年金2000万円不足問題。賛否両論荒れてますが・・・。

話題

以前に当ブログでもアップした年金2000万円不足問題が荒れてますね~。

以前の記事はこちら。
金融庁、麻生財務大臣も警鐘を鳴らす。年金だけでは2000万円不足する時代到来。

まさに賛否両論。

その表現は不適切や、投資しろと言うのは危険とか、金融庁の報告書は高く評価されるべきなど。

中でも私が気になった記事はこちらです。

「老後に2000万円不足」騒動、金融庁の欺瞞とマスコミの大間違い(飯田 泰之) @gendai_biz
「年金不安」に関する議論がにわかに注目されている。本件は世上を賑わしている論点とは全く異なる意味で非常に不安が募るニュースである。

詳しくは記事を読んでいただきたいのですが、記事の内容をかなり簡単にまとめると、
2000万円不足するという根拠となっているデータがおかしいという内容です。

つまり、引用しているデータは、年金だけでは老後に2000万円不足するという根拠にはならないということです。

記事中の文面を少し引用させてもらうと、

「家計調査は、支出を通じて家計の消費行動を捉えることを目的に作成されている。この支出は調査対象世帯の支出額の平均値であり、その値は「老後の生活に必要な額」とは関係がない。このデータから読み取れることは、「2017年の高齢者無職世帯は(平均すると)月26万円使うことができる収入と蓄えがある」ということのみだ。」

というものです。
確かにこの記事に書いている通りでしょう。

そもそも支出や収入の平均値は、支出や収入が大幅に高い人がその数値を引き上げている場合が多々あります。
その数値を参考にして出した報告書は、確かにあてにならないと言えるでしょう。

しかし、私はどんな正論だろうが、どんな正しいデータを引用した報告書だろうが、正解はないと思っています。

収入、支出、資産、はたまたどこに住んでいるのかなど、そんなことを言い出すと世帯ごとに違いがありすぎるからです。

どんなデータであってもひとつの参考としてとらえればいいのではないでしょうか。

そして、こういう風に2000万円不足する場合もあると理解しておくことで、どのように資産形成していけばいいのかの参考になるわけです。

そういう世帯の場合は2000万円不足する、少なくともこれはデータに基づいた事実なわけです。
そこに危機感を持てるのか、もしくは他人事ととらえるのか、ここが大事なのでしょう。

今回の件で、今金融庁も与党も叩かれていますが、いいことばかり言う政治家よりも、私はこういう風に警鐘を鳴らした金融庁は凄いなと思います。

恐らく、国が国民の生活を保障できないのは揺るぎない事実となってきました。

そういう意味で、前もってこのように警鐘を鳴らすことは必要なことでしょう。

色んな裏工作もあるかもしれませんが、私は私自身も含め、今のままでは多くの人が将来悲惨な目に合うのではないかと思っています。

合わせて読んでいただきたい記事
イソップ童話、アリとキリギリス。このままではほとんどの人がキリギリスになってしまいそうです。

そんな目に合わないために、国や社会に頼るのではなく、みんなが自分自身の身を守る意識を持つことが大切なのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました