日本は資本主義の国。お金が好きか嫌いかの問題ではない。

お金

お金の話をする上で切っても切り離せない話題があります。
それはお金がすべてではないという意見や、お金があれば幸せになれるという意見。
お金に執着することは良くないと言ったり、お金は生きていく上で必要不可欠と言ったり。

それぞれ意見が分かれることでしょう。

私個人の結論から言わせてもらうと、お金はとても大切なもので、無くてはならいものであり、そして人生を大きく左右するものだと思っています。

この国は資本主義の上で成り立っている。

なぜそこまでお金が大切な物なのか、それはそもそも論として、
この国が資本主義の国だからです。

国を挙げて資本主義と言っているのですから、それがその国の流れであり、言い換えれば、
資本はこの国では力となる、ということです。

まずこれを認めなければ、この国で人生を上手く過ごすことは難しいと言えるでしょう。

大昔は武力のあるものが力を持っていたので、武力のあるもの、つまり武士が優位性を持てたわけです。

しかし、今は資本主義なんです。

お金に対して、良い悪い、好き嫌いは置いておいて、この事実に逆らおうとすると、上手くいかないのは当然でしょう。

お金は人生の基盤を固めるものであって、お金があなたを幸せにしてくれるわけではない。

しかし、お金持ちになれば幸せになれるのかというと、そうでもないと私は思います。

前述したように資本主義という社会のルールにのっとれば、お金はとても大切なものであることは間違いありません。

しかしお金とは、あくまで幸せな人生を送るための基盤であり、お金それ自体が人生を幸せにしてくれるものではないからです。

幸せの形は人それぞれにあり、家族と一緒にいられる時間が何より幸せという人もいれば、趣味の時間が幸せという人もいたり、美味しいものを食べることが幸せという人がいたり、何にも縛られずのんびり過ごすことが幸せという人もいます。

仕事が楽しいという人も、業績を上げることが幸せという人もいるでしょう。

しかし、それらのことを成し遂げるためには、しっかりとした生活の基盤が必要となるわけです。
お金が無いことでその基盤が築けないのであれば、たくさんの制限を受けることになるでしょう。

お金が無いからしたいことが出来ないという経験は誰にでもあるでしょう。
お金が無いために、自分が得たいこと、経験したいことに制限がかかるわけです。

さらには、お金が無いから、それを得るために好きでもない仕事をしたり、お金を得るために何かを犠牲にする、という経験をお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。

つまり、お金は人生の選択肢を増やしてくれるものであると同時に、人生にかかる制限を取り除いてくれる役目も果たしてくれるのです。

安定した基盤があれば、より自由な選択肢が増え、不安定な基盤であれば、よりたくさんの制限がかかるというわけです。

これが、お金が無いと人生が上手くいきにくい理由であり、お金が大切な理由です。

まとめ

結局、お金がすべてではないとか、お金があれば幸せになれるという風に意見が分かれるのは、このお金の性質を深く考えずに討論するから起こるのでしょう。

まとめると、お金それ自体はその人を幸せにするものではない。
しかし、お金は幸せな人生を送るための基盤を作ってくれる。
ということではないかと私は思います。

不安定な基盤では自分の人生の選択肢が狭まり、制限をかけることでしょう。

そのせいで必ずしも上手くいかないとは言いませんが、上手くいきにくいとは言えるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました