節約するなら消費や浪費の変動費を見直すより固定費を見直せ!

お金

お金を貯めたいと思った時にまず思いつく行動としては2つ。
収入を増やすか、節約するか、この2つになると思う。

お金を増やすという意味では、投資という選択肢も入ってくるけれど、貯めたいと思った場合は投資ではないと思う。
投資はまず種銭がいるから、貯めるというスタンスとはまた違うと思う。

そうであれば、お金を貯めたいと思った時、やはり収入を増やすか節約するかになる。
どちらの方が簡単かと言えば、間違いなく節約する方だと思う。

例えば、何か欲しいものを我慢したりして浪費をせず、節約して月に20,000円浮いたとする。
月に20,000円稼ごうと思ったら、時給1,000円で働いている人が居るとするならば、いつもより月に20時間も余分に働かなければならない。(引かれる税金を無視したとしても)
月に20時間余分に働くとなると、結構な拘束時間となり、自由な時間を大幅に奪われると言ってもいい。

また、会社員の人で考えれば、人それぞれだけれど、月に20,000円昇給しようと思ったらどれだけ大変で、年月がかかることか、容易に想像がつくと思う。

そうなると副業という手が思い浮かぶけれど、自分に合った副業で、上手くいけば20,000円ぐらいは稼げるけれど、そう簡単なものでもないし、やっぱりその分ある程度余分に働かなければならない。

そう考えれば、浪費をせずに節約をした方がよほど簡単で効率が良く、すぐに結果が出る。

けれど、節約と言っても2種類ある。
それは、消費や浪費などの変動費の節約と、毎月決まってかかってくる固定費の節約。

結論から言うと、変動費の節約をするよりも、固定費を節約する方が断然効果が高い。

例えば、安い野菜を買うために、近くのスーパーではなく少し離れたスーパーに行ったり、必要なものを安く抑えるために100円均一やその他ディスカウントストアで揃えたり、電気をこまめに消したり。
これも大切な節約であることは間違いないし、やらないよりはやった方が節約になるけれど、それらの節約をしたとしても、恐らく月に浮くお金は数百円、数千円程度だと思う。
頑張ったら1万円を超える節約になるかもしれないけれど、その労力とストレスは結構大きいと思う。

それよりも、毎月かかってくる固定費を見直すことの方がよほど大事で効果があると言える。
例え数百円でも、毎月かかってくる費用がなくなるのはとても大きい。

毎月かかってくる固定費の代表的なもので言うと、

家賃。
持ち家や車などのローン。
医療保険、災害保険などの保険。
携帯料金やインターネット、電話回線などの通信費。
動画サイトなど娯楽にかけるサービスの月額利用料。
その他毎月支払っているもの。

ざっとあげるだけで、これだけ無条件に毎月費用がかかってくるものがある。
ここを見直すことで、毎月かかってくる費用が数千円~数万円変わってくる。

変動費の数百円を、必死にストレスを溜めながら削るよりもよほど効率的で効果的だと言える。

変動費より固定費を見直すべきだということは、多くの節約ノウハウで言われているけれど、それでも大抵の人は固定費よりも変動費を見直そうとする。

その理由は、固定費よりも変動費を節約することの方が簡単で取り掛かりやすいからだと思う。

いつも1,000円のランチを食べていたとしても、少し節約して800円のランチで我慢することは比較的容易。
ほんの少し我慢して、安い方を選択すればいいだけだから。

けれど、固定費の見直しはそうはいかない。
まず今自分がどれだけの費用を支払っていて、そのうちどれが必要で、どれが無駄で、どれを削っていいかなどを見直す必要がある。
それを見直すことに時間がかかるし、見直してプランの変更や契約のやり直しなどに時間と労力がかかる。

つまり、面倒くさいし煩わしい。
だから、固定費を見直すほうが良いと言われても、なかなか行動できない。

けれど、1,000円のランチを800円にしたり、安さを求めてわざわざ遠くのスーパーに行ったり、光熱費を浮かすためにこまめに電気を消したりするのは大変だしストレスが溜まるし、何より、労力に対して効果が低すぎると言える。
そうであれば、確かに面倒くさいけれど、一度面倒くさい思いをすれば今後ずっと大きな金額が安くなる固定費を見直すほうが絶対に良いと言える。

仮に、自分の住んでいる家が本当に適切なのかを見直して、もっと安いところでいいとなったのであれば、それだけで月に数千円~数万円浮く。

保険のプランも本当に自分に必要なのかを見直せば、必要のないものはいっぱいあるはず。
災害保険に関しては、家を借りたときに不動産屋さんに勧められたまま契約している人が多いけれど、その内容をほとんど把握していなかったり、なんとなく契約した人が多いと思う。
実はそれも相当無駄なオプションがついていることが多い。

携帯にしても、いわゆる三大キャリアを使っている人と、格安simを使っている人では倍ほど固定費が変わってくる。
家族全員が三大キャリアを使っているのと、格安simを使っているのとでは、それだけで数万円の差が出る。

確かに 固定費の見直しは手間がかかるし煩わしい。
けれど、毎月のことであり、金額的にも大きいから、一度見直すだけで変動費の比じゃないぐらいの節約になる。

固定費の見直しは破壊力がある。

具体的に何を見直せばいいかという点について近々このブログで書こうと思うけれど、まずはこの固定費を見直すことの重要さを知ってもらえればと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました