物事を先延ばしにすると、先延ばしにした時間以上のロスが生まれる。

自己啓発

あなたは今日やると決めたこと、明日中にやると決めたこと、今週中、今月中にやると決めたことをしっかり守り、やり切ることが出来るタイプでしょうか。

今日は疲れたから、明日は急な予定が入ったから、今週は調子が悪かったから、来月でもいいか、など。
このように言って先延ばしにすることはないでしょうか。

先延ばしにすること、それは多くの人が持ち合わせている習慣であり、誰もが戦ったことのある敵だと思います。

そしてこの習慣は、成功を妨げる大きな要因となります。

例えば、今日は疲れたからもういいやと言って翌日に延ばした場合、成功までの道のりを1日だけ延ばしただけだと思うかもしれません。

確かに物理的に言えばそうでしょう。
しかし、この先延ばしの習慣、そして延ばすことは、延ばした以上に大きな時間と機会を失うことになります。

なぜなら、機会損失とよく言われるように、その時にやるべきことをやっていなかったために、チャンスを失うことが多くあるからです。

あなたがあなたの時間を先延ばしにしても、あなたが遅れをとるだけですから、それはそれでいいでしょう。
数時間の遅れでも、数日の遅れでも、数カ月の遅れでも、数年の遅れでも、あなたがそのように決定したのですから、あなたの心はあなたの成功を待ってくれます。

しかしチャンスは待ってはくれないわけです。

チャンスは一瞬のうちに通り過ぎてしまいます。

その時までにやるべきことを終わらせていなかったせいで、その時までにそのレベルに達していなかったせいで、その時までに提供できるほどのサービスや商品になっていなかったせいで、チャンスを掴めずに二の足を踏むことがあります。

成功には運とタイミングが必要だと言われるのはまさにこういうことだと思います。
その運とタイミングを掴める準備を日ごろからできているかどうかということです。

その運も、そのタイミングも、掴むか掴まないかはやはり普段の行動次第であり、やるべきときにやるべきことをやるという態度こそが運とタイミングを掴むコツなのだと私は考えています。

だからこそ、物理的に言えば先延ばしにした分成功が遅れるだけなのかもしれませんが、その間に多くのチャンスとタイミングを失うかもしれないということだけは理解しておかなければならないでしょう。

さらに言えば、私は人間の成長とはある時、急速に加速するものだと思っています。

今までの延長線通りに1から2へ、2から3へ、ではなく、1から2へ、2から4へ、4から10へ、というように、ある時を境に大きく伸びていく、これが人間の成長だと思っています。

つまりは、先延ばしにせずやるべきことをしっかりとやっていくうちに、新しいアイデアや思考が生まれ、大きく伸びるタイミングが来るということです。

その上昇が遅れれば遅れるほど、人生の中での成長のタイミングが遅れると言えます。
これもまた機会損失を生んでいるわけです。

人生という大きな単位で見れば、少しの遅れが大きく影響すると言えます。

30歳の時にその地点に到達していれば良かったものの、その地点に到達していないからあきらめてしまったり、40歳の時に資金が足りなかったために断念せざるを得なくなったり。

この先延ばしの習慣というものは、少しの時間だからまぁいいやという思いから生じる思考なのだと思いますが、チャンスやタイミングを失い、さらには、
遅れることでの妥協を生んでしまう習慣だと言えるでしょう。

1日の遅れは、これらのロスによって何倍もの遅れを生むということを理解しておかなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました