副収入を得よ!会社に主導権を握られていては自由になれない。

お金

以前にこのブログで、
複数収入のすすめ。毎日山奥まで水を汲みに行くよりも、自分のそばに水が湧き出る仕組みを作ろう。
という記事を書きました。
その記事もぜひご覧いただきたいのですが、今日はまた違った側面から複数収入の大切さを書きたいと思います。

突然ですが、もし10億円が手に入ったら、あなたは明日から会社に行きますか?

この問いに対して、ほとんどの人が行かないと答えるのではないかと思います。
そして行かないと答えた人は、会社で働く理由はお金のためであるということになります。

働かなければ生活していけないから、子供の教育費が必要だから、今の貯金額では将来が不安だからなど、お金のために働く理由はたくさんあると思います。
しかし、10憶円を手に入れるということで、一生分のお金の心配はなくなりました。
その状況で会社に行くかどうかを考えると、ほとんどの人は行かないと答えるわけです。

そうであれば、私たちはお金のために会社に縛られ、自由を失っているわけです。

お金が無くなったら困るという状況で、労働さえすれば会社がお金をくれるから、辛いことがあろうと、理不尽なことがあろうと、納得がいかないことがあろうと、我慢し、耐えながら出社しているわけです。
つまり、会社に主導権を握られてしまっている状態であるわけです。

中にはすでに辞めたいと思っている人もいらっしゃると思います。
あるいは、転職したいと思っている人もいらっしゃると思います。
給料が低すぎると不満を持っている人もいらっしゃると思います。

それでも、辞めることが出来なかったり、転職することが出来なかったり、給与交渉出来なかったりするのは、主導権を握られている会社に、「じゃあ結構です」と言われて、我慢さえしていれば得られていたはずのお金さえも失ってしまうことが怖いわけです。
もちろん、そりゃそうだと思います。
やはりお金がなければ生活ができないわけですから、路頭に迷うことになります。
だからこそ大切なのが、会社から得られる給料以外の収入源です。

会社から得られる給料以外の収入源が多ければ多いほど、心の余裕が持てるものです。
余裕が出ると、今までためらっていたことが出来るようになってきます。
例えば前述した退職、転職、給与交渉なんかもやりやすくなります。
なぜなら、万が一会社からの給与を失ったとしても、他にも収入源があるため、何とかなるからです。
会社で得られる給料と同等か、あるいはそれ以上であれば言うことなしですが、例えそうでなくても、少々の収入があればもし会社からの給料が途絶えても、再就職までの間ぐらいならちょっと我慢すればその収入源で賄えたり、あるいは足りないとしてもちょっとの期間ならその収入とアルバイトで賄えたり、副収入が多少なりともあるか、ゼロかでは選択の幅が大きく変わってきます。

そしてその選択の幅があることで、心に余裕が出来、全く行動が変わってきます。

前述のような退職、転職、給与交渉という大きな行動に出られることもそうですが、普段からの何気ない小さな行動も変わってきます。
自分の意見をきちんと述べるとか、判断を他人に委ねないとか、優柔不断にならず即断即決が出来るとか。
これらのことが出来るようになるのは、会社に主導権を握られていないために、恐れるものが無くなり、心に余裕が出来て、自分の意思決定に対して責任を持てるようになるからです。

そんな何気ない態度を見ていて、部下も上司もあなたを見る目が変わってきます。
実際に、いつも余裕があったり、自信があったりする人はあなたの周りにもいらっしゃると思います。
その人たちが余裕や自信を持っているのは複数収入があるからかどうかは分かりませんが、少なくとも複数収入がある方が、会社に限らず何者にも主導権を握られにくく、主導権を握られにくいからこそ余裕と自信があり、余裕と自信があるからこそ、自分の人生自体に責任を持てるようになります。

会社を辞めたいのに辞められないという人は、この国にどれぐらいいることでしょうか。
それらの人がその決定を出来ないのは、給料の支払いという切り札を持っている会社に主導権を握られているからにほかなりません。
そうであれば、少しずつでも主導権を自分で握れるよう、会社の給料だけに依存するのではなく、別の収入源を作ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました