今にも飛び立ちそうなのに飛び立てないでいるのは、後輪が地面についたままであるからかもしれません。

自己啓発

飛行機の操縦で一番難しいのは離陸と着陸だと言われています。
その他の操縦は、ほとんどが自動操縦だそうです。
そして飛行機の運航で唯一手動でしか操縦できないので離陸だそうです。
つまり、一度地上を離れ、ある程度の高度まで達すれば、あとは自動で安定した飛行が可能となるわけです。

これは人生にも非常に似ているところがあるなと思います。

私たちは大空に飛び立つつもりで滑走路を走り出します。
しかし、上手く大空へ飛び立てる人はほんの一握りしかいません。

何度も何度も滑走路を走って飛び立とうとしますが上手くいきません。
今にも離陸しそうなところまで来ているのになぜ飛び立てないのだろう?
疑問に思って機体をよく見てみると、飛び立とうという思いとは裏腹に、実は後輪が地面についたままになっています。
大抵の人は、自分では気づいていないかもしれませんが、このような状態であるのではないでしょうか。

思いとしては飛び立ちたいと思っているわけです。
しかし、遥か上空へ飛び立つことをどこかで恐れているわけです。

飛び立つことで墜落することを恐れているのかもしれません。
環境が変わることを恐れているのかもしれません。
後戻りできないことを恐れているのかもしれません。
もしくはその離陸にかかるエネルギーを持ち合わせていない。
あるいは、その負荷に耐えられずについつい後輪を手放せないでいる。

理由は人それぞれあると思いますが、このようにして多くの人は飛び立てずにいるのではないでしょうか。

だからずっと苦しくて大変な状況から抜け出せずにいるわけです。
最もエネルギーを要する離陸段階にずっと居続けるから苦しく、辛い状況が続いてしまうわけです。

大切なのは決断し、覚悟を決め、補助輪のような後輪を仕舞い、一気に飛び立つことです。
そうすれば、自動操縦で軽やかに悠々と大空を飛ぶことが出来ます。

つまり、やはり離陸の時が最大の難関であり、その難関を突破するためには並大抵の努力や中途半端な決断では飛び立てないということです。

そうであれば、まずはその覚悟を決めること。
そして飛び立つときは一点集中し、一気に飛び立つことが重要であるわけです。

初めて補助輪なしの自転車に乗る時と同じようなものです。
一気に走り出し、スピードに乗りさえすればこけません。
しかしなかなかその勇気が出ないわけです。

補助してあげている親からすれば、怖がらずに走れば大丈夫!と思うことでしょう。
きっとこれと同じことなのだと思います。

一度自転車に乗れるようになった人、そして一度離陸した人からすれば、なんてことないものなのかもしれません。

そうであれば、いつまでも補助輪をつけたままにせず、いつまでも後輪を出しっぱなしにせず、思いきって決断し、本気で飛び立つ勇気と覚悟を持つことが、現状を突破し、可能性を大きく広げるための何より大切な要素なのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました