人は人間心理によって簡単に財布のひもが緩くなる。

お金

先行き不透明なこの時代、多くの方が一生懸命働き、収入を得て、節約して少しでも貯金が出来るように、あるいは資産を増やせるようにと頑張っていることでしょう。
もちろん、私もその一人であります。

しかし、普段数十円、数百円を節約しようと頑張っているにもかかわらず、人は一度財布のひもが緩むと、簡単にその努力を水の泡にしてしまいます。

金額が大きい物を購入するときは、少額を気にしなくなる。

例えば200万円の車を購入するときのことを考えてみましょう。

200万円の車を買うと決めた後、大抵の場合はそこからオプションを付けます。
カーナビやオーディオ、ドライブレコーダーなど、数万円、数十万円するようなオプションを大した検討もせずにどんどん追加していきます。
大抵の場合、気が付けば250万円程度になっていたということが多いと思います。
それでも、必要だから仕方ないと言って前向きにそのことを捉えます。

しかし、いつも数十円、数百円程度のお金を、ランチ代を削ったり、スーパーの特売品を買ったりして節約しているのに、このような買い方が本当に正しいのか、冷静になって考えてみて下さい。

例えばカーナビが本当に必要なのであれば、カーショップや電気屋さんに買いに行くと思うのですが、そこまでする必要は無いと思うのであれば、カーナビ自体そこまで必要ではないということです。
そして本当に必要と判断して買いに行くにしても、10万円を超えるような買い物になるかもしれないのですから、本当にこのサイズの物がいいのか、この機能が必要なのか、価格は適正なのか、他の店ではいくらなのか、十分検討してから購入するはずです。

しかし車を購入するときはいとも簡単にオプションとして購入してしまうわけです。

これは、車本体が200万円もする高額なものですから、どうせこれだけ金額を出すのだから、あと少しぐらいはいいだろうという心理が働いているわけです。

つまり、価格が高ければ高いほど、少額のお金が気にならず、簡単に使ってしまうわけです。

普段は数十円、数百円を気にしますが、1万円の買い物をするときは数百円程度気にしなくなるし、10万円の買い物をするときは数千円程度は気にしなくなるし、100万円の買い物をするときは数万円程度は気にしなくなるわけです。

これは人間心理ですから仕方ないことですが、逆に言えばこの心理を知っていれば、無駄な出費を抑えることが出来るわけです。

この心理を知らなければ普段の節約が水の泡となる可能性があります。

開放的になると金額を気にしなくなる。

次に、気を付けなければならないことは、人は開放的になると金額を気にしなくなるということです。
これはよく言われることですね。
人は気持ちよくなるとどうでも良くなってしまうものです。

例えば、家で作るご飯に3,000円かける人は少ないですが、外食で3千円以上平気で出す人は多いわけです。
家で飲むお酒は数百円で済ます人が多いのに、飲みに行くことになると1万円以上出す人も多いわけです。

これは、せっかくだからとか、こういう時は特別であるとかいう心理が働いていると言えます。

この心理のおかげで、外食の時はお金をかけてもいいとか、飲みに行くときはお金をかけていいとかいう考え方になってしまうわけです。

これも冷静に考えれば無駄遣いだと言えます。
例えば外食で3千円かけるのと同じように、家のご飯に3千円かけたとすれば、かなりいいお肉のステーキを食べることだって出来ます。
それでもおつりがくるぐらいですね。
それでも、家で食べるご飯に3千円もかけられないとか、家でステーキを食べるなんてもったいない、という風に思うわけです。

それにも関わらず、人は外食だからとか、旅行だからとか言って、こういう時ぐらいいいだろうという心理に身を任せ、普段の節約で貯めたお金を一気に吹き飛ばしてしまいます。

この心理も、知っていれば冷静な判断である程度防ぐことが出来ますが、知らなければ人間心理のままお金を消費することになるかもしれません。

お金に対しては、やはり冷静な判断が必要です。

まとめ

とは言え、たまには息抜きも必要ですから、どうせこれだけ出すのだからとか、せっかくだからとか、こういう時ぐらいとか言う理由でお金を使うのもいいと思います。

しかし重要なのはこの人間心理を知っているかどうかというところです。

この心理を知った上で、それでもたまにはいいかと思うのであれば、冷静な判断の上でそれでもいいと判断したと言えますが、何も知らずに、たまにはいいかと思っているのであれば、それは人間心理に操られ、冷静な判断を失った結果、浪費したお金であるかもしれません。

高額な買い物をするとき、開放的な状況のときこそ、お金に対して冷静になる事が必要だと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました