貯金が出来る人とそうでない人の差はほんのわずかな差でしかない。毎日継続される変動費は固定費になりうる。

お金

キャリコネニュースの記事より。

年収400万円台のランチ事情「たまに外食しても800円が目安。1000円を超えると食べていてもなんとなく苦しくなる」
年収400万円台のランチ事情 国税庁の民間給与実態統計によれば、給与所得者の平均年収は441万円。この年収400万円台の人たちは普段どのようなランチを食べているのだろうか。キャリコネニュース読者から寄せらた声を紹介する。 年収450万円の20代独身男性が「毎日外食したいが節約」というように、自分で作った弁当を持参する人...

仕事中のランチ事情は皆それぞれ色々と考えているようです。

お弁当を持参する人や、カップ麺だけでセーブする人、コンビニなどを利用して500円以内に収める人、たまに外食をしても1,000円以内には収める人など。
それぞれの事情の中でやりくりしていることがうかがえます。

もちろん私自身も仕事中のランチはかなり節約しています。
仕事中のランチで500円以上使うことは月に数えるほどです。

探せば安いお店は結構あるものです。

私のランチ事情を少し紹介すると、うどん、牛丼、ファミレスなど、大体同じ安いお店をローテーションで回しながら、スーパーで買って安くあげることもあります。
もちろんお弁当の日もあります。

結構食べるほうなので、コンビニを利用しても500円は軽くオーバーしてしまうので個人的にはコンビニはあまり利用しませんが、コンビニで済ますことが出来る人はそれもありだと思います。

あえて店の名前は言いませんが、牛丼を頼めばお味噌汁もついてくる店もありますし、うどん2玉食べても300円以内に収まるもあります。

一人分のお弁当を作るなら、外食した方が安いのではないか、と思える店はあるものです。

私も含め、たくさんのビジネスマンはランチ代を少しでも安くして節約しているようです。

以前に
無理なく節約する方法!私なりのおすすめ節約術9選!
という記事を書いたことがあります。

その記事の最後の方に、その節約にかける労力に対して見合った節約になっているかどうかが大事であり、その効果性を考えれば、固定費を見直すことをおすすめすると述べています。

固定費とは、毎月大体決まってかかる費用の事です。
つまり、家賃、光熱費、携帯代などのことになります。

ランチ代というものは、どちらかと言えば固定費ではなく変動費や消耗費に当たるものになります。

しかし、経理上では変動費となるランチ代なんかでも、月単位で見れば、ある程度決まった金額になる事を考えれば、これも固定費に当たると私は考えています。

例えば私のように毎日500円以内でランチを済ませようと考える人と、1,000円以内に済ませようと考える人を比べてみると、月20日が出勤日だと考えた場合、10,000円差が生まれ、倍の差が生まれるわけです。

1回1回の支出で見るとたった500円の差ですし、変動費であることは間違いありません。
しかし、毎日継続して支払うものと考えた場合、これを月単位で見れば固定費になりうるというわけです。

これを1年間続ければ、毎日のランチを500円で済ます人と1,000円で済ます人の差は12万円にのぼるわけです。

小さな事からコツコツと、積小為大(せきしょういだい)の精神はこういう所で力を発揮します。
小さな事であっても、毎日の事になると大きな差が生まれるわけです。

つまり、毎日継続される変動費は固定費と呼ぶことが出来ると私は考えるわけです。

恐らく皆さんがこのようにランチ代を気にする理由も、毎日の事になると大きな出費になるとなんとなく気づいているからこそ、数百円単位、あるいは数十円単位のことでも気になるのだと思います。

固定費を見直すことはもちろんですが、毎日継続される変動費は固定費だと考えることで、向き合い方も変わってくることだと思います。

そのように、コツコツと続けることに妥協しなければ、結果として大きな節約が出来ているはずです。

それなりに貯蓄がある人とそうでない人の差は、実はこのような小さなことを始め、継続できるかそうでないかという、ほんのわずかな差でしかないように私には思えて仕方ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました