評価基準が曖昧な会社というものは、すべてが曖昧で、ずさんなんだと思う。

ビジネス

キャリコネニュースの記事にて。
曖昧な評価基準に対する不満「ミスしたら減給なので働くだけムダ」「残業する人=偉い」という風潮に疑問の声も
という記事が書かれていた。

うちの会社の体制がとか、うちの上司の考え方がとか、会社の不満を漏らすときに必ずと言ってもいいぐらい出てくるワードだ。
そのワードを社員や部下に出させてしまうかどうかということに関して、この評価基準というものは大きなポイントとなる。
会社で働くことは大変なことだらけということは誰もがわかっていることだけれど、その苦悩や努力をきちんと評価さえしてもらえれば、その不満は大きく解消されると思う。
しかし、大変な思いをするだけして、きちんと評価もしてもらえなければ、モチベーションを保つことは出来ない。
そう考えると、この評価基準を明確にすることがどれだけ大切なのかが分かる。

評価基準が曖昧で、上司の気分次第であったり、上司の考え方に合っているかで評価が決まるという会社は、実はとても多いんじゃないかと思う。
だから、いまだに太鼓持ちやゴマすりがいるし、イエスマンもいる。
もしかすると、そのような会社で生き残るためにはそれが一番正しいやり方なのかもしれない。

でも会社の評価基準に対する不満を持つ人が多くなっていて、社内の不当競争に多くの人が気づき始めている現状を考えると、今後そのような会社が発展することはないと思う。
終身雇用も崩壊していて、昔よりも転職することに関しての認識は軽くなっているし、転職だけに限らず、独立、起業に関してもハードルはグンと低くなっている。
起業というほど大きなものでなくとも、個人事業主としてやっていく、フリーランスという言葉も定着してきた。
副業も解禁され、今後より一層個人の時代になっていくと思う。
そう考えれば、優秀な人ほど自分をきちんと評価してくれない会社からは離れていくと思う。

今まで会社というものが圧倒的な力を持っていたけれど、今は個人の力もとても強い。
だから、昔なら評価基準が曖昧であろうが、理不尽であろうが問題なかったかもしれないけれど、今はきちんと個人を評価しなければ、人の流出は防げない。

そもそも評価基準が曖昧な会社は、会社自体の方向性や方針が曖昧であるか、その方針が社員に浸透していないんだと思う。
船長がどこに進むべきかが分かっていないなんてことは論外だけど、船長の北へ進むという意思がほかの船員に伝わっていなければ、やっぱりこれもうまくいかない。

例えば北へ進みたいはずの船を、船員の一人が一生懸命南へ向けて動かそうとしているとする。
それでも、北へ進みたいということが分かっていないから、人一倍頑張っているその船員を評価してしまう。
評価基準が曖昧な会社はまさにこのような状態だから、何が正しい成果であり、何が正しい努力であるかが分かっていないから、評価基準が上司のさじ加減になるのだと思う。

これは残業をする奴は偉いという風潮にも繋がっていると思う。
プライベートの時間を犠牲にして、人よりも頑張っているからあいつは偉い!ということになるのだと思う。
でもそれは仕事とは嫌なものであるという前提で人を評価していて、仕事が我慢大会になっているからそのように感じてしまうだけだと思う。
だから、長時間仕事をする人が偉いと感じているだけなんだと思う。
だけど前述のように、もし北へ進めるべき船を人一倍頑張って南に向けているのであれば、それは評価するべきではない。
やっぱり間違っていることは間違っている。

スティーブン・R・コヴィー博士の著書「7つの習慣」では、
まず仕事にとりかかってもらう前に、会社や上司が望む結果を明確にし、その結果を出すにあたり守らなければならないルールや条件を明確にし、結果を出すために活用できる資源(使える人材やお金など)を明確にし、責任に対する報告(結果を評価するために使われる基準や評価する人、その報告と評価はいつ、どれぐらいのスパンでなされるものなのか)を明確にし、評価による賞罰(金銭的な報酬、昇進など)を明確にすることが大切であると書かれている。

こう書くと難しく感じるかもしれないけれど、
要は求める結果はどんな結果なのかを明確にし、それに使える資源も明確にし、そしてそれによってどのような評価と対価を得られるのかを明確にすることが大切だということ。

会社や上司の都合の良いように仕事をやらされるだけやらされて、その結果ほとんど評価されない、では誰も楽しく仕事なんて出来ないと思う。
でも、もし求められている結果が明確で、その結果を出した場合の与えられる評価や対価が明確なのであれば、会社のためというよりも自分のためにという思いで、モチベーションを高く持って頑張れると思う。
そして守らなければならないルールや条件が明確になっていて、結果を出すために活用できる資源も明確になっているのであれば、その範囲内であれば自分のやりたいように出来る。
ある程度の自由も与えられ、結果を出せばきちんと評価されることが約束されている。
これぐらい自由で明確であれば、仕事も楽しいと思う。

結局、評価基準が曖昧な会社というものは、すべてが曖昧で、ずさんなんだと思う。
今まではそれでも良かったかもしれないけれど、今は社員が会社のことを評価する時代になってきていると思う。
そんないい加減な会社はすぐに見透かされ、優秀な人材から抜けていく。
その結果、その会社の発展はない。
人が人を見るときに、一貫性があったり、一つ芯が通っている人に魅力を感じるように、やっぱり会社にも一貫性と方向性の指針がないとダメなんだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました