私たちが人生で本質的に求めているものは時間であり、お金ではない。しかし、お金は時間を生むツールである。

哲学

私は以前、月収で3,000万円いじょう稼ぐ方と少しの間仕事をする機会がありました。
とてつもないお金持ちです。

その方は、見た目は質素ですが、いわゆるお金持ちがするであろう行動や、お金持ちが持つであろう物を持っていました。

お金持ちにありがちなこととして、運転手を雇い高級車で移動する。
その方もまさにそのようにして移動されていました。

当時20代前半だった私は、やっぱりお金持ちはいいなぁ、ぐらいにしか考えていませんでしたが、ある時、何がきっかけだったかは忘れましたが、その方がなぜ運転手を雇い、それを移動手段としているかという理由を聞く機会がありました。

その理由には若かった私は衝撃を覚えたものです。

その方が言うには、
「私の時間的な価値と、運転手へ支払う金額を比べれば、運転手を雇う方がいいからだ。」
ということでした。

つまり、この方が運転手を雇って後部座席で何をしているかというと、さらなるビジネスを生むために仕事をしていたわけです。
前述の通り、この方の月収は3,000万円以上。
単純に時給に置き換えることは難しいですが、一般のサラリーマンと同じように1日8時間、週休2日制で働くと考えるのであれば、時給18万円以上になる計算です。

もっと言えば、サラリーマンほど働いていません。
たくさんの時間をお持ちの方でした。

その方が仮に何も出来ない状態で1時間移動で時間を使うなら、18万円以上、生まれるはずのお金が生まれないということになります。

だから、運転手を雇い、その間に仕事をしたり、仕事の合間の仮眠をとったりするのだそうです。

この考え方は、今思うと色々なところで紹介されていますが、当時若かった私には衝撃的でした。
お金持ちはお金にものを言わせて楽をしていると考えていたからです。

しかし、お金持ちはこのように、
自分の時間がどれだけ大切かということを理解しているからお金持ちになるのだと私は思います。

つまり、お金で時間を買うのです。

私たちはお金を求めて、もっと稼ぎたい、もっと資産を増やしたいと思いますが、この根本にあるのは、
時間を有効に使いたいという気持ちだということを理解しておかなければなりません。

あなたはお金を稼いだら何をしたいですか?

美味しいものを食べたい。
いい物を身につけたい。
会社を辞めたい。

これらすべてに共通するものは、自分が幸せだと思う時間が欲しいということです。

美味しいものを食べたいというのも、いい物を身につけたいというのも、その時の感情が欲しいわけです。
それらを食べた時の幸せな感情、それらを購入した時の幸せな感情、身につけている時の幸せな感情。
そして会社や上司、人に縛られないという生き方が出来る幸せな感情。
どれも、幸せな時間を過ごしたいから、それらの物を手に入れたくて、お金を欲するわけです。

つまり、お金を手に入れることが目的になっていてはダメなわけです。
その奥にある、本当に欲しいものが何かを理解する必要があります。

お金が欲しいわけではありません。
物が欲しいわけではありません。
人間は皆、その時の感情が欲しいのです。
そのような幸せな時間を過ごしたいのです。

つまり、お金よりも大切なものは時間なのです。

しかし多くの人は時間を浪費してしまいます。
お金よりも大切なはずの時間を浪費しているのです。

この違いが差を生むわけです。

お金とは、自分の幸せという感情や、幸せだと思う時間を過ごすためのツールに過ぎません。

逆説的ですが、お金よりも自分の時間が大切だと知ることで、お金を生むことが出来るわけです。

時間を大切にするものこそ、お金をも手に入れることが出来ます。

お金を手に入れたものは、お金で自分の時間を買うことが出来、さらに時間を作ることが出来ます。

お金があったらこうしよう、時間があったらこうしよう、と思ったことはないでしょうか。
ダイエットしたいけど、運動したいけど、勉強したいけど、忙しいから出来ないと言って後回しになっていることはないでしょうか。

やはりこれらも、あなた自身の理想を邪魔する、何者かに縛られているからだ言えるでしょう。

やはり、何らかの原因で自分の時間が縛られているうちは、やりたいことも出来ないものです。

この損失に気づくことが大切だと私は思います。

そしてこの損失に気づいたのであれば、今ある時間を大切にすることが重要です。
お金よりも大切な時間を浪費してはいけない。
その時間があなたの将来を決める時間となるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました