誰にも才能がある。ただ、その才能の活かし方と表現の仕方が分からないだけである。

自己啓発

以前にこのブログで、
目標や夢を書き出すことの大切さ
という記事を書きました。

多くの自己啓発書なんかでは、願望を明確にし、計画を立てるべきだと言われます。
あなたも一度や二度はこのような話を聞いたことがあると思います。

しかし、これだけたくさんの成功者が推奨する、
願望を明確にし、書き出す。
願望に向かうための計画を立てる。
ということを、ほとんどの人は実行しません。
やった方が良いと分かっているのにやらないわけです。

ということは、やらない理由があるのでしょう。

単純に面倒くさいとか、そこまでやらなくてもなど、やらない理由は色々あると思いますが、その理由の一つとして、
自分には才能がないとか、次元が違うとか、自信がない、ということがあげられるのではないかと思います。

だから、そのような自己啓発書に出会っても、どこか他人事で、自分には関係の無いことだと思ってしまい、いまいち実行には移せないという部分があると思います。

確かに、莫大な富を稼いだ人物を例にあげられても実感が湧かないということはあると思います。
しかし、その莫大な富を稼いだ成功者であっても、ある程度の成功者であっても、今は全く成功していない人であっても、人間は皆同じで、生まれ持っての成功者はいません。
しかし、成功者とそうでない人、という差が生まれることは事実です。

そして私の持論ですが、すでに成功した人であっても、今は成功していない人であっても、人は誰もが何らかの才能を持ち合わせていると思っています。
ただ、その才能を才能だと気づいていなかったり、どのように活かしたり、見せたり、表現するかが分からないだけなのだと思っています。

その才能を自分の中で眠らせたままにしているから、価値を生まないだけなのだと思います。

成功者とそうでない人の差なんてものは、このようなほんの少しの差であり、それをアウトプットするかどうかの違いが大きいのだと思います。

本当は誰もが大きな価値を持っているはずです。

だから、よく師匠とかメンターと呼ばれる人に出会うことは大切だと言われます。
なぜそのような人たちと出会うのが大切なのか。
それは、その人たちはあなたの中に眠っている才能をどのように表現し、活用していけば活を生み出せるかを分かっているからです。

自分たちがそのように、自分の才能を表現し、活用することが出来たからこそ、人の才能もどのように活かせばいいかが分かるわけです。

実際、成功者はいわゆる一般人を成功者へと導くことが多々あります。
ということは、やはり成功者だけが成功する才能を秘めているわけではなく、才能は誰もが持っており、成功者はその活かし方が上手いのだということです。

つまり、あなたもまずその才能に気づくことが重要であり、その才能を活かすこと、見せること、表現すること、アウトプットすることが大切だということです。

もしそうであれば、何もせずにその才能を埋もれさせ、アウトプットしようとしないことがどれだけ勿体ないことかが分かると思います。

活かし方、表現の仕方が分からなくとも、間違っていようとも、とにかく動いて表現しようとさえすれば、何らかのフィードバックは得ることが出来ます。
そのフィードバックを元に改善を繰り返すことで、自分の才能の活かし方、表現の仕方というものが見えてくるのだと思います。

しかし、最初から自分にはそんなことできないとか、才能がないと思い込んで表現しようとさえしないのは、自分を過小評価しすぎだと言えます。

成功者も含め、私たちは誰もが最初は普通の凡人であるわけです。

しかし、そんな凡人でも、自分を表現しようと努力し、見せ方、表現の仕方を学んでいくから、やがて人に価値を与えられる人間になり、その対価として成功が手に入るわけです。

今は引退してしまいましたが、元お笑い芸人の島田紳助さんはこのようにおっしゃっています。

「我々なんか皆さんと何も変わりません。才能があって、天才であるなんて絶対ないですよ。ただ、そうあるようにどうやって見せるかだけなんです。」

そして後輩に向かってこのように言ったと言います。

「みんなルアーだ。本物のエサではない。みんな偽物。だからじっとしてたら誰も食いつかない。だから俺たち先輩とかが、そのルアーを本物のように動かしたり素敵に動かすと、その偽物のルアーでも素敵に動いた瞬間パクっと食いつかれて売れる。だからじっとしてたらアカン。何かを始めて動くことが大切。」

まさにその通りではないかと思います。

自分には才能がないなんてい言って動かなければ誰も食いつきません。
しかし、下手でもいいから、とにかく動くことが大切であり、そこから始めれば、少しずつ少しずつ、あなたに食いつく人は増えてくるはずです。

決して自分を過小評価してはいけません。
私たちは誰もが普通の人であり、しかし才能と魅力を内に秘めている人でもあるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました