「学歴なんて関係ない」は負け惜しみ!という意見に物申そうと思う。

ビジネス

キャリコネニュースにて。
“学歴なんて関係ない”は負け惜しみ? 学歴が必要な理由「大卒じゃないとつけない職業はたくさんある」
という記事があがっていた。

この記事は、大卒の人たちが学歴の重要性についてそれぞれがコメントを残している。
その中には、
「『学歴は関係ない』という人は、単に負け惜しみを言っているようにしか思えません」
「大学卒業の学歴は必要です」
という、厳しい意見もあった。

現代社会において、学歴は必要なのか必要でないのかという討論は色々なところでされているけれど、いまだ決着はつかない。
それは、それぞれの思うところがあるので仕方ないと思うけれど、
私の見解を述べさせてもらうと、学歴は関係ないと思っている。
大学を卒業していない私が言うのも説得力がないかもしれないけれど、あくまで個人的にはそう思う。

もちろん、学歴はないよりあった方がいいと思うけれど、その程度のものだと思う。

学歴があった方が良い理由は、キャリコネニュース内のコメントでもあるように、事実として大卒でしか就けない仕事があるから。
大卒という条件を満たしていない時点で、就けない仕事がある。
そのため、仕事を選ぶ選択肢が大幅に変わってくる。
いくら働きたいと思っている企業があったとしても、その企業が大卒以上しか採用していなければ、大卒じゃないという時点で希望の職には就けないことになる。
私自身、若いころにその壁にぶつかったことがある。
けれど、大卒などで得られるメリットは正直それ以外に見当たらない。
確かに選択の幅が広がることは大きいけれど、それは入り口の間口が広がるだけで、大卒だからといって結果が約束されるわけではない。
つまり、学歴があるというのは、手段や選択肢が増えるということは間違いないけれど、実際社会の中に入ってみれば、ほとんど意味をなさないと思う。

逆に、大学を卒業するまでの4年間というのはとても大きいものがある。
若いうちの4年とは非常に大きくて、例えば新卒で入社した時、同じ年齢の人はすでに4年の社会人経験を経ていることになる。
ただただ社会人経験が4年あるだけの人はそんなに脅威ではないかもしれないけれど、中には4年で物凄い経験を積み、役職についている人もいる。
もしそのような人と同じ会社に就職したとするならば、入社した時点で同じ年齢の人が上司になっている可能性がある。
この場合、たった4年に見えるけれど、その差は4年で埋まらないことは簡単に想像できる。

大卒などの人は確かに学歴というアドバンテージがあるけれど、その分中卒や高卒の人には経験や時間というアドバンテージがある。

要するに、中卒であろうが大卒であろうが、結局は社会に出てからその人がどのような思考を持っていて、どのような行動をするかが重要であって、その点において、学歴はあまり関係がないと思う。
社会に出た途端に勉強をしなくなる人の方が多いのも事実。
結局は学歴よりも、その人の姿勢次第なのだと思う。

また、冒頭で紹介した、
「『学歴は関係ない』という人は、単に負け惜しみを言っているようにしか思えません」
というコメントに関しては、そもそも学歴に重きを置きすぎていると思う。
このコメントは、逆から考えれば、学歴がある人は勝ちだと思っているということになる。
そうであれば、恐らく学歴にあぐらをかきやすい人であり、実力に重きを置いていないかもしれない。
そのような人ほど、私の方が学歴があるのに高卒の人の方が給料が高いなんて不平等だ、などと言うのだと思う。
そしてそんな人ほど、年功序列には不満を持っていたりする。
私からすれば、あまり変わらないと思うのだけれど。

そしてもう一つ気になった、
「よくベンチャーで成功した人は『中卒でも大卒でも同じ』と言いますが、それはたまたまその職業で当たったからです」
というコメント。

たまたま当たって一時的な成功はあるかもしれないけれど、たまたまで長期間の成功はあり得ない。
そんなことは、誰もが分かっていることだと思う。
その人なりにたくさんの経験を経て、たくさんの失敗も重ねて、とてつもないプレッシャーと闘いながら勝ち取った成果なのだと思う。
それをたまたまだというのであれば、それこそ負け惜しみなのではないかと思ってしまう。

いずれにしても、大卒でも高卒でも中卒でも、結局は自分がどのように考え、どのように行動するかによって結果が変わってくる。
決して学歴によって結果が変わってくるのではない。

大卒だからいいわけでもないし、高卒、中卒だからいいわけでもない。
大卒だから悪いわけでもないし、高卒、中卒だから悪いわけでもない。

野球で言えば、リトルリーグ、シニアリーグ、名門高校、名門大学を経てプロ野球選手になったとしても、必ず成功するとは限らない。
町内会のソフトボールクラブ、無名の中学校、高校の野球部というようなプロセスでも、プロで活躍した選手もいる。

学歴があれば確かに入り口では有利なのだと思う。
けれど、出口までの道のりの方が圧倒的に長く、大切であることは言うまでもないと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました