後悔と反省の決定的な違い。

自己啓発

後悔と反省の違い。
哲学的なテーマですが、実際、後悔と反省には大きな違いがあると思ってます。

私個人的な見解ではあるかもしれませんが、後悔とは読んで字のごとく、過ぎたことに対して悔いること。過去の失敗した出来事について悔いて、思い悩むことだと思っています。

対する反省とは、過去の失敗した出来事から学び、未来へ活かすことだと思ってます。

簡単に言うと、後悔は失ったもの、つまり無いものをいつまでも悔やむ思考。
反省は未来を変えようとする思考だと思っています。

この違いは大きいですよね。

失われたものや時間のことを考えても仕方がありません。
しかしその経験を未来に活かすことは出来ます。

つまり、後悔と反省は、起こった出来事に対してどのような思考を持つかで決まるのだと思います。

例えば、何かに失敗して挫折してしまった場合、その瞬間にその失敗は後悔に転じてしまうでしょう。
しかし、挫折さえしなければ、それは次に生かす非常に価値のある経験になります。
この瞬間、失敗は反省へと転じるわけです。

つまり、後悔となるのか反省となるのかは、自分の気持ち、思考の持ちようで変わるのだと思います。

誰が言ったかは知りませんが、こんな言葉を聞いたことがあります。

後悔は、過去を変えたがる気持ち。反省は、未来を変えようとする気持ち。

まさにこの言葉通りなのではないかと思います。

失敗した過去を変えることは出来ません。
しかし、失敗した経験から未来を変えることは出来ます。

言えることは、
後悔は絶対にするな!
しかし、
反省は死ぬほどしろ!
ということです。

しかし、どうしても反省ではなく、後悔にしかならないことがあります。

それは、
やらなかったことに対しての失敗です。

あの時こうやっておけばよかったのに、という失敗に対しては後悔しか生まれません。
行動していないのに振り返って次に活かすことが出来ないのは当然ですよね。

やらなかったことを振り返った時に生まれるのは後悔しかないのです。

もう一つ言葉を借りるのであれば、

やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、やらなかった後悔はだんだん大きくなる。

ということです。

これは小説家の林真理子さんの有名な言葉です。

やらなかったことに対しては後悔しか生まれません。
しかし、やってしまったことには反省が出来ます。

つまり、反省するためには行動が必要になってくるということです。

私は、人は経験からしか成長は得られないと思っています。

本やセミナーなどで学習することは出来ても、体得することは出来ません。
それらを活かすには必ず行動が必要です。

後悔しないためには行動をすること。

そして行動さえしていれば、反省することが出来るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました