評価を得たいのであれば他者を知ること。自己評価と他者評価にはギャップがある。

ビジネス

会社などの組織では、必ず自分に対する評価や待遇に不満を持つ人がいる。
自分はこんなに頑張っているのに認めてもらえない、人並み以上の仕事をこなしているのに評価されない、きちんと成績を残しているのに待遇は良くならないなど。
このような不満を持っている人は多いと思う。

でも、その人たちは本当に正当に評価されていないのだろうか。

もちろん、そういう場合もあると思うけれど、ほとんどの場合はそうではないと思う。
けれど、結論から言えば、そのような不満を抱いてしまうほとんどの原因は、自己評価と他者評価にギャップがあるのだと思う。

自己評価と他者評価

自己評価と他者評価とは、その名の通り、自分の中での評価と他者の中での評価であり、それぞれ評価する基準も違えば評価する箇所も違う。
その違いに困惑し、不満を抱くのだと思う。
特に、自己評価というものはどうしても甘くなる傾向にあると思う。
人はやっぱり自分が一番大事だし、承認されたいという欲求が強いし、傷つきたくないし、自分が出来る人間だと信じたい部分があるからだと思う。
そういう傾向があるからこそ、まだ入社して何年目にしては頑張っているとか、この部署の中では一番であるとか、私は他の人よりは出来ているなどの要因を挟んだりする。
けれど、その基準はあくまで自分の基準であり、自分の中の基準を満たしたからといって、評価する側の基準を満たしたことにはならない。
まずその評価の基準値でギャップが生まれる場合がある。

また、評価する箇所も違う。

例えば、販売員としてしっかりと売上を上げている人がいたとする。
その人からすれば当然、私は結果を残しているのだからしっかりと評価するべきだと思うと思う。
けれど、評価する側の立場からすると、評価する箇所が別にあるかもしれない。
一般の販売員が昇進したとすると、主任や店長というところになると思う。
そうであれば、評価する側の立場からすると、売上よりもリーダーシップやマネジメント力、コミュニケーション能力や統率力を見ているかもしれない。
もしそうなら、いくら売上を残したとしても、その人が昇進するのは難しいかもしれない。

このように、自己評価と他者評価にはギャップがあり、そのギャップのせいで、正当に評価されないと思ってしまい、不満を抱いてしまうのだと思う。

他者の評価基準を知ることが大切。

前述のように、自己評価と他者評価にはギャップがあると思っていた方がいいと思う。
そうであれば、まず評価する側の評価基準知ることが大切だと言える。

けれど、それを知ろうとする人は意外と少数派だし、他者の評価基準に不満を持てば持つほど反発心が育ち、他者の評価基準や考えを知ろうとしなくなりやすい。
けれど、組織の中にいる以上、その組織全体が何を考えているか、その組織の評価基準は何なのかということを知らない限り、その中で昇っていくことは出来にくいと思う。

例えば、以前聞いた話にこんな話がある。
あるサッカーチームの紅白戦があった。
試合の前半が終了し、ハーフタイムの時間。
監督は出場選手を集めてミーティングを始める。
その時、その試合に出場していない控え選手はボールを蹴って練習なり、ウォーミングアップなりをしていたそうだ。
一見、普通の光景に見えるけれど、そこの首脳陣が感じたのは、この控え選手たちはダメだということだったらしい。

もしあなたがこの場合の控え選手だったらどうしていたか、想像してみてほしい。

その首脳陣たちがなぜ、この控え選手たちはダメだと思ったのか。

それは、もし自分が控え選手なら、その試合とは関係なくても、監督が何を考え、どんな作戦を立て、どのような試合運びをしようと思っているのかを、その作戦会議から学び取ろうとするから。

つまり、チームにという組織に属する以上、そのチームがどうあるべきか、そのトップの監督が何を考えているか、どんなプレーを求めていて、どんな人を求めているかを知ることは必須だということ。

これは会社という組織でも同じことで、組織に属する以上、その組織がどういう方向を歩もうとしているのか、どういう人を求めているのかを知ることは必須だと言える。
それを知ることで、求められているものを提供することが出来る。
そうすれば、必然的に評価は上がりやすいと言える。
それを知らなければ、あるいは知ろうとしないのであれば、自己評価の中で生きることになり、他者からの評価を得るのは難しいと思う。

そもそも会社とは不平等なものだけれど・・・

けれど、そもそも論で言えば、会社に平等な評価を求めること自体が難しいと思う。

これに関しては、
皆が不満を持つ理由である、会社の見えない不平等さを説明しようと思う。
という記事で書いたので参考にしてほしいのだけれど、そもそも会社の構造自体が不平等を生むものだと私は思っている。

例えば、年間1,000万円の利益を稼ぐAさんと、年間200万円の利益しか稼げないBさんがいたとする。
利益にすれば、5倍もの差がある二人だけれど、給料に5倍の差があるのかというとそうではない。
Aさんが稼いだ利益は、稼げないほかの人の基本給として分配される。

逆の目線で言えば、基本給ほどの仕事をしていない人でも、基本給は必ずもらえる。
そのお金はどこから発生しているかというと、やっぱり基本給以上に仕事をする人が補填している。

会社に勤めるということは、安定という恩恵がある代わりに、稼いだお金を平等に分配するという、頑張った人が損をし、頑張っていない人が得をするある意味不平等な構造になっていると思う。

だから、会社という組織に属した以上、安定という恩恵がある代わりに、そもそも不平等であるということは理解しておかなければならないと思う。

けれど、安定という恩恵はとても大きい。

きっと多くの人は、その恩恵が欲しいから会社に勤めているのだと思う。
だからこそ、その組織に属している以上は、その組織が何を求めているかを知らなければならないと思う。
会社に勤めている理由が、スキルアップのためであったり、次のステップのためだったりして、他者の評価は求めないというのであればそれはそれでいいと思う。
私も、評価のためだけに働くことが必ずしも正しいとは思わない。
けれど、何らかの組織に属している以上、評価基準を握っているのはその組織であるわけで、その評価基準を知らないことには、その組織の中では上手くいきにくいと思う。
その組織の中で革命を起こすとか、その組織自体を変えるという強い志を持っているのであれば、あるいは評価を気にしないというのもいいかもしれない。
けれど、その場合であっても、評価を得て、ある程度上に立ってからの方が効率的なのではないかと思う。

まとめ

ここまで、このように書いてきたけれど、私個人的には上司に従順になるのはあまり好きではない。
けれど、上司は置いておいて、会社という組織が何を求めているのかは常に考えているし、知ろうとしている。

もし、いつか私は起業するのだから、あるいは転職するのだから、この会社に認められなくても関係ないと思っている人であっても、結局必要なのは世の中の評価だと思う。

もし起業して自分の商品やサービスを売るにしても、その商品やサービスが売れるかどうかは他者の評価にかかっている。
転職にしても、あなたが求められる人材なのかどうかは他者の評価にかかっている。
だからどんなことでも市場調査などの他者評価を知ることが必要になる。

私はこんなに素晴らしい商品を売っているのに世間は評価してくれない、評価してくれない世間が悪いのだ、と思っていれば、間違いなく会社は潰れる。
私はこんなに素晴らしい素質を持っているのに世間は評価してくれていないと思っていては、なかなか転職先に恵まれないと思う。

会社の中で評価を得るために必死になるべきだとは思わない。
自己評価も大事。
けれど、組織に属している以上は、他者評価を知ることも大事だと思うし、それ以上の近道はないと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました