難しいのは人気商品を売っても、商品価格や広告費の問題で、個人が企業に勝つことはありません。
いかに出回っていない商品を見つけて売るかという部分がカギになってくるでしょう。

おすすめはやはり国内仕入れではなく海外に目を向けること。

今は個人でも簡単に海外から商品を購入することが出来る時代になりました。
海外で売られているものは、人気商品でも日本にほとんど出回っていないものが多数あります。
しかも、圧倒的に安く仕入れることも出来ます。

このあたりに着目すれば、まだまだネットショップで収入を得ることは可能だと言えます。

何も海外から仕入れることが全てではありません。
極端に言えばハンドメイドでもいいわけです。
実際、ハンドメイドで商品を売り、収入を上げている人もたくさんいらっしゃいます。
また、小口ですが職人さんにバッグを作ってもらってネットで販売して収入を得ている人を実際に私は知っています。

要するに、まずはネットという、商圏においても時間においても圧倒的有利な市場を活用すること。
そして間違っても他店と勝負しないことを意識すれば、個人であってもネットショップで成功する可能性は十分にあります。

まとめ

ここまで、労働収入には限界があり、それだけに頼るのは危険であるということ。
そして自分でビジネスを持つことの大切さ、副業の必要性を述べてきました。

私がおすすめする副業以外にも、個人で十分な収入を得られる副業はたくさんあると思います。

ただ、ポイントはネットというツールを使うことだと思います。

このネットというツールの誕生によって、個人でも大きな可能性を持つことが出来ました。
そこを活かすことで、得られる収入にも大きな可能性が生まれるわけです。

このネットというインフラが整った時代に何もしないのは非常にもったいないと思います。
まずは労働収入という柱の他に、もう1本、ビジネス収入という柱を作ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました