ビジネス

ビジネスにおいて、「頼る」ことと「任せる」ことは全然違う。

頼る」ということと、「任せる」ということは全然違うということです。しかし、リーダーは一部の仕事をやればいいだけではなく、全方位の事をしなければならないために、采配を振るい、業務を把握し、任せるということが必要になってくるわけです。その能力を身につけることが大切になってくるわけです。この能力を身につけなければ、マネージャーやリーダーとしては不十分であると言えます。
話題

銀行はいずれ無くなる。口座維持手数料の導入は銀行を破滅へと向かわせる。

今はキャッシュレス決済が非常に強い勢いで浸透してきています。そう考えれば、手数料を払わなければならない銀行口座にお金を預けるよりも、簡単にチャージ出来、いつでも支払いに使えるキャッシュレス決済にお金を入れておく方が合理的であるわけです。中国ではスマホを忘れれば何も出来ないと言われるほどキャッシュレス決済が浸透しています。 その一つの理由として、キャッシュレス決済最大手のアリババ(アリペイ)が、アリペイにお金を入れておけば金利をつけるという仕組みを作ったことが大きな要因となっています。
ビジネス

与えることで与えられる。好意を持つから好意を持たれる。好かれようとする努力は不要な努力である。

「あなたはお客様から、『もらうこと』しか考えていないんだね…。仕事をください!さらに僕のことを好きになってください!って…それは逆じゃないかな?お客様は、自分に一番与えてくれる人に、仕事をあげようとするんじゃないかな」与えることで与えられるという言葉もあるように、やはり始めは自分から与えるべきであり、好かれる、ではなく好きになるべきだと言えます。興味を持ってもらうのではなく、興味を持つことから始めるべきです。
名言

アイディアの良い人は世の中にたくさんいるが、良いと思ったアイディアを実行する勇気のある人は少ない。

アイディアの良い人は世の中にたくさんいるが、良いと思ったアイディアを実行する勇気のある人は少ない。- 盛田昭夫 -(ソニー創業者の一人。)実行の伴わない空論は、無責任な言葉になりかねません。こうするべきだ、ああするべきだ、それは私も分かっていた、分かりきったことだなどとよく言います。評論家やコンサルタントがその典型的な例だと言えます。
FX

素人がFXで資産を増やせるのか?初心者トレーダーの2月17日~2月21日週間収支報告。

2019年の5月13日からわずか4万円の軍資金でFXを開始しました。開始から41週間が経過しました。41週目の収支報告です。今週はなんとか利益は出ましたが、バカだなという反省の気持ちが大きい週でした。ボラがあるのにあまり勝てていないという感情が私を狂わせました。延々と上昇し続ける相場に対して、もっと大きく勝ちたいと思ったために、ほぼ最高値の112.177円の時に、ロングでエントリーしました。
自己啓発

妄想は大切。その楽しさ、興奮、高揚感で目標達成の扉が開かれる。

大切なのは、夢が叶いますようにではなく、夢は叶っていると思い込むことです。その目標を達成した後の感情を先取りする必要があるわけです。その感情を先取りすることで、達成した後の自分をありありと思い描くことが出来ます。その感情を先取りすることで、達成した後の自分をありありと思い描くことが出来ます。元お笑い芸人の島田紳助さんはこのように言っています。
哲学

扉のカギをいくら壊そうとも、心にかかっているカギは決して外側から開けられるものではなく、絶対に内側からしか開けられない。

人の心の扉を無理やりこじ開けることが出来たとしても、その人がその扉から出て来るとは限らないわけです。その人が出てくるときは、必ず自分の意志で出てくるということです。私たちは強制的に人を変えることは絶対に出来ません。私たちに唯一出来るのは、その人が扉から出て来られるようにサポートすることです。扉のカギをいくら壊そうとも、心にかかっているカギは決して外側から開けられるものではなく、絶対に内側からしか開けられないのです。
名言

人間は働きすぎて駄目になるより、休みすぎてサビつき、駄目になることの方がずっと多い。

人間は働きすぎて駄目になるより、休みすぎてサビつき、駄目になることの方がずっと多い。- カーネル・サンダース -(本名:ハーランド・デーヴィッド・サンダース。ケンタッキーフライドチキンの創業者。)致命的になるのは大抵精神面が負けてしまった時です。その時こそ、人間が一番サビついてしまうタイミングであるわけです。
自己啓発

今にも飛び立ちそうなのに飛び立てないでいるのは、後輪が地面についたままであるからかもしれません。

私たちは大空に飛び立つつもりで滑走路を走り出します。何度も何度も滑走路を走って飛び立とうとしますが上手くいきません。今にも離陸しそうなところまで来ているのになぜ飛び立てないのだろう?疑問に思って機体をよく見てみると、飛び立とうという思いとは裏腹に、実は後輪が地面についたままになっています。大抵の人は、自分では気づいていないかもしれませんが、このような状態であるのではないでしょうか。
自己啓発

誰にも才能がある。ただ、その才能の活かし方と表現の仕方が分からないだけである。

今は引退してしまいましたが、元お笑い芸人の島田紳助さんはこのようにおっしゃっています。「我々なんか皆さんと何も変わりません。才能があって、天才であるなんて絶対ないですよ。ただ、そうあるようにどうやって見せるかだけなんです。」決して自分を過小評価してはいけません。私たちは誰もが普通の人であり、しかし才能と魅力を内に秘めている人でもあるわけです。