情報を得ることは大事だけれど、自分を知ることはもっと大事。

自己啓発

ありがたいことに、私たちはパソコンやスマホ、タブレットさえあれば、好きな時に好きな情報を手に入れることが出来る。
地球の裏側の情報だって、一瞬で手に入れられる。
ほんの数十年前までは、そうはいかなかったけれど、今は調べる努力さえ惜しまなければ、私たちが情報に困ることはない。

しかしだからこそ、こんな時代だからこそ大切なことがある。
それは自分自身を知ること。

パソコンやスマホなどで得られる情報とは、言わば全て外部の情報。
しかし、いくら外部の情報をありったけ手に入れようとも、自分自身を知るという部分が欠けていると、何事も上手くいかないと思う。
汝自身を知れ
という言葉があるように、自分自身を知るということは、他のどんなことよりも必要なことだと思う。

しかし問題は、自分自身を知るためにはどうすればいいか。
前述のように、今の時代、外部の情報はいとも簡単に手に入れることが出来る。
しかし自分を知るということはそう簡単ではない。

自分を知るためにどうすれば良いかと考えたとき、自分ではない第三者に、自分のことを聞いてみる、教えてもらうという答えにたどり着く人もいると思う。
しかし、私個人的にはそれはあまり意味がないと思う。
なぜなら、他人に見せている自分が本当の自分ではないことが多いから。
また、Aさんが見ている自分と、Bさんが見ている自分も違うだろうし、Aという場所で見せている自分とBという場所で見せている自分も違うと思う。
さらに、朝の自分と夜の自分も違うだろうし、楽しい時の自分と悲しい時の自分も違うと思う。

こう考えると、他人に自分のことを教えてもらったとしても、返ってくる答えが正確であるはずがないと思う。
つまり、外部から自分を学ぶことは出来ない。
そうであれば、自分を知るためには自分の内部から情報を得るしかない。
私個人的には、何事も自分自身に問いかけるということが有効になってくると思う。
自分自身の問いかけに自分自身が答える。
これによって、徐々に自分の本質の部分が見えてくるのだと思う。

もちろん、1回、2回自問自答したところで何も変わらない。
また、たまにやってみるという程度でも意味がないと思う。
習慣的に自分自身に問いかけるから、少しずつ自分の本質が見えて来るのだと思う。

そして習慣的に自問自答している人は、常に自分自身の思考や行動を見つめなおし、自分を高めていける。
そうしているうちに、自分に対して質の高い質問を投げかけられるようになり、もっともっと自分を高められると同時に、もっと深く自分自身を知ることが出来るようになるのだと思う。

外部の情報を得ることも非常に大事だけれど、自分自身を知ることの方が大事だと思う。
特にこんな時代だからこそ、自分を知る努力をしている人とそうでない人の差は大きく出ると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました