池袋事故。容疑者と呼ばれない?逮捕されない?そんなことよりもっと重要なこと。

話題

すでにかなりの話題になっているので、皆さんこの事故に関してはご存知だと思います。

「アクセル戻らず」 87歳男運転の車が暴走、10人死傷 母子死亡 東京・池袋(産経新聞) - Yahoo!ニュース
19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋の都道で、「車が歩行者をはねた」と1 - Yahoo!ニュース(産経新聞)

現場にいた6人が重軽傷を負い、31歳の女性とその娘の3歳の女の子の母子が死亡しました。

単純に悲しすぎるし、理不尽だし、怒りすら覚えてしまいます。

しかし、このまま悲しい事故として終わらせておくと、時が過ぎて喉元が過ぎたあたりにまた同じような事故が起こるでしょう。

今までにも、同じように高齢者が死亡事故を起こした例は数えきれないほどたくさんありますが、今回の件で、みんなの意識が変わったのではないでしょうか。

事故はなぜ起きたのか。

そもそもなぜこのような事故が起きてしまったのか。

事故直後、運転手の飯塚さんはアクセルが戻らなくなったと話しているそうですが、調べによると車に異常は確認されていないとのこと。

詳細はいまだに調査中だそうですが、ハンドルやブレーキを操作した様子がないらしく、警察庁は運転ミスが原因としてさらに調べているようです。

運転をやめると告げていた

実は今回の事故を起こした飯塚さんは、周囲に運転をやめる意思を示していたそうです。

普段から駐車場に停めることもままならず、何度も前後して車を動かしていたそうです。

奥さんがもっとハンドルを切って!というように先導もしていた様子です。

参考

「運転やめる」告げていた87歳 猛スピードの目撃情報:朝日新聞デジタル
 東京・池袋で19日昼、87歳の男性が運転する車に通行人が次々とはねられ、31歳の母親と3歳の娘が死亡した。運転していた飯塚幸三さんは周囲に運転をやめる意思を示したことがあったという。 飯塚さんと同じ…

結論

結局は、運転能力のない人が車を運転していたことが問題なのではないでしょうか。

運転能力のない人間が、猛スピードで走る鉄のかたまりを操作していたことが原因。

詳しい原因がどうとか、詳細がどうとか、そんなことは関係なく、今回の件は単純にそこに問題があったのではないでしょうか。

ここからは少し感情的になりますが、そんなことが許されていいわけがない!

遺族からすると、どんな理由があろうと、殺意がなかろうと、

あなたが殺したことには間違いない!
返してくれ!

という気持ちになるのではないでしょうか。

事故の加害者に一番原因があるが、体制にも問題がある。

高齢者は運転するべきではない。

そういう意見をたくさん聞きます。

私もそれには一理賛成でもありますが、そうなると確かに困る人がいるし、実際、何の問題もなく運転している高齢者もいます。

難しい問題ではあると思います。

しかし、高齢者は運転するなということが問題になるからと言ってそのままどうしよう、どうしよう、と言ってる場合ではないのです。

そもそも、高齢者にピックアップしすぎてそれしか見えていないことが、個人的には問題なのだと思っています。

大事なのは、高齢者とか若者とかじゃなくて、運転能力に問題が無いかということ。

高齢者だけを規制するというのは問題がある、というのであれば、(私も問題あると思います)高齢者の運転が危ないという概念を捨てて、運転免許を持っている人全員を対象として、運転能力に問題が無いかという部分にフォーカスするべきじゃないでしょうか。

高齢者であろうが若者であろうが、鉄のかたまりを操作していいのかどうかが問題です。

なんのための免許の更新?

一度免許を取ればあとは更新すれば乗って良し!

ここが問題じゃないですか?

必要事項を記入して、収入印紙代を払って、並んで写真撮って、場合によっては講習を受けて、はい!更新完了!

ではダメでしょ!?

そこになんの意味があるの?って本当に思います。

運転に適性かどうかを調べると言えば、視力検査ぐらいでしょうか?
それもメガネやコンタクトをすれば問題なし。

一度免許を取れば、その人に運転能力があるかどうかは問われずに、半永久的に運転できてしまう、これこそ問題の原点ではないでしょうか。

僭越ながら、私の意見

前述したように、その人に運転能力があるかどうかの判断をせずに、半永久的に運転できてしまう体制、これが一番の悪だと思っています。

もし運転能力が無い人に免許の更新を許したのであれば、それは無免許運転を容認したのと同じぐらいの罪になるのではないでしょうか。

免許の更新時に運転適性を調べる、それを高齢者、若者を問わずに行うことで、運転適合者は今まで通り運転を許可してもらえばいいし、運転不適合者は運転すべきではない。

そう思います。

運転不適合者は運転すべきじゃない、これって当たり前ではないですか?

社会のインフラ問題

とは言え、運転出来ない人が増えた場合、移動手段をどうすればいいのかという問題が起きてきます。

都心ならまだしも、田舎の方だと交通手段が無いという問題は増えてくるでしょう。

かと言って、不便だから運転不適合者でも運転していいの?というのが私の意見です。

ならば、社会がインフラを整える必要があるでしょう。

それが難しいから、いまだに何の解決策も出ていないのだと思いますが、放っておいていい問題ではないでしょう。

運転不適合と言われた人に公共交通機関への支援を施したりするなど、国をあげて取り組んでいかなければならないのではないでしょうか。

それはそれで沢山の問題を生むでしょうが、人の命に関わることです。
全力で取り組んで欲しいものです。

最後に

このブログでも何度か紹介してますが、私には5歳の娘と2歳の息子が居ます。

もし、自分の子が・・・。

それは何を奪われるよりも悲惨な出来事だろうと思います。

何が原因だろうと、殺意がなかろうと、加害者が普段はどんなにいい人だろうと、一生罪を償うつもりでいてくれたとしても、そんなことは関係ない。

不適切な表現かもしれませんが、憎しみを覚えるでしょう。

奪われた命は返ってこない。

生きていく気力さえ無くなってしまうかもしれません。

そんな事が起こらないように。

もう二度とこんな事故が起こらないように。

国は全力をあげて対策を練らないとダメなんじゃないでしょうか。

そして私たち自身が、鉄のかたまりという凶器を操縦しているという意識を持つことが大切です。

もう二度とあってはいけない。

そして最後になりましたが、ご遺族の方には本当につらい出来事だったと思います。

僭越ながら、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました