FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの9月9日~9月13日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から18週間が経過しました。18週目の収支報告です。実は先々週ぐらいから、取引方法をかなり短期に切り替え、さらに今まではあまりやるべきではないと思っていた逆張りメインの取り引きに切り替えました。為替の動きというものは、トレンドが出来たらその方向に伸び続けるというセオリーがありますので、そこに逆張りで入るというのはある意味タブーな取り引き方法であるかもしれません。
話題

消費税増税に反対するわけではないけど、国の財源が大切なのは分かるけど、私たちの財源はどうなるの?

私は消費税増税に反対しているわけではありません。本当に国の財源が足りず、国を守るため、運営していくために必要ならば、国民として支払う義務があるのも当然ですし、必要経費なのだと思います。しかし問題なのは、その集めた財源で、つまり私たち国民が負担をすることで、私たちは豊かになるのかというところです。今の政府のあり方では、国民が納得しないのは当然だと言えるでしょう。
教育

子供にお金の教育は必要?不要?

私は家に帰っても仕事ばかりをするものですから、はじめのうちは遊んでほしいと言ったり、パソコンを触りにきたりと、邪魔ばかりされていたのですが、私からも妻からも、仕事をすることでお金を得ることが出来、お菓子を買える、遊びに行ける、旅行に行ける、外食に行けるなどと話をするうちに、仕事中は一切邪魔をせず、他の遊びをするようになりました。
自己啓発

物事を先延ばしにすると、先延ばしにした時間以上のロスが生まれる。

先延ばしにすること、それは多くの人が持ち合わせている習慣であり、誰もが戦ったことのある敵だと思います。そしてこの習慣は、成功を妨げる大きな要因となります。機会損失とよく言われるように、その時にやるべきことをやっていなかったために、チャンスを失うことが多くあるからです。数時間の遅れでも、数日の遅れでも、数カ月の遅れでも、数年の遅れでも、あなたがそのように決定したのですから、あなたの心はあなたの成功を待ってくれます。
おすすめ書籍

用意周到な人だけが、ぼた餅を手に入れられる。

棚からぼた餅という言葉は本来、思いがけない幸運が舞い込むこととして使われる言葉ですが、稲積さんはこの本の中で、思いがけない幸運なんてものは、本来存在しないと述べています。なぜなら、ぼた餅が落ちてくるとしても、そもそも棚の下まで行って口を開けないとぼた餅を食べることは出来ないから。さらには、たくさんあるどの棚からぼた餅が落ちてくるか分かりません。その棚を見つける必要があるわけです。
自己啓発

武田信玄の名言。一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳が出る。

今、目の前にあることに全力を尽くすことが大切である。これは多くの成功者や著名人、あるいは書籍によく出てくる言葉です。もちろんこの言葉は的を得ているし、当然の大原則だと思います。仕事で雑用をさせられるときであっても、前向きに取り組んでいる人とそうでない人の差は出ます。例えば資料を作成するときであっても、中途半端にやる人は言われた通りにやる、という仕事のやり方をします。
哲学

ワイドナショー出演の乙武洋匡さんから学ぶ、信頼関係の大切さ。

僕のモノマネをすることは不謹慎だというルールにはしたくない。例えばあなたと私がめちゃくちゃ仲良くなって、普段から飲みに行くようになった、普段から冗談を言い合える関係性になった時に、僕のお酒の飲み方(乙武さんは手が無いため、普通の人では出来ない器用な飲み方で飲む)を真似して笑いを取るのはOKなんです。でも、全然お会いしたことも無いあなたが、僕の飲み方の真似をしたら多分ムカッとくるんですよ。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの9月2日~9月6日週間レポート。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から17週間が経過しました。17週目の収支報告です。今週は、あれ?FXのコツつかんだ?と思うぐらい順調でした。もちろん結果を見ればマイナスで終わってますので全くコツをつかんだわけではないのですが(笑)というのも、今回は収支上はマイナスなのですが、勝率が68%。
お金

10億円あったら、明日あなたは出社しますか?

例えば10億円あったら、明日出社するかどうか。今日は日曜日で、月曜日の憂鬱な出社をするかと言ったら多くの人がしないと答える。10億あるなら出社しないと。それは、あなたはお金のために会社に勤めているということ。お金があってもお仕事に行かれる人は、私はいいと思う。だってお金のためじゃないから。あなたは何のために会社に行き、働いていますか?
哲学

人生のレベルは自分への質問の質で決まる。

何を自分に問いかけるのか。仕事でもなんでもそうですが、基本的に結果を求められるものですし、結果が注目されるものです。しかし、その結果を生み出すためには問題提起が必要なわけです。実はここに注目しなくてはいけないと私は思っています。何らかの問題提起があるからこそ、そこにメスを入れることが出来、その部分を改善する、もしくはその問題に立ち向かっていくことで結果が出るわけです。