成功を阻むメンタルブロックとは何者なのか?

哲学

何かを成そうとして一念発起し、努力する。
しかし、思うような結果が出ないし、なかなか熱意が続かないことがあります。
熱意が弱かったのか、計画が甘かったのか、何が原因かは分かりません。
もしかすると、それはただのメンタルブロックのせいであるかもしれません。

最近になってよく聞くこのメンタルブロックとは何なのか。
これは思い込みによる意識の壁であるとよく言われます。
文字通り、メンタルによって、行動や結果がブロックされることであります。

私個人的には、このメンタルブロックによる障害が、たくさんの人の行動や結果を止めてしまっていると思っています。

でも、決意をしたのだから、心もそっちの方向に進もうとしているはずなのに、その心が自分の行動や結果を止めようとしているなんて矛盾していないか?
そのように思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、決意をして、熱意を持って行動をしていたとしても、長い年月あなたと付き合ってきた心は、そう簡単に変わってくれません。
今日から私はこの方向に進むと、脳から心に指令は送られているものの、今までのあなたの思考パターンとずっと付き合い続けてきた心は、その決意よりももっと大きなものであるわけです。

言わばこれは、顕在意識と潜在意識が一致していない状況であり、意識的な顕在意識はあなたの決意通りに動こうとするものの、無意識的な潜在意識は今までの思考パターン、あるいはあなたの心の奥底に眠っている思考パターンの影響を受けているわけです。

例えば、あなたがお金持ちなろうと決意したとしましょう。
その時は、全身全霊でお金持ちになるということだけに意識する必要があります。
実はこれがなかなか難しくて、大抵の場合、心のどこかで、お金が無くても幸せにはなれるとか、お金は汚いものであるとか、お金ばかりに執着するのは卑しいと思ったりします。
すると、顕在意識では相変わらずお金持ちになろうと努力していたとしても、潜在意識の方でブロックをかけ始めます。

気持ちではお金持ちになる気満々なのに、どうもやる気が出ない。
なかなか方向性が定まらずにうまく結果がついてこない。

このようになってしまいがちです。

人間は心で思った通りの行動をとろうとし、心で思った通りの結果を得ようとするものです。

だから、頭ではいくらお金持ちになろうと思っていたとしても、お金は汚いものであるとか、お金に執着するのは卑しいと思っているあなたの心が、あなたをお金から遠ざけようとしているわけです。

これが顕在意識と潜在意識が一致していない状況であり、メンタルブロックであるわけです。
いわば、アクセルを踏みながらブレーキをかけているような状態です。
これでは上手くいかないのは当然だと言えるでしょう。

また、そこそこお金を稼げればそれでいいと思っている人や、たくさんのお金を稼ぐことは難しいと思っている人の場合は、やはりある程度上手くいったとしても、そこそこで終わってしまう場合が多いわけです。

それは、自分がそこそこでいいと潜在意識に訴えかけてしまっているせいです。

例えば、あなたが月収30万円であったとします。
お金持ちになりたいと思った時に目指す金額としては、恐らく月収100万円あたりを目指すのではないでしょうか。
もしそうだとしたら、この時点で、月収100万円という高い目標を掲げたと同時に、月収100万円で良いというメンタルブロックを作ったことになります。

世の中にはもっとたくさん稼ぐ人がいるのに、月収100万円を目標にしたのはなぜでしょうか。
恐らく、それなりのお金持ちで良いという考えからです。
しかし、あなたの周りの人の多くが月収300万円稼いでいたらどうでしょうか。
自分もそれぐらいは稼ぎたい、あるいはそれぐらい稼げると思うのではないでしょうか。

これもやはりメンタルブロックであり、自分が描くお金持ち像を思い浮かべ、そこが限界だと勝手に思ってしまうわけです。

もちろんこれはお金の事だけに言えることではありません。
今、高校野球では150km/hの速球を投げるピッチャーがゴロゴロいます。
中には160km/hを出す人も出てくる始末です。

一昔前は、プロ野球選手でも150km/hを出すピッチャーはほんの一握りであり、高校生と言えば140km/hも出せば超一流でした。
だからその当時高校生で140km/hを投げれる選手は、知らず知らずのうちにそこが天井になっていたのだと思います。
しかし、一度150km/hを出すピッチャーが現れると、今まで150km/hを投げるピッチャーなんていなかったのに、次から次へと現れて来たわけです。
まさにこれも知らず知らずのうちに思い込んでいたことであり、メンタルブロックであると言えます。

つまり、何か結果を出したければ、前に進むための駆動力だけに働きかけるのではなく、知らず知らずのうちに自分に制限をかけている抑止力をよく観察する必要もあるということです。

このメンタルブロックを取り除く方法は色々ありますが、まずは自分の思い込みを疑ってみることです。
お金が汚いもの、お金に執着することは卑しいことという思い込みがある人はなぜそのように思うのかを考えてみることが大切です。
大抵は、なんとなく昔から植え付けられていただけにすぎません。

また、お金が汚いものと思う人もいれば、お金は大切なものだと思う人もいるわけです。
これはどちらが正しいというものではなく、それぞれの価値観に過ぎません。
つまり、どちらの価値観も自分たちの内面から出ているものであり、それぞれがお金をどのように見るかによって生まれる価値観であり、お金それ自体が汚いものであるとか大切なものであるという事実はありません。
もともとこの世にない事実を、勝手に自分が思い込みによって作り出しているに過ぎないということです。

そう考えると、そんなものでメンタルブロックが生まれるということが馬鹿らしく思えてきます。

このようにして、無駄な価値観に気づくことも、メンタルブロックを取り除くには有効な手段と言えます。

そして自分が進みたい方向へ、自分の心、潜在意識に訴えかけていくことが何より大切です。
よく、目標を書き出し、何度も何度も読み返すことが大切と言われるのは、そのようにして自分の潜在意識に訴えかけているわけです。
何度も何度も気持ちを込めて読み返すことで、その思考を潜在意識に植え付けるわけです。

そうすることで、顕在意識と潜在意識が一致し、ものすごい力であなたは目標へ向かって進むことが出来るというわけです。

多くの人は何か上手くいかないときなど、上手くいかない原因を探り、もっとこうしよう、もっとここを改善しようと、駆動力ばかりに働きかけることが多いです。
しかし、問題はその駆動力を押さえつける抑止力にあったりすることも実は多いものです。

もし思うようにうまくいっていないという人が居るのであれば、一度自分を止めている抑止力は何かを考えてみることも有効な手段であると言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました