働き方改革の影に潜む大きな問題点。死と背中合わせの時代がやって来た。

話題

現在、日本では国をあげて働き方改革が進められています。
もうすでに世の中に大きく浸透してきており、数年前までは大手企業だけが取り組んでいましたが、今や中小企業も残業時間を削減し始めています。
ついには、2019年から有給休暇の取得が義務化されました。

いよいよ本格的に、そして強制的に働き方改革が始まったと言えます。

サラリーマンからすれば、この働き方改革により、良い休日を過ごせたり、プライベートの時間が増え、嬉しいという方が多いのではないかと思います。

しかし企業側からすれば、その削減された残業分や、取得される休暇分の労働時間をどのようにして捻出するのか、あるいはどのように業務効率を良くしていくのか、頭を悩ませていることだと思います。

働き方改革をしよう、残業を無くそう、有休休暇を取得しようなど、言うのは簡単、そして取り組むことも出来るのでしょうが、その分をどのようにして補うかという問題は大きな問題です。

その労働分を上手く業務の効率化によって補ったり、人を雇って補ったりできる会社はいいでしょう。
しかしそのような会社ばかりではありません。

中小企業、あるいはもっと小さな零細企業で、もし業務の効率化が上手くいかなかったらどうなるでしょうか。

業務の効率化が出来なければ人を雇うしかありません。
単純に人件費がかさむということです。
つまり、経費が増え、利益が減るということです。

まずここに着目してほしいのですが、金銭的な負担を強いられるのは、給与支払者である企業側であるわけです。
その企業側が資金的に厳しくなった場合、誰に返ってくるかと言うと、間違いなく労働者であるわけです。
すでに一部では残業が無くなって収入が減って困っているという人も居るようです。

そして企業が資金繰りに困ってしまった場合、リストラを強いられる場合もあり、最悪は企業自体が倒産するということもあり得るわけです。
このようなスパイラルに陥ることは理解しておかなければならないでしょう。

今までは、お金が無ければ頑張って働けばよかったかもしれませんが、今は国をあげて働くなと言われているわけです。
収入を得たくても、働きたくてもそれを止められる時代であるというわけです。
働き方改革で自分の時間が増えた、ラッキーと思うことは危険であるわけです。

こう書きながらも、私自身は働き方改革には賛成派です。

今までは会社に縛られすぎて、会社に依存しすぎていて、収入とは会社からもらう給料であると思いすぎていたのではないかと思っています。
そういう意味では、会社に縛られない時間が増え、自分の自由な時間が増えることはとても素晴らしいことだと思っています。

しかし、だからこそこの事実を理解し、その自由な時間をどう使うのかをしっかりと考えなければ、ただただ働く時間を奪われ、収入が減ることになります。

働きたくても働けない時代が来たわけです。

自由な時間が増えると、その自由な時間をどう使うかで差が生まれてくるわけです。

企業がうまく業務の効率化が出来ればいいのでしょうが、もし出来なければ、能力がある人を働かせ、能力のない人を切るという人の効率化を図ることは明白です。

やはり今後は個人の能力がより一層重視され、経済格差が生まれてくる時代になります。
勝ち組、負け組がはっきり分かれる時代がすぐそこまで来ています。

働き方改革自体は素晴らしい改革だと思いますが、一歩間違えれば大きな破綻となりかねません。

そしてその改革のおかげで出来た自由な時間をどのように使うのか。

自由であるということは、それだけ自分自身で考え、責任を要するものであります。

自由も野たれ死にの自由と背中合わせ

と言ったのはかの有名な戦国武将、前田慶次です。

前田慶次の名言に学ぶ。自由を求めるのであれば、死と背中合わせの責任と覚悟を持つことである。

私が働き方改革に賛成である理由は、この自由な時間、自分本来の時間、自分があるべき姿の時間を得られる機会があるからです。

しかし、その自分との時間に向き合わず、ただ時間が出来てラッキーだと思っているなら危険だと思うわけです。

自由な時間を有効に使えないのであれば、その自由を拒否して誰かに従う方がよほど幸せなのかもしれません。
自分で考え、行動するよりも、与えられたことをやる方がよほど楽だからです。
それほど自由に生きるとは難しいものだと思うのです。

しかし、今後の世の中は、自由を拒否して誰かに従うということが許されない時代だということです。

だからこそ、まさに野たれ死にと背中合わせの時代に入ってきていることを理解し、自分の時間を有効に使う必要があるのではないかと思います。

その自由な時間を有効に使うことが出来る人にとっては素晴らしい時代になると思います。

全ては自分次第。

いよいよ、そのような時代に差し掛かってきたわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました