あなたはお金が好きですか?本当はお金ではなく、お金によって得られるものが好きなのかもしれません。

お金

あなたはお金が好きですか?

お金があれば働かなくても良くて、好きなものを食べて、好きなものを買って、好きなことをして過ごせるとか、家賃やローンなどの支払い、生活費の心配もいりません。

しかし、それって本当にお金が好きなのでしょうか?

実はお金が好きなのではなく、お金によって得られるものが好きなのではないでしょうか。

もちろん、お金とは使うことで何かを得られる交換手段であるわけですから、それも正しい使い方の一つであると言えます。

しかし、それではお金が好きだとは言えません。

多くの人はお金が好きだと言いつつ、貯金を聞いてみるとほとんどなかったり、中には貯金ゼロという人も居ます。

このブログでも以前に紹介しましたが、実際、貯金ゼロの世帯はなんと3割以上もあります。

収入格差、貯蓄格差。それらはすべて考え方が生むものである。

お金が好きなら、自分の手元に置いておきたいと思うはずです。
しかしお金が手元に残っていないのであれば、それはやっぱりお金が好きなのではなく、それによって得られるものが好きなわけです。

お金が好きな人にお金は寄ってくると言います。

お金が好きなのにお金が寄ってこないという人は、この点を少しみなしてみる必要があるかもしれません。

あくまでこれはオカルト的なものだと言うかもしれませんが、そうとも言い切れないと個人的には思っています。

例えいくら稼ごうが、稼いだ分だけ使う人は、いつかお金に足元をすくわれ、貧困に陥ることが多いです。
これは一発屋的にお金持ちになった人の多さを見ればよく分かります。
特に芸能人を見れば分かりやすいと思います。
一発屋で消えていった人は皆さんよくご存じだと思いますのでわざわざ名前はあげませんが、きちんとお金を大切にしていた芸人のコウメ太夫さんやヒロシさんなんかは今でもお金を増やし続けています。

コウメ太夫さんに関してはこのブログでも以前に触れました。

5,000万円のアパートを経営する芸人、コウメ太夫さんから学ぶ資産運用の大切さ。

お金を大切にせず、稼いだ分使う人はやはり貧困に陥りやすいと言えます。
それは、突然の大きな出費(個人的な出費もそうですが、恐慌や天災、病気なども含みます。今ならコロナウイルスによってたくさんの人が困窮し始めています。)が必要になる事があったり、収入が多ければ多い人ほど、収入額が安定しにくいからです。

そう考えると、一般的な収入の方よりも危険であるということです。
突然の出費、収入の減少、このどちらかが発生すれば一気に貧困に陥る可能性があるからです。

つまり、お金に足元をすくわれるわけです。

一方、お金が大好きできちんと自分の手元にお金を置いている人は、何か困った時にそのお金を使うことが出来ます。

つまり、今まで大切にしてきた分、恩返しとしてお金が助けてくれるわけです。

少しオカルト的に聞こえたでしょうか。
しかし、お金を大切にし、手元に残しておくことで得られるメリットは他にもたくさんあります。
資産を運用することで得られるさらなる収入、チャンスが来た時の軍資金、選択肢の拡大など、やはりお金があることで得られる恩恵は多いものです。
だから、お金が好きな人のところにお金は寄ってくるというのは、オカルト的な部分もあるかもしれませんが、とても理にかなっている部分もあります。

あなたはお金が好きでしょうか?
それともお金で得られるものが好きでしょうか?
もし後者なら、お金を好きになってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました