お金を支援することは引きこもり問題の解決にはなりえない。

教育

日刊SPA!の記事でこんな記事を見つけました。

子供の引きこもりで破産する家庭「退職金を取り崩すも…」 « 日刊SPA!
「子供」の引きこもり問題が定年家計を破綻に導く長引く子供の引きこもりが、定年破産の一因となるケースも少なくない。埼玉県在住の真鍋静子さん(仮名・66歳)は、次のように打ち明けた。「今年38歳になる息子は14年前にウツで会社を辞めて以来、定職に就かず引きこもっています。子供の生活費や年金の支払いに加え、外出するきっかけに...

内閣府が発表した中高年(満40歳~満64歳)の引きこもり数が61万3000人という調査結果があります。

引きこもりは若い世代にあるものだと思っていましたが、決してそうではないんですよね。

日刊SPA!の記事中には、

「定年前後は引きこもり問題を含めて老後の生活設計をするべき。“いつか働けるようになるのでは”と期待するのではなく、“もう一生働けないかもしれない”という最悪の事態を前提にして、家計を可視化することが最善です」

という部分があります。
私もそのように思います。

車の運転でも「だろう」運転が良くないように、人生でも「だろう」はよくありません。

あまりネガティブになりすぎるのは良くありませんが、人生プランを設計するということに関しては「だろう」ではなく「かもしれない」を前提に計画を立てる必要があるでしょう。

しかし、記事中で、

「親が持つ住宅や預貯金などを活用し、親亡き後も引きこもりの子供が平均寿命程度まで食べていくための生活設計」

を推奨している部分は、私はどうも納得できません。

さらにこう続きます。

「年金を月6万円受け取ると仮定して、子供が20年間ひとり暮らしするには、親は少なくとも1000万円は残したい。残せそうにないなら、就労支援などを利用して、月に数万円稼ぐことを模索するのが現実的です」

うーん。

ここまで来ると、親は子供の面倒をいつまで見るのか、という部分が焦点になってきそうです。

こんな言葉を聞いたことがあります。

「「親」とは、木の上に立って見ると書く。子供の人生にのこのこ出てくるのは親とは言えない。」

この意見には賛否両論があるでしょう。

しかし、今回の件に関して言えば、
「いつまで子供の面倒を見るの?」
ということは言えると思います。

自分の子供のことを考えて、自分の人生として自分の将来設計を考えることは必要でしょう。
しかし、自分が死んだあとまで、子供の人生設計を考えるというのはいかがなものか。

子供を一人の人間として尊重するならば、そこまでする必要は無いと思うんです。

親、子供の関係性は尊いものですが、いつまで面倒を見るのですかという疑問があります。

それよりも、やはり自分自身が死んでしまっても、子供が一人でやっていけるように取り組むことが重要なのではないでしょうか。

引きこもりとは、そんな簡単なものではないという意見もあるでしょう。

実は私自身、精神的な病にかかって、外出すること自体困難だった時期があります。
その病の重度もあるでしょうが、私自身も辛かったからこそ言えることがあります。

それは、人は本当に追い込まれたら、生きていくために何とかするものだ、というです。

先日このブログで書いた記事の中に、私自身の貧乏エピソードを書いた記事がありましたが、その貧乏を生んだのもこの病のせいだと言っても過言ではありません。

私もその病が重かったときは、いつまでも引きこもっていたかった。

しかし、そんな余裕がないのです。
生きていけないのです。
外に出て、働くしかないのです。

毎日めまいがし、過呼吸になり、吐きました。
それでも生きていくためには外に出て働くしかなかったのです。

そして以前ほどではないですが、今でも人ごみに入ると体調が悪くなります。

だから、なんらかの病にかかって引きこもってしまっている人の気持ちは普通の人よりも分かっているつもりです。

だからこそ、子供を一人の人間として尊重しているのであれば、少しずつでいいから、一人で生きていける生活を送れるように支援してあげて欲しいと思います。

お金を支援するとか、生きていける環境を支援するというのは、
その場限りの精神安定剤にしかすぎません。
いつまでもバンソウコウを貼り続けているにすぎません。

そうしてあげることで、生きていくことは出来るかもしれませんが、生きていくだけが人生なのかということです。

そして何より、親にも一人の人間としての人生があります。

こういう問題はナイーブな問題で、これが正しいとか、こうすべきだという正解はありませんし、こんなことを書いていること自体、私は無責任なのかもしれません。

しかし、少しずつでも環境を変えない限りは、現状から変わることはありません。

いくら大切に育てていても、親が死んでしまった後はやはり面倒を見ることは出来ないわけです。
資産をいくら遺していても、その後どうなるかはわからないわけです。

それならば、今お金を遺してあげる計算をするよりも、その子が一人で生きていける人間いなるよう支援してあげる努力の方が大切だと思います。

とは言え、おそらくこのような問題を抱えている親はそのように取り組んでいると思います。

その親に対してのメッセージではなく、自分が死んだあとも子に資産を遺してあげる人生設計を立てるべきだという意見が腑に落ちなかった、という記事でした。

とりとめのない記事になってしまいましたが、これに関する意見、苦情も受け付けます。
皆さんの意見もお聞かせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました