本当の強さとは、自分の弱さを真っ向から見つめ、受け入れることが出来ること。

スポンサーリンク
自己啓発

強い人、弱い人。
強者、弱者。
世の中には確かにこの2パターンがある。
けれど、強いとは、あるいは弱いとは何なのか、その定義はいまいち分からない。

一般的に言えば、強さ、弱さは何らかの対象と比較して使われることが多いと思う。
AチームよりもBチームの方が強い。
BチームよりCチームの方が弱い。
DさんよりEさんの方が強いなど。
あるいは、あの人は強い人だという、一見比較対象がないように思える場合であっても、一般的にはとか、平均的にという意味合いが込められていると思う。

確かに他人と比べて強い、弱いを測ることは出来るけれど、世の中は決して勝負だけではない。

上には上がいるし、下には下がいる。
自分よりも弱い人と比べていれば、自分はいつまでも強く居続けられる。
けれど、上を見上げれば、いくらでも自分より強い人はいる。

何らかの対象物と比較して、他人との勝負という考え方で強さ、弱さを測っているうちは、いくらでも強い存在で居られるし、いくらでも自分より強い存在はいる。
この世界観に身を置いているうちは、強さ、弱さは単なる力比べになってしまう。

けれど、前述のように、世の中は決して勝負ではない。
そういう一面もあるけれど、それなら弱い相手を探し続けることが強い人間になるコツになってしまう。
実際にそういう風にして弱者を見つけ、常に強者で居ることでマウンティングするような人もいるけれど、そういう人たちの末路は誰もが知っていると思う。

人には得意なこともあれば不得意なこともある。
向き不向きもあれば、目指すものも違う。
だから、強さや弱さは他人と比べることで測るものではないし、測れるものでもないと思う。

つまり、強さ、弱さを測る物差しは、実は自分の外側にはなく、自分の内側にあるものだと思う。
そして自分の内側にある強さ、弱さとは、自分の弱さをどれだけ真っすぐ見つめ、受け入れることが出来るかだと思う。

人は常に強くいたいもので、弱さを受け入れたくないものだと思う。
そのために人は、時折言い訳をしてみたり、嘘をついてみたりする。
そのために人は、弱者を見つけ、虚勢を張る。
けれど、それらは自分の弱さを受け入れられない弱者がすることだと思う。

本当に強い人とは、自分の弱さを受け入れることが出来る。
自分の弱さを受け入れることが出来るからこそ、その弱点を補うことが出来る。
そうであるからこそ、人の弱さも受け入れることが出来るのだと思う。
それが人間の本質的な強さだと思う。

そのような人は、やがて勝負事でものし上がることが出来る。
そうでない人は、自分の弱さに目を伏せることになり、結果、強者というポジションを好む弱者になるのだと思う。

他人と比較しているうちは、自分の強みばかりにフォーカスし、自分の弱さを見ようとはしない。
自分の弱さを真っ向から見つめることが出来ない者は、本当の強さを得ることは出来ないと思う。

自分の弱さを知ることで強くなれる。
強い人は、他人の弱さも受け入れることが出来る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました