人に合わせるのが疲れるのは、自分の考え方に自信が無い証拠。

哲学

先日ある友人が、
「最近職場の人に合わすのが疲れる」
と言っていました。

私は基本的に人に合わす必要は無いと思っている人間なので、
「人に合わせる必要は無いよ」
と伝えました。

しかし、なんとなく腑に落ちない雰囲気でした。

確かに、人に合わせる必要は無いとはいえ、職場の人間関係のこともあり、完全に合わせないということは難しいかもしれません。
しかし、それで疲れたり、自分の意志やスタイルがブレるのであれば、やはり私は人に合わせる必要は無いと思っています。

そのあたりを話していると、どうもその友人は人に合わせることに疲れているというのは表面的なことで、人に合わせないことや、他人と違う意見を持つことで、悪口を言われたり嫌われたりすることに恐れているということが分かりました。

これは潜在的に誰もが持っている感情ではないでしょうか。

この感情があるばかりに、自分らしさを出せない人はたくさんいるでしょう。

しかし、シェイクスピアの言葉に、
貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の中の悪口はまぬがれない。
という言葉があります。

どれだけ他人に合わせて人に好かれる自分を演じたとしても、

「あの人は八方美人だ」
「自分の意見が無い人間だ」
「裏表があるよね」

というようなことを言われるかもしれません。
どんなに人当たり良く完璧にこなそうとも、どこかで必ずあなたを否定する人や悪口を言う人は居ます。

世の中には悪口を大好物としている人たちがいるからです。

そういう人たちは、悪口を言うことで他人とのコミュニケーションをとろうとします。
その心理としては、悪口を言うことで、自分の考え方を誰かに聞いてもらって、認めてもらいたいという心理が働いているのでしょう。

否定的な表現になってしまいますが、そういうことでしか自分を主張することが出来ないのです。

そういう人たちは、そもそも今日言ったことと明日言うことが違います。
また、Aさんに言うことと、Bさんに言うことも違います。
一貫性がありません。
その一貫性のない意見に振り回されるから疲れるのかもしれません。

当然、そういう人たちを気にする必要はありません。
もしそういう人との付き合いに困っているのであれば、あなたに何のメリットもありません。
付き合いをやめるか、状況的に付き合っていかざるを得ないのであれば、割り切って付き合う必要があるでしょう。
割り切った付き合いをすれば、そこで自分を乱されることはありませんし、疲れも減るでしょう。

しかし、もう一つあなたを否定する人たちが居ます。
それは、そもそもあなたと考え方が違う人たちです。
こればっかりは仕方のないことです。

あなたが、これが正しいと思うことを、絶対に良くないと真逆にとらえる人もいます。
あなたが、あの人の考え方は間違っていると思うのと同じように、向こうもあなたの考え方が間違っているととらえるわけです。
同じように神様を信仰する宗教でさえ、あの考え方は間違っているとなるわけです。

どちらもそれが正義だと思って行動するわけです。

そうであれば、やはり自分の信念は貫くべきであり、人の意見に振り回されてはいけないと言えるでしょう。

しかし、先に述べた、ただ悪口が好きな人の意見と、このような反対意見は違います。
その考え方を断固として拒否するか、自分と違う意見でさえ吸収するかでは大きな差が生まれるわけです。
出来ることなら、自分と全く違う考え方の人の意見も吸収していきたいものです。

しかし、もしその考え方で自分自身がブレるのであれば、人の批判はまぬがれないと理解したうえで自分の道をひたすら突き進むべきだと私は思います。

人の考え方や意見、または悪口にとらわれるのはまだまだ自分の考え方に自信が無い証拠です。

自分が正しいと思うのであれば、まずはただひたすらにその道を突き進んでみればいいと私は思います。
そして自分の考え方を確立するべきです。

そうしていくうちに、自分の考え方に自信を持てるようになり、全く違う意見にも聞く耳を持てるようになるでしょう。

世の中には間違ったことや正しいことなんてものは一つもなく、それをどうとらえるかという自分と他人があるだけなのです。

そして少なくとも、そこに疲れを覚えるのであれば、自分が無理をしているということです。
それは自分を押し殺している証拠と言えるでしょう。
時にはそういうことも必要でしょうが、根本としては、やはり自分を大切にしていきたいものです。

そんな話をした夜でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました