あなたの人生のピークが過去の自分であってはいけない。今、そして未来であるべきである。

自己啓発

あなたの人生を振り返って、一番楽しかったときはいつでしょうか。
もしくは一番充実していたときは、一番輝いていたときはいつでしょうか。
人それぞれ、どの時期が一番良かったかは違うと思います。
もう一度そのときに戻りたいという人もいるでしょう。

しかし、その兆候がある人は少し危険かもしれません。

出来ることなら、人生で一番楽しく、充実して輝いているのは今だと言える方がいいでしょう。

あなたは過去の話ばかりしていないでしょうか。

あの時は良かった、楽しかった、充実していた。

もしそのように発言しているのであれば、
いつまでも自分のピークがその時であり、全盛期から比べると進歩していないということなのかもしれません。

過去が良かったということは、今はそれ以下だと認めていることに他なりません。

成長し続ける人は過去の栄光を語るのではなく、未来を語ります。

まだまだ成長する意欲がある人や、何かに向かっている人のほとんどは、未来の大きなビジョンを見て、その中にいる自分の姿を見るからこそ、今が一番充実しているのであり、さらに未来の自分の充実している姿を見るわけです。

過去がベストであってはいけません。

今が人生のベストであり、さらに未来が人生のベストであると考えることが重要なわけです。

そのようにして未来を描き、行動し続ける限り、あなたのベスト記録は更新され続け、人生のピークは死ぬまで訪れないことでしょう。

そしてもう一つ、過去を振り返るうえで危険なことがあります。

それは、過去の自分の結果や行動から、未来のビジョンを狭めることです。

つまり、自分はこのような人間だから、そのようなことは向いていない。
自分にはそんな能力は無いから無理だなど。
過去を見るばかりに、未来のビジョンに自ら制限をかけてしまうわけです。

この制限こそが、人を平凡で終わらせる一番の理由だと私は感じています。

見るべきものは過去の自分ではなく、未来を想像する、ワクワクした子供のような自分であると私は考えます。

一度、過去の経験や常識を払しょくして、本当に自分がやりたいこと、得たいものを描き、それが本当に手に入るのであれば、ワクワクしてくると思います。

問題は、それが本当に手に入ると思っていないこと。

その思考こそが、自分には出来ない、常識的に考えて無理、というような、自らがかける制限というわけです。

ジェームススキナー氏の言葉にこのような言葉があります。

私たちは今日、昨日のように生きる必要はない。私たちのこれからの人生は今までの人生の延長線上である必要はない。私たちは毎日毎日新しい人生が始められる。今日、新しい人生を始めてみてはいかがですか。

これは以前にこのブログで紹介した動画紹介記事で述べられている一文です。
後悔の人生を歩むな!諦めるな!人生を変えるジェームススキナーの動画紹介。

この言葉の通り、私たちは明日も、今までの自分の延長線で生きる必要はないわけです。
自分が望む者に向けて、一生懸命進めばいいわけです。
あなたの願望は、何者にも邪魔される理由はないわけです。

それでも、変わることは難しいと考えるのであれば、それを邪魔するのは他の誰でもなく、あなた自身の亡霊です。

過去から判断するあなたと、常識から判断するあなたこそが一番の邪魔者となっているわけです。

過去は囚われるものではなく、踏み台としていくものです。
過去の自分を超えていく。
それこそが成長のプロセスなのだと思います。

過去の亡霊に負けないためには、まず自分の本当に求めているものを理解し、そこに嘘をつかず突き進む勇気が必要だと私は思います。

あなたの人生のピークが過去の自分だなんてことを許してはいけません。
私たちには無限の可能性があるわけですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました