アイディアの良い人は世の中にたくさんいるが、良いと思ったアイディアを実行する勇気のある人は少ない。

名言

アイディアの良い人は世の中にたくさんいるが、
良いと思ったアイディアを実行する勇気のある人は少ない。

- 盛田昭夫 -
(ソニー創業者の一人。)

どれだけ立派な考え方を持っていたとしても、どれだけ素晴らしい理論を持っていようとも、どれだけ優れた戦略を持っていたとしても、それだけでは何も生み出しません。
その立派な考え方や理論、戦略を実行に移してはじめて成果を生み出すことになります。

それどころか、実行の伴わない空論は、無責任な言葉になりかねません。
こうするべきだ、ああするべきだ、それは私も分かっていた、分かりきったことだなどとよく言います。
評論家やコンサルタントがその典型的な例だと言えます。
こうした方が良い、すぐに実行すべきだ、それはダメだ、なぜやらない?など。

言うのは簡単です。

じゃあやってみろ、と言うと、それは私の仕事ではないと言う評論家やコンサルタントが多いでしょう。

何が難しいか。

それは間違いなく実行することです。

戦略を考えることも、案を出すことも、分析をすることも情報を集めることも確かに難しいことです。
しかし、それらを実行すると言うことが、他の物とは比べ物にならないぐらい、圧倒的に一番難しいんです。

実行するということは、自分自身に大きなダメージを負う可能性もありますし、家族や仲間にも大きなリスクを背負わせる可能性があります。
そのビジョンが大きければ大きいほど、その分リスクも大きくなるわけです。
そしてもちろん、単純にしんどい。
大きな責任を負うこともあります。
だから、どれだけ立派な考え方を持った人でも、優秀だと言われる人でも、素晴らしいアイデアを出したり、優れた戦略を打ち出すことはあっても、それらを実行する勇気のある人は少ないと言えます。

頭のいい人、優秀な人はたくさんいます。
しかし、冒頭にも述べたように、立派な考え方や理論、戦略だけでは何も生み出しません。
実行し、そして実現することではじめてその成果を得ることが出来、人を幸せにしたり、影響を与えたり、環境を変えたりすることが出来るわけです。

ただそれはやはり非常に難しく、相当なリスクを負うことになります。
だから例え素晴らしい考え方や戦略を持っている人がたくさん居たとしても、実行する人が少なく、「それなり」、「一般的」、「普通」、と言われる人が圧倒的に多いわけです。

あなたもきっと立派な考え方や理論、戦略を持っていることだと思います。
それを活かすことが出来るかどうかは、恐れず、強い信念を持ち、実行出来るかどうかにかかっていると言えます。

ほとんどの人が、この実行するかしないかの部分で脱落します。
そうであれば、私は実行することを意識していきたい。

確かにリスクがあるし、相当大変な思いもすることでしょう。
それでも成功するとは限らないし、失敗することも多々あります。
だから、必ずしも実行することが正しいとは言いません。
しかし、何かしらの夢や願望、目標、ビジョンを持っているのであれば、それを机上の空論で終わらせるのは非常にもったいないと思います。

そして一度しかない人生で、やりたいと思うことを実行しなければ、いつか必ず後悔する日が来ます。

小説家でエッセイストの林真理子さんの言葉に、
やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、やらなかった後悔はだんだん大きくなる。
という言葉がありますが、まさにその通りだと思います。

失敗というリスクを恐れるよりも、実行しないで後悔するというリスクを恐れたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました