金融庁、麻生財務大臣も警鐘を鳴らす。年金だけでは2000万円不足する時代到来。

話題


金融庁は6月3日、95歳まで生きるには夫婦で約2000万円の資産が必要になるとの試算を示しました。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書
金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの

つまり、年金以外に2000万円の資産、もしくは収入が無いと生きていけなくなるわけです。

65歳で引退して、その後30年で2000万円の収入を得るというのは、そもそも不動産などの資産を持っている人以外は非常に厳しい金額でしょう。
となると、残る選択肢は65歳までに2000万円の資産を蓄えておく必要があるということです。

このブログでも色々な記事で警鐘を鳴らしてきましたが、それらのことがついに現実味を帯びてきました。

合わせて読んで欲しい記事

イソップ童話、アリとキリギリス。このままではほとんどの人がキリギリスになってしまいそうです。

高齢者が仕事を引退しない理由。その事実から危機感を持て!

ブラック企業が存続する理由は、「それでも働き続けなければならない」人がいること。

そしてこの金融庁の警鐘に、麻生外務大臣もコメントをしています。

麻生財務大臣:「100まで生きる前提で退職金って計算してみたことあるか?普通の人はないよ。そういったことを考えて、きちんとしたものを今のうちから考えておかないかんのですよ」

退職後2000万円不足も 麻生大臣 資産形成考えて…|テレ朝news
 金融庁が退職後に2000万円が不足する例もあるとして若いうちから資産運用が必要と報告書をまとめたことを受け、麻生財務大臣も資産形成の重要性を強調しました。  麻生財務大臣:「100まで生きる前提で退職金って計算してみたことあるか?普通の人はないよ。そういったことを考えて、きちんとしたものを今のうちから考えておかない...

え?他人事ですか?

というコメントに聞こえるという意見もあるようですが、もう国が何とかしてくれる時代は終わったのです。
国がその備えをしておきなさいと警鐘を鳴らしているわけです。

そもそも、私たちは国に頼りすぎたのかもしれません。

当然、財務大臣は国の経済を良くしようと頑張ってくれてはいますが、私たち個人を助けてくれるわけではないし、助けられるわけではないのです。

その財務大臣が警鐘を鳴らしている、この事実を重く受け止め、すぐにでも行動すべきでしょう。

いよいよ危機感を持つときが来ました。

気づいたときには手遅れだったということが無いよう、今のうちに資産を作っておくことを、私も強くおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました