時代の変化。会社の行事を嫌がる若手社員たち。

その他

キャリコネニュースより。

社員旅行で絆を強めたがる経営者がウザい「それやる費用で給料上げろ」「遠いところでバーベキューやめて。休日丸潰れもきつい」
社員旅行を推進する経営者 やりがい、という言葉が嫌いだ。働く側はやりがいなんて求めていないのに、そこらの企業は当たり前に「ウチはやりがいがありますよ」と主張してくる。 6兆歩譲って仕事におけるやりがいがあるとしても、そんなの給与と直結している要素でしかないだろうに。少ない賃金しか払えず、「その代わりにやりがいが多いです...

社員旅行で絆を強めたがる経営者がウザい「それやる費用で給料上げろ」「遠いところでバーベキューやめて。休日丸潰れもきつい」

という記事を発見しました。

昔は社員旅行や上司との飲み会などを本当に楽しみにしていた人も多くいたと思いますが、今は皆無なのでしょうね。
昔は嫌でも付き合いで参加していた人が多かったですが、今は参加自体しない人も多いんでしょうね。

まぁ、実は私もあまり会社の付き合いには参加しないタイプです。
立場的にさすがに参加すべきだなと判断したものは参加しますが、出来る限り参加しません。

理由は恐らくキャリコネニュースの記事同様、そこに人との付き合いを求めていないからです。
人との付き合いはプライベートで好きな友人や尊敬する先輩とやります。

むしろ、その時間を奪わないでと思うほどです。

業務時間外は自分のやりたいこと、やるべきこと、大切なこと、大切な人に時間を使いたいと考えています。
恐らく、そういう人が増えてきたことと、そういうことが言いやすい時代と環境になってきたのでしょう。

会社に求めるのはお金だけ、とまでは私は思いませんし、会社で学ぶこともありますし、やりがいも必要だと思います。
しかし、それさえも業務時間内で得ていけばいいのかなと考えます。

もちろん、そういうのが好きな人もいるでしょうし、実際付き合いのいい人の方が会社の深い話に入っていけたり、チャンスをもらいやすかったりしますし、その影響で出世もしやすかったりするかもしれません。
プライベートの時間も会社の付き合いのために使っているのですから、それなりのメリットはあるでしょう。

ただ、私はそのメリットよりも、自分の時間を充実させる方にメリットを感じるというだけです。

さらに言えば、今の時代、会社で頑張っていればそれなりの給料を得られる時代ではなくなりましたしね。
終身雇用制度も終わりを迎えそうですし。

それなら、やっぱりプライベートの時間を使って自分で収入を増やす努力をした方がいいと私は思います。

それぞれ意見はあると思いますが、時代が変わってきたなという記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました