一生懸命働くだけではダメ。正しい方向に力を注ぐリテラシーが必要。

お金

日刊SPA!の記事より。

月6万5000円の国民年金で暮らす独居高齢者のリアル「とっとと死にたいよ」 | 日刊SPA!
梶本徳三さん(仮名・70歳)は5年前まで都内で喫茶店を経営していたが、会社勤めの経験はなく、現在の収入は月額約6万5000円の国民年金のみ。15年前に離婚してからずっと一人暮らしだ。「喫茶店を閉めたとき、残った貯金は300万円ほど。年金暮らしになって5年になるけど、その貯金は180万円にまで目減りしてしまった。けど腰が...

またしても老後問題が特集されていました。
今回特集されていたのは70歳で月6万5000円の国民年金のみで生活をしている独身高齢者の記事でした。

5年前まで、つまり65歳まで都内で喫茶店を経営をしていたそうですが、店を閉めた際に残った貯金は300万円ほどだったそうです。
今ではその貯金も180万円まで減っているそうです。

5年で120万円が消えているということは、このペースでいけば78歳には貯金が尽きていて、それ以降は何としてでも月6万5000円で生活していかなければなりません。
しかも貯金ゼロで。

記事中で本人が述べていますが、医者にはかかれない、熱が出ても、腹を壊しても我慢するしかないわけです。

我慢できる範囲であればまだ幸いですが、さらに高齢になってくると医者にかからずにはいられない状況になることも視野に入れておかなければならないでしょう。

そしてお金が無くなったからといって、この年齢から働きに出るのは難しいですし、もし出来ても辛いものです。

さらに支出を減らすことも出来るでしょうが、果たしてそれで生きている楽しみがあるのでしょうか。

記事の最後の方には本人がこのように述べています。

「こんなこと言いたくないけど……とっとと死にたいよ。」

やはり生きている以上、何か楽しみや目指すものがないと、何のために生きているのか分からなくなってくるのでしょう。

お金が無いから、ただ生きていくために節約して我慢をする。
ただただ死なないために生きていく。

ここに生きていく意味を見出せるのでしょうか。

ご本人も言うように、あまり言うべき言葉ではありませんが、
「とっとと死にたいよ」
という言葉にも重みがあります。

何十年もまじめに働いてきて、老後にそんな思いをする現実は、何かがおかしいのではないだろうか。

このように、記事の最後は締めくくられています。

しかし私は、一生懸命真面目に働いていてこうなるのはおかしい、ではなく、
一生懸命真面目に働いていてもこうなってしまうという可能性があるということをお伝えしたい。

この方が何をそんなに悪いことをしたのか、と言うと、何も悪いことはしていないかもしれません。
ただ真面目に働き続け、時期が来て引退し、蓋を開けてみたら上記のような状況になってしまった。
ただそれだけなのかもしれません。

しかし、だからこそただ真面目に働き続けることが危険だと言えるわけです。

昔はとにかく真面目に働きさえすれば良かったのかもしれません。
しかしここへ来て、ただ真面目に働くだけではダメになってきました。

重要なのは、真面目に働くことではなく、いかに正しい方向に力を向けることが出来るかに変わって来たわけです。

間違った方向にどれだけ力を注いでも、その効果性は低いわけです。
しかし、正しい方向に力を注げば、たとえわずかな力であっても効果性は高いと言えます。

何が重要かといえば、やはり金融リテラシー、つまり、お金に関する知識を身につけることが重要だと言えます。

与沢翼さんは、今後必要な力を三つあげていらっしゃいます。

それは、英語、IT、そして金融です。

英語、ITに関しては、グローバルに目を向ける必要があるということでしょう。

しかし、なぜグローバルに目を向けなければならないのかというと、やはり金融リテラシーの観点で、グローバルに目を向けなければならないということです。

つまり大切なのは金融リテラシーであり、そのことについて学ぶことが大切なわけです。

数学の公式を知らずにいくら頑張っても問題が解けないように、一生懸命働くだけでは正し答えにたどり着くのは困難です。

それよりも、やはりその知識を身につけ、その方向にエネルギーを注ぐ必要があるというわけです。

もちろんお金がすべてではありません。

しかしお金が無いことで思い描く人生を過ごせないのであれば、人生の一部としてお金に関する勉強はすべきでしょう。

私自身、このように思いながらもまだまだまだまだお金に関する知識は不足していますし、もっともっと学びたいと思いますし、いくら学んでも学び足りないと思っています。

蓋を開けてみたら悲惨なことになっていた、では済まないのが人生です。

お金なんてなくても人生は楽しいものだ、と思っていたとしても、お金も人生の一部であると考え、少しぐらい勉強してもバチはあたらないでしょう。

あなたの人生がお金に支配されないように、ほんの少しでも知識をつけようと思ってもらえれば幸いです。

そして私は人生をお金に支配されないように学び続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました