固定費を見直せ!「自動車編」

お金

以前から何度か、節約したいならまずは固定費を見直すべきとこのブログで述べている。
つい最近も、そのことについて書いた。

節約するなら消費や浪費の変動費を見直すより固定費を見直せ!

そこにも書いたけれど、変動費の節約をするよりも、固定費を節約する方が断然効果が高い。
そして固定費の見直しは破壊力がある。

今日は代表的な固定費の一つ、「自動車にかかる固定費」について見ていきたいと思う。

そもそも、本当に車は必要なのかを見直す。

以前に書いたブログ記事、

大きな買い物で迷った時はどうすればいい?マイカーが当たり前の時代も終わりを迎える?

でも書いたけれど、車を所有することでかかる維持費は非常に大きい。
自動車税、自賠責、任意保険、メンテナンス費用、車検代、駐車場代、ガソリン代などで実は結構大きな費用がかかる。
所有している車の車種や年式、住んでいる地域によっても維持費は大きく変わるけれど、平均すると年間50万円程とも言われている。

車を所有するだけで年間50万円もかかるなら、本当に必要かどうかを見直すぐらいしてもバチは当たらない。

ここで考えるべきは、年間50万円も支払うほど、本当に車に乗るのか、それほどまでに必要なのかとういこと。

例えば、タクシーに乗ることは移動手段としては高すぎる、贅沢だという考え方が一般化されているけれど、ほとんど乗らない車に年間50万円もかけているとすれば、そちらの方がよほど贅沢だと思う。
もしその50万円をタクシー代に充てるとするならば、月4万円以上タクシー代金に充てられるということになる。
月4万円以上タクシーに乗るか?考えてみれば、意外とそんなに乗らないという人も多いと思う。
もしそうであれば、必然的に車は必要ではないということになる。

しかも、これは維持費だけで考えた場合なので、車両代、つまり車の購入代金は含まれていない。
もし200万円で購入した自動車を10年乗ると考えた場合、プラス年間20万円かかるので、自動車を所有することで年間70万円の固定費がかかっていることになる。
さらに、もしこれをローンで購入しているとすればそれ以上にかかることになる。

本当に、年間70万円以上の固定費をかけるほど車に乗っているのか、あるいは車が必要なのか、これを考え直さない手はない。

前述のタクシーを利用するということももちろん、公共交通機関を利用したり、遠出をするときはレンタカーを借りるという手もある。

なんとなく、いつかはマイホームを買うものである、というのと同じように、車も基本的にはマイカーを持つことが当たり前だと思われがちなところがあるので、車を所有することが本当に正しいのかどうかを見つめ直すこと自体が少ないけれど、これだけ大きな固定費なるのだから、真剣に考えるべきだと思う。

所有する車を見直す。

前述のように、本当に車が必要か見直したとして、それでもやっぱり車は必要だという答えが出たとする。
我が家も田舎に住んでいるので、いくら見直そうとも車は必要だと言う結論に至るし、そのような人も多いと思う。
必要なものは仕方がないし、そこを削るのも違うと思う。

けれど、次に見直すべきは、所有している車が本当に適正かどうかということ。

そもそも論として、車とは何かと考えると、単なる移動手段であるということ。
そうであれば、移動できればそれでいいはず。
けれど、やっぱりいい車に乗りたいとか、必要以上に大きな車に乗ったりする。
ここは見直すべきポイントだと思う。

車は移動手段と考えるのであれば、人に見せるための車は必要ないし、自分の資産と向き合った時に、快適すぎる車、便利すぎる車に乗っているのであればそれは「必要」であることを超えて、「欲」や「浪費」であると言える。
もしそうであれば、車にかかる費用を見直す大きなチャンスだと言える。

移動手段と割り切るなら、中古で小さな車であってもいいはずなのに、新車で大きな車を買いたいという欲望に駆られてしまう。
もし、そのためにローン(ローンとは借金だと思わなければならない)を組むなら、お金の使い方の観点で見れば浪費していると言える。

どうしても車が必要だと思うのであれば、それを満たすだけの車を所有するだけでいいはず。
借金してまで買うことは、生活を窮屈にする行為になるし、資産に見合ったお金の使い方ではないと思う。
これを見直せば、購入時の車両代金を抑えられることはもちろん、その後の維持費も抑えることが出来る。

自動車保険を見直す。

保険会社を見直す。

上記のように、本当に車が必要なのかを見直し、所有している車が適正なのかを見直しても、やっぱり車は必要だし、所有している車も適正だという人もいると思う。
そのような場合に、最後に見直してほしいのは自動車保険。

まずは保険会社を見直すことが大事。

どう考えても、対人で契約する保険会社よりも、ネットで契約する保険会社の方が安い。
どんな契約でもそうだけれど、お店を構えて人を動かして契約する対人契約の場合、そのお店の土地代なり、そこで働く人の人件費がかかる。
じゃあ、その費用を誰が負担しているのかと考えると、間違いなく消費者。
消費者から得られる利益で会社は成り立っているわけだから、その利益分、必ず何らかの形で消費者はお金を支払っていることになる。
これは自動車保険に限らず、絶対の法則だと覚えておいてほしい。
だから、ネットで契約する方が圧倒的に安いと言える。
そのうえで、適正な保険会社に加入することが大事。

保険内容を見直す。

次に見直すべきは保険の内容。

任意保険には入っておくべきだと思うけれど、任意の自動車保険には大きく分けて、
「対人対物」「車両保険」に分けることが出来る。

対人対物に関しては、もし死亡事故を起こしてしまったなら、自分の資産では賠償できないぐらいの金額になることが多いので、これには入っておくべきだと思う。
けれど、車両保険に関しては、本当に必要なのか考えるべきだと思う。

というのも、車をぶつけてしまったりしても、少々の傷やへこみなら、保険を使わずに自分で直したり、もしくはそのままにしておく人が多いから。
なぜ保険を使わないかというと、数万円程度の修理代で保険を使うと、等級が下がり、その分毎月の保険料が上がるため、損だと考える人が多いから。
だから、ほとんどの場合は保険を使わない。
そうであれば、保険の役目を果たしていないのではないか?ということになる。

仮に、大きな事故にあって全損するような場合でも、車というものは乗れば乗るほど価値が下がるので、数年経ってから全損したとしても、新車を買えるほどの保険料はおりない。
しかも、全損するような事故に遭う確率は非常に少ないと言える。

つまり、車両保険を使って車を直すということがほとんどない。

実際、少々の傷やへこみは放置している人が多いし、車両保険のおかげで助かっちゃった、という人も少ない。
けど、「そんなこと言って、本当に全損事故に遭ったらどうするんだ!」とも言われそうなので、一概に不要だとは言わないけれど、少なくとも見直すべきポイントだとは言えると思う。

例えば、新車で購入したならば、最初の数年は車両保険を付けて、車の価値が下がってきたなら車両保険だけを解約するというのもありだと思う。
前述したように、数年経ってから全損したとしても、新車を買えるほどの保険料はおりないし、年数が経つほどその保険金額は下がっていくことが一般的だから。
車両保険を外すだけで、平均すると、年間3~4万円の固定費が浮くことになる。

また、年齢条件や運転者限定条件も見直すべきだと思う。
保険の内容は、自分から動かないとなかなか見直す機会がないから、加入したときの条件そのままになっていることが多いけれど、数年経てば適正な保険内容も変わる。

自動車保険に限らず、保険内容や契約内容は常に見直すべきだと思う。

まとめ

ということで、車を所有するという時点で大きな固定費がかかるわけだから、見直すべき点は多い。
そして見直せば大きな固定費の節約になる。

特に、車に関してはそもそも論が大事になってくると思う。

そもそも車が必要なのか?
そもそも所有する車は適正なのか?

そもそも車とは、移動手段であるということを忘れてはいけない。
その車に対して、移動手段以上の付加価値を求めるなら、それは「必要」を超えて、「欲」であり、「浪費」であると思う。

車とは、大きな買い物であり、ずっと固定費を抱えるものであるからこそ、見直すポイントは多いと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました