お金があれば幸せなのか?大切なのは資産の量ではなく付き合い方である。

お金

「LIMOくらしとお金の経済メディア」の記事より。

幸せにはある程度のお金が必要…その「ある程度」っていくら?お金があれば、本当に幸せ? | LIMO | くらしとお金の経済メディア
「お金があれば何でもできる」と思っている人も多いのではないでしょうか。たしかに、お金があれば自分の好きなものを思う存分手に入れることができます。おいしい食事や、豪華な旅行を満喫することもできるでしょう。しかし、お金で買えないものも存在します。それは「幸福」。たくさんのお金があるからといって、必ずしも幸せになれるとは限ら...

お金があれば本当に幸せなのかをまとめた記事がありました。

この記事の結論としては、お金は幸せになるためには必要なものではあるが、お金があるからと言って必ずしも幸せになれるとは限らない、お金ばかりが目標になってしまうと見失ってしまうものもあり、収入面以外の目標を持ってみることで幸せを感じやすくなると述べられています。

この見解が正しいのかどうかは分かりませんが、お金があるだけでは幸せになれないということは間違いないと思います。
ただ、お金があれば選択肢が広がり、自分の人生の視野や幅が広がることも間違いありません。
ということは、幸せになれるとは限らないけれども、幸せになりやすいということは言えるのではないかと思います。

このようなお金と幸せの議論は尽きないものです。
なぜお金があっても幸せになれるとは限らないとよく言われるのか。

それはお金があることそのもので幸せになれるわけではなく、そのお金をどのように使うかによって幸せになれるかどうかが決まるからだと思います。

そしてそれよりも大きな要因として、人のお金に対する根本的な考え方が、お金があれば幸せを感じるのではなく、お金の心配がなくなったら不安が消えるというものであるからだと思います。

以前にこのブログで、
いくら貯蓄をしたところで安心はできない。少しずつお金のなる木、収入の泉を育てよう。
という記事を書きました。

ここにも書いたのですが、仮に貯蓄が1,000万円あったとしても、1億円あったとしてもお金の不安は拭えないものです。

もちろん年齢やその人の考え方にもよると思いますが、1億円あったとしても、1億円あるという幸福感よりも、1億円ではいずれそこを尽きるという不安の方が大きいのではないでしょうか。

しかし、一気に大金持ちになれるわけではないですが、安定的に月20万円入るとしたらどうでしょうか。
不安は大きく解消され、幸せであるとさえ感じることが出来るのではないでしょうか。

この不安さえなくなれば、例え大金持ちでなくても自分の時間を自由に使うことが出来、行動の選択肢が増え、幸せであると感じられるのではないでしょうか。

結局はたくさんお金を持っていたとしても、自分の時間や人間関係などを代償として差し出しているうちは幸せを感じにくいのではないかと思います。
そして例え1億円あろうが、いずれそのお金が尽きてしまう可能性があるうちは不安を拭えないわけです。

そうであれば、やはりどのような収入の得方をし、どのような使い方をするかがカギを握っているわけです。

収入の得方としてはわずかでもいいから、自分が何もしなくとも継続して収入が入ってくる仕組みがいいでしょう。
そして使い方としては、その収入の範囲内で自由に使い、目減りしない程度、あるいは常に増え続けていくような使い方がいいでしょう。
そのような仕組みを作り、上手くお金と付き合っていくことで、人生の幸せを作っていきやすいのではないでしょうか。

そう考えれば、間違いなくお金と付き合うようはあるということです。

どうせ付き合うなら上手く円満に付き合っていきたいものです。

その先に幸せが待っているものであり、お金があるから幸せとか、お金があっても幸せではないとかいう問題ではなく、自分がどう付き合うかが大切なのだと思います。

余談ですが少し実例を紹介させていただくと、ブラジルの石油王として世界の富豪ランキングにも登場したエイケ・バチスタは、かつて345億ドル、日本円では3兆円を超える資産を築いていましたが、その1年後には事態が急変し、資産を司法当局に差し押さえられ、破産しています。

いくら財産を築いたところでお金と円満な付き合い方をしなければ、お金の方から離婚を迫られるということです。

お金に関する幸せ不幸せを決めるのは、持っている金額ではなく、付き合い方であるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました