何かが無いから自信が持てないという人は、その何かがあったとしても自信を持つことは出来ない。

スポンサーリンク
自己啓発

以前にこのブログで、
自信を持つことに根拠はいらない。成功したら自信を持てるのではなく、自信を持つから成功出来るのである。
という記事を書いた。

その記事タイトルの通り、自信を持つことに根拠はいらない。
むしろ、何かが無いから自信が持てないという人は、その何かがあったとしても自信を持つことは出来ないと思う。

例えば、学歴が無いから自信が持てないという人が仮に学歴を持っていたとする。
もしそうなると、学歴のある者の仲間入りをし、学歴のある者としての人生を過ごすことになる。
同じような人たちが周りにいて、同じような会社に就職することになる。
そうなると、自分も学歴があるかわりに、周りも学歴があることになり、それは自信を持つ根拠にならなくなる。
例え大手企業に勤めることが出来ても、結局はその中でも上に立つ者と下につく者が出てくる。

学歴があるなら学歴があるなりの人生を歩むと思う。
プロ野球選手になれるスキルのある人は当然プロ野球選手になる。
わざわざその素質を見せびらかすために草野球のトップに立ちたいと思う人はほとんどいないと思う。

結局、特別な能力を持っている人はその集団の中に身を置くものだから、その集団の中に入ればその能力は自信の根拠にはならない。

ホームレスの世界であっても、その中でリーダー格の人もいれば、ペーペーの人もいる。
どんな世界に身を置いてもそれは変わらない。

それでも、その中で自信を持てる人とそうでない人が生まれるし、自信を持てる人ほどやっぱり上へ登りやすい。
自信を持てる人は、例え裸一貫であっても自信を持てるものだと思う。

逆に、自分の人生をどこまで落とせば自信を持てますか?
と聞かれると、中小企業ならいける、ホームレスの世界ならいける、などなど意見が出るかもしれない。

そこで考えてほしいのは、ではその根拠は?ということ。
なぜそこならいけると思うのかということ。

それこそ、根拠のない自信と同じぐらい、根拠がないと思う。

つまり、そもそもそれらは自分の勝手な思い込みに過ぎないのだと思う。

そうであれば、その思い込みをもっと高い位置に持っていけばいいと思う。

これぐらいとか、あれぐらいとか、全て自分の勝手な思い込みに過ぎないのだから、わざわざ低い位置で思い込む必要はないと思う。
その中に入れば、結局その中でまた能力のある者とない者、上に立つ者と下につくものが出来てしまうのだから。

これぐらいならいける、あれぐらいでもいける。
その「これぐらい」「あれぐらい」をもっと高い位置に持っていけばいい。

夢を持つことと自信を持つことは自分の勝手。
そうであれば、自分の好きなように持てばいいと思う。

これが根拠のない自信を持つコツだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました