金融投資がギャンブルなのか資産運用なのかは投資への向き合い方で決まる。

お金

「LIMOくらしとお金の経済メディア」の記事より。

”ハラハラドキドキ”するような金融商品が「資産」にならない理由 | LIMO | くらしとお金の経済メディア
そもそも金融商品を購入するということだけが資産形成ではありませんが、それでも金融商品を買おうと思っているのなら、その前に知っておいてほしいことがあります。それは、金融業界で働くプロと比べると一般人は圧倒的に情報量が少ないということです。

株などの金融商品は資産とは言えないという記事が上がっていました。

もちろん、これは認識として資産と思わない方が良いという意味だとは思いますので、本当に資産ではないという意味ではないでしょう。

記事の最後は、
「金融資産というのは価格が日々変わるのに、持っているメリットは日々享受できないので、資産として保有する認識は捨てるべきです。ゼロになってもよい前提で、余剰資金で運用することをオススメします。」
と締めくくられていることからも、それはうかがえます。

そしてこの記事の筆者、垣屋美智子さんのルールとして、このようにも書かれています。

「金融商品は、資産としてはギャンブル性が強く、 持っていても一喜一憂するので勧められない」

私はこのルールについて、半分共感しているという感じです。

株やFXはギャンブルかそうでないかという議論は尽きませんが、まず大前提として、私もこれらの金融資産そのものはギャンブルだと思っています。

勉強をしたり、情報収集に努力していれば、確かに勝率を上げることが出来るので、ギャンブルと言い切ってしまうのは違うかもしれませんが、それでも勝つか負けるか分からないというのは事実です。

そして時に、大きな金融ショックや世界情勢の乱れがあると、一瞬にして暴落したり、暴騰したりします。
その影響で、今までコツコツ積み上げてきた物が一瞬でパーになったりもします。

また、株で言えば会社が倒産でもしようものなら、その資産はゼロになってしまいます。

そんなことは滅多に起こらないと言うかもしれませんが、稀でも起こるという事実がギャンブルだと言える理由です。

しかし、だからと言って個人的に株式投資やFXを勧めないわけではありません。
私自身FXの短期投資をやっているぐらいですから、むしろ資産運用の手段としてお勧めで出来るぐらいです。

結論を言うと、根本的にはギャンブルではあるものの、努力を続けることが出来るなら、投資としては一番効率がいいと思っているからです。

なぜギャンブルだと言いながら、投資だと言えるのか。

それは、パチンコや競馬、宝くじなどのように、勝つ確率が決定づけられているものではなく、自分の努力次第で勝つ確率を上げていくことが出来るからです。

単発であれば、パチンコ、競馬、宝くじも勝つことが出来るのかもしれませんが、長期的に見て勝率が絶対に不利に出来ているわけですから、勝てるはずがありません。

しかし、金融投資は努力次第で、勝率を50%以上に出来るわけです。
これがあるから、投資はギャンブルではないと言われるわけです。

なので、私自身は勝つ確率を自分で上げることの出来るギャンブルだと定義づけていますが、ギャンブルではないとおっしゃる方を否定もしません。
その捉え方も正解だと思うからです。

しかし、前述したように、どれだけ天才と言われる人でも、どれだけ努力を重ねた人でも100%勝つことは不可能なわけです。
そして大きな金融ショックが来れば大損することも事実であるわけです。

そう考えれば、自分の意志では一切操作出来ない相場を相手にしている時点で、やはりギャンブルだと言う方が的確かなと私は思うわけです。
そしてその事実を知っておかなければならないということです。
いくら努力しようとも、100%勝てないこと、そして相場が大きく崩れれば、資産は大きく減ってしまうということです。

そして短期であればあるほど、そのギャンブル要素は強くなるということです。
短期とは、決して短期投資がギャンブルであると言っているわけではありません。

投資に対して長期的に向き合っているか短期的に向き合っているかということです。

例えば、努力を続け、勝率が50%以上の人が居たとしましょう。
勝率は50%以上ですから、数年間続ければどんどん資産は増えていきます。
しかし、一度大きな金融ショックが来て資産が大幅に減ってしまった時に、もうコリゴリだと考えて辞めてしまうなら、資産を減らしたまま投資から身を引くことになります。
一度資産を減らしてしまったとしても、勝率50%以上ならまたコツコツとやれば増えていくはずです。

逆に、すぐに成功したいからと言って今一番勢いのある会社に投資したりすると、高値で買うことになりかねません。
そうなると、ドンドン値下がりして開始わずかで投資の世界から退場させられることになるかもしれません。

短期で成功しようとすると、このような傾向になりがちです。

長期目線で考えることで、視野も広がり余裕も出来、正しい投資が出来やすいわけです。

つまり、長期的に見れば見るほど、その勝率は安定するということです。

勝つときもあれば負けるときもある。
大幅に下落することもある。
これらを理解したうえで、コツコツとトータルでプラスになればいいというぐらいの考え方を持っていなければなりません。

私が金融投資をギャンブルだという理由は、ギャンブルだから大きく賭けろという意味ではなく、むしろ逆で、ギャンブルの要素を大きく含んでいるからこそ、そのことをしっかり理解し、慎重に投資するべきであるという意味です。

勉強すれば勝てる、努力すれば勝てるということだけを信じ、このギャンブル要素を理解していなければ、いつか足元をすくわれることになるかもしれません。
そしてそのことを事前に予測していないからこそ、立ち直れないかもしれません。
そうならないように、金融投資はギャンブルであると思っているぐらいがちょうどいいのではないかと思うわけです。

私自身は金融商品にもどんどん投資してほしいと思っていますが、もし投資する際はこのことを意識し、慎重に投資すべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました