お金を稼ぐ2つのパターン。時間を切り売りして稼ぐ人と仕組みを作って稼ぐ人。

お金

ANA Financial Journalの記事より。

「稼ぐためにたくさん働く」思考では年収は上がらない理由
「年収を上げたい」と思ったとき、多くの人が知らず知らずのうちに「時間で稼ぐ」選択をしてしまいます。しかし、自分の時間を切り売りする働き方では、せいぜい年収2,000万円止まりです。柔軟な思考で「年収を上げる」方法を考えたとき、何が見えてくるでしょうか。一人の人間が「時間で稼ぐ」と必ず限界がくる

「稼ぐためにたくさん働く」思考では年収は上がらないという記事があがっていました。

もちろん、たくさん働いても全く年収が上がらないというわけではなく、限界が来るという意味です。
記事中には、
時間を切り売りする働き方で実現できるのは、せいぜい年収2,000万円程度でしょう。
と書かれています。

いやいや、年収2,000万円なら十分でしょう、と思う方もいらっしゃると思います。
確かに年収2,000万円あればそれなりの小金持ちであり、生活はかなり豊かになります。
しかし、たくさん働いて自分の時間を切り売りするということは、人生の貴重な時間とお金を交換しているようなものです。
上手くいけば大きなお金を手に入れることは出来るかもしれませんが、その分失うものも大きいと言えます。

時間とは、誰もが平等に持っているものであり、誰もが平等にしか与えられていないものであり、誰もが取り戻すことが出来ないものであります。
つまり、何かに時間を投資したら取り返すことが出来ないわけです。
そうであれば、時間を切り売りするのも時にはいいですが、欲張りな私は切り売りした時間の分しかリターンを得られないことよりも、一度切り売りしたらその後も継続的にリターンが入ってくるような稼ぎ方を選びます。

どのようにすれば、そのように継続的にリターンを得られるかというと、レバレッジを利かせるということです。

たくさん働くだけでは限界が来る理由は、一人では出来ること、出来る範囲に限界があるからです。
そうであれば、自分が働かなくとも収入を生み出す仕組みを作る必要があるということです。

記事ではその方法をこのように書いています。

自分が働くのではなくヒト・モノ・カネ・情報に働いてもらう

まさにその通りだと思います。
自分が働くのではなく人に働いてもらうビジネスオーナ、自分が働くのではなく物に働いてもらう不動産所有者や発明家や開発者、自分が働くのではなくお金に働いてもらう投資家、自分が働くのではなく情報に働いてもらう著作家やブロガーなど。

これらの人は、働く対価として収入を得ているわけではありません。
収入を得る仕組みを作り、その仕組みから収入を得ているわけです。

例えるなら、たくさん働いてお金を稼ぐ人は湖に水を汲みに行っているようなものです。
水を汲みに行く回数を増やせば増やすほど、自分の貯水池に水が溜まっていくのは当然です。
しかしその分時間を切り売りしているというわけです。

一方、仕組みで稼ぐ人は湖から自分の貯水池まで水が流れてくる仕組みを作ることにフォーカスしたということです。
そうすれば、わざわざ湖まで水を汲みに行かなくとも自然と水が流れてくるわけです。

どうせ労力を使うのであれば、私は後者に労力を使いたいと思うわけです。

最初は小さな仕組み作りでもいいと思います。
その分流れてくる水はわずかですが、わずかでも水が流れてくるわけです。
一度わずかでも水が流れてくる仕組みを作れば、その分水を汲みに行く回数は少なくて済みます。
その浮いた時間でもう少し水が流れてくるように仕組みを改善する、あるいは新たな仕組みを作ることに労力を振り向けることが出来るわけです。
そうすれば、また水を汲みに行く回数は減り、もっと仕組みづくりに時間を振り向けることも出来ますし、自由な時間も増えてきます。

そうなれば、もっとたくさんの水を求めて仕組みを大きくすることも、ゆっくり楽しく過ごすことも自由になるわけです。
あなたが何をしていようと、一度作った仕組みによって水は勝手に流れてくるのですから。

時間を投資する、労力をかけるのであれば、やはりこのように、将来が楽になるように時間と労力をかけていきたいと思います。

しかし、一番最初の仕組みづくりが一番難しいわけです。
どのようにすれば自分の貯水池まで水を流す仕組みを作ることが出来るのかが分からないし、相当な労力がかかるわけです。
だから、大抵の人はそれを選ばず、何度も水を汲みに行くことを選びます。
しかし、一度わずかでも自分の貯水池まで水が流れる仕組みを作ってしまえば、それを大きくすることも、新たな仕組みを作ることも、一番最初よりは割と簡単に出来るようになってくるものです。

時間を切り売りしてたくさん水を得ることも大切ですが、将来大きなリターンを得られるように仕組みを作っていくという視野も持っておくべきではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました